島に行っていいの?コロナ禍の島旅と船旅 本部港からフェリーで上陸|2020年9月与論島旅行記 その1

島活in与論島

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2020年9月「与論島旅行記」その1をお届けします。

★前回の記事はこちら★

半年ぶりの与論島へ

2020年9月26日、半年ぶりに与論島へ向かいます。

時刻は朝5時20分。

例によって、原付で3時間以上走り、本部港から船に乗ります。

★参考:本部港から船に乗る理由(安いから)★

2020年8月、せっかくの夏ですが、コロナの影響でどこにも行くことが出来ませんでした。

原付で長時間走るのも、7月にコーヒー農園へ行った以来2カ月以上ぶりです。

夜が明けてきました。

与論島へ行くときはいつも天気が悪いのですが、今回はどうでしょうか。

名護市までやってきました。

いつの間に空は一面の雲で覆われています。

結局今回も天気は良くなさそうです。

本部港の手前、名護湾には辺野古の米軍基地に土砂を運ぶための船が多く停泊していました。

コロナ禍ですが、抗議活動も行われています。

コロナ渦で島旅をしてもいいのか

本部港に到着しました。

コロナ警戒の看板が立ち並び、物々しい雰囲気です。

ここからは奄美群島の島々だけでなく、伊江島にも行くことが出来ます。さらに、米軍関係者の出入りもあるので、警戒が強められていると考えられます。

検温と消毒を済ませてチケット売り場へ。

事前にネットで予約をしていたので、本部⇔与論の船代は往復3000円程度。

チケット売り場では、これから船に乗る人向けのアンケート調査も行われていました。

今回は知り合いの家に泊まるということもあり、来島目的は「旅行」ではなく「友人・知人に会う」にしました。

もちろん、「旅行」に丸を付けても問題はありません。

与論島での旅がお得になる「地域商品券」も置かれているので、島としては観光客も歓迎という様子が伺えます。

ちなみにこちらは、本部港だけに置かれているもので、台紙にスタンプを押し、与論島観光協会へ持っていくと、島内のほとんどの施設で利用できる2000円分の商品券を頂けるのです。

与論島は2020年7月から8月にかけて、コロナのクラスター感染が発生し、全国的に大きなニュースとなりました。

ただ、その後は収束し、9月のシルバーウィークには観光客が戻ってきたということで、私も久しぶりに訪れることにしました。

与論島へ行くにあたって役場のホームページを確認しましたが、こちらはコロナについての情報が、あまり出ていませんでした。

■与論町役場HP

与論町ホームページ
与論町ホームページへようこそ!

観光協会のホームページでは「順次受け入れを再開」と書かれており、コロナ禍における島旅のしおりなども掲載されていました。

■ヨロン島観光協会

ヨロン島へのご旅行に関するお知らせ | ヨロン島観光ガイド
これまでヨロン島への来島自粛にご理解、ご協力を頂きありがとうございました。ご来島予定だった皆様には多大なるご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。また期間中には沢山のご支援や応援のメッセージを頂き、大変励みになりました。本当に...

離島に行く際は、事前にこうした情報を調べ、徹底的に対策をする必要があります。

そして今でも、観光客の来島自粛を呼びかけている島もあるので、十分配慮する必要があります。

■離島経済新聞社より、島の情報

新型コロナの拡大防止に関する「島々からのお願い」まとめ(随時更新|2021年3月5日更新) - 離島経済新聞
新型コロナウイルス感染症を防ぐため、有人離島を有する市町村や公共団体から来島者、帰省者、住民に向けて発信されているメッセージをまとめました。感染拡大を防ぐため、お住まいの島や渡島予定のある島の情報を、ご一読ください。 な…

フェリー波之上の船内の様子

【船旅】フェリー波之上~沖縄北部・本部港出港~

今回の船はマルエーフェリー・波之上

定刻通り本部港を出港しました。

船内の雰囲気は、皆さんマスクをしているという点以外、コロナ前と特に変わりません。

シャワーもドライヤーも使えるようでした。

スタッフの方もマスクを着用しているという張り紙。

従業員の顔が見えず不快に感じられる」とありますが、きっと文句を言う人もいるのでしょう。

二等和室は1つ席を空けての利用になっていたので、乗船定員は通常よりも少なくなっていると思われます。

また、食堂のテーブルには仕切りが置かれていました。

普段は本部港を出港すると、船内売店を利用することが出来ますが、この日は与論島到着まで営業がありませんでした。

お腹が空いた、でも売店が開いていない!

そんな時はHOT MENUがあります。

長距離航路ではよく置かれていますが、船に乗っていると、これがなかなか美味しそうに見えてきます。

久しぶりに与論島上陸!

久しぶりの船旅。

本部から与論島までは約2時間半かかります。

天気は曇っていますが、海を見ながらのんびり時間を過ごすのは、やっぱりいいものです。

★参考:写真の島について★

陸からは見ることが出来ない、濃紺な海の色です。

マルエーフェリーの船はWi-fiが繋がるので、与論島に着くまでは、パソコン作業をしながら過ごしていました。

【船旅】フェリー波之上~与論島入港~

定刻よりも若干遅れての与論島入港・接岸となりました。

港では、2020年2月に与論島へ移住した、中田さんが待ってくれていました。

★参考:中田さんの与論島生活Vlogルーティン★

朝日を眺める!与論島で過ごすモーニングルーティーンVlog

振り返ると沖縄本島も見えています。

沖縄本島と与論島の距離は20km程度しか離れていませんが、コロナの影響で遠くなっていました。

★参考:辺戸岬からみる与論島★

ということで、半年ぶりに与論島に上陸しました!

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました