【島活】半年ぶりに与論島へ!コロナ渦の島旅と船旅。本部港からフェリー波之上に乗船~2020年9月与論島旅行記その1~

島活in与論島

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は
島活 in 与論島】9月編
その1をお届けします。

★前回の記事はこちら★

半年ぶりの与論島へ

2020年9月26日。
半年ぶりに与論島へ島活に行ってきました。

時刻は5時20分。
ここから原付で3時間以上走り
本部港へと向かいます。

2020年の8月はコロナの影響で
どこへも行かなかったので、
原付で長時間走るのも
7月のコーヒー農園以来2カ月以上ぶりです。

夜が明けてきました。

与論島に行くときは
いつも天気が悪いのですが
今回は天気がよさそうです。

与論島は7月から8月にかけて
コロナのクラスター感染が発生し
全国的に大きなニュースとなりました。

ただ、その後は収束し、
9月のシルバーウィークには観光客が
戻ってきたとのことで、
私も久しぶりに島へ行くことに決めました。

コロナ渦の島旅

名護市までやってきました。

いつの間に空は一面の雲で覆われています。
結局今回も天気は良くなさそうです。

与論島へ行くにあたって
事前に役場のホームページを確認しましたが
こちらはコロナについて
あまり情報が出ていませんでした。

■与論町役場HP

与論町ホームページ
与論町ホームページへようこそ!

観光協会のホームページでは
順次受け入れを再開」と書かれており
島旅のしおりなども掲載されていました。

■ヨロン島観光協会

ヨロン島へのご旅行に関するお知らせ | ヨロン島観光ガイド
これまでヨロン島への来島自粛にご理解、ご協力を頂きありがとうございました。ご来島予定だった皆様には多大なるご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。また期間中には沢山のご支援や応援のメッセージを頂き、大変励みになりました。本当に...

コロナ渦で離島に行く際は、
こうした情報を調べ
徹底的に対策をする必要があります。

そして今でも、観光客の来島自粛を
呼びかけている島もあるので
十分配慮する必要があります。

■離島経済新聞社より、島の情報

新型コロナの拡大防止に関する「島々からのお願い」まとめ(随時更新|2020年9月3日更新)|ritokei(離島経済新聞)
新型コロナウイルス感染症を防ぐため、有人離島を有する市町村や公共団体から来島者、帰省者、住民に向けて発信されているメッセージをまとめました。感染拡大を防ぐため、…

本部港で船のチケットを買う

本部港の手前、
名護湾には多くの船が停泊していました。

本部港に到着しました。

コロナ警戒の看板が立ち並び、
何だか物々しい雰囲気です。

ここからは、奄美群島だけでなく
伊江島にも行くことが出来ることに加えて
米軍の出入りもあるので

警戒が強められていると考えられます。

検温と消毒を済ませてチケット売り場へ。

事前にネット予約をしていたので、
本部⇔与論の船代は往復3000円程度。

加えて、本部港から乗船すると
地域商品券を手に入れることが出来ます。

この台紙にスタンプを押して
与論島の観光協会へ持っていくと
島内のほとんどの施設で利用できる
2000円分の商品券をもらえるのです。

チケット売り場では、乗船する人向けの
アンケート調査も行われていました。

来島目的は「旅行」ではなく
「友人・知人に会う」に丸を付けました。

この日本部から船に乗る人の中には
バイク旅で沖縄へ来たような人もいました。

船に乗るのも3月の与論島ぶりです

フェリー波之上の船内の様子

【船旅】フェリー波之上~沖縄北部・本部港出港~

船は時間通り本部港を出港しました。

船内は皆さんマスクをしているだけで
コロナ前と様子は特に変わりません。

シャワーもドライヤーも使えるようでした。

スタッフの方も
マスクを着用しているという張り紙。

従業員の顔が見えず不快に感じられる

そんな人もいるんですね。

二等和室は
一区画ごとの利用になっていたので
乗船定員は少なくなっていると思われます。

食堂のテーブルにも仕切りがありました。

.

ということで今回はここまで。
次回もお楽しみに!

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1284人(前日比+0) 
Instagram 2454人(前日比+4)
Youtube 61098回 (前日比+0)

~移住2年目 280日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました