【沖縄から北海道へ】早朝便に乗るため成田空港で夜明かし。新千歳空港行きの便は満席でした|2020年旅行記 その5

沖縄から北海道

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は
沖縄から北海道 日帰り旅行記」その5
をお届けします。

★前回の記事★

空港で夜明かしは辛い

沖縄を夜に出発し、成田空港に到着。

翌日は朝7時半に成田を出発する
新千歳空港行きの飛行機に搭乗するため、
空港で夜を明かしました。

でも、まあ、寝れないですよね。

眠くなるまで作業をしようと思い
パソコンを開いていました。

しかし、眠くなってきて目を閉じても
横にはなれないからか、
すぐに目が覚めてしまいます。

椅子も硬いので
深夜バスよりも厳しい環境です。

ただ、空港内はwifiが繋がることに加えて
コンセントも完備されています。

自分の身体は充電できなくても
スマホとパソコンの充電が出来るのは
大変ありがたいです。

人はほとんどいないので
椅子を並べることで横になって寝れて、
気付くと5時半になっていました。

分かってはいましたが
やはり空港泊は辛いものです(笑)

朝6時台のチェックイン

新千歳空港までは
ジェットスターを利用します。

搭乗前々日と直前の予約でしたが
手数料を入れて7900円と、
1万円もかかりませんでした。

まだ5時半ですが、
下地島(宮古島)行のチェックインが
開始されていました。

また、7時台に出発する飛行機が
4便ある一方で、その次の便は10時。

その後の出発も12時、14時と、
運行本数が非常に少ないことが分かります。

座席は窓側でした。

切れてしまっていますが、搭乗ゲートには
7時5分前に行く必要があります。

看板には7時からと
書かれているローソンですが、
6時からオープンしていました。

これは助かりましたね。

新千歳空港に着くまで
朝食を食べることが出来ないところでした。

早朝で人が少ない搭乗ゲート

飛行機がずらりと並んでいます。

夜は雨が降っていたようです。
濡れた地面に朝の太陽が照り付けています。

搭乗ゲートへとやってきましたが、
まだ6時半前とあって、人は全くいません。

テレビではZIPが放送されていました。

沖縄では日本テレビの放送がないので
ZIPを見るだけで、「沖縄県外にいる
ということを実感します(笑)

この飛行機に乗って
新千歳空港へと向かいます。

所要時間は約1時間40分です。

満席の新千歳空港行き

出発の時間が近づくにつれて
人が徐々に増えてきました。

皆さん空港までは
タクシーで来ているのでしょうか。

ようやく時間になったので搭乗します。

長い長い乗り換え時間でした(笑)

飛行機までは歩いて搭乗します。

かなり長い行列になっているので
沢山の人が乗るようです。

この日は平日ですが、機内は
「1席ずつ開ける」というようなこともなく
満席の状態でした。

スーツを着ている人はほとんどいないので
多くの人が旅行目的だと思われます。
北海道の人気に驚かされました。

沖縄では観光客がまだ少ないので
分かりませんでしたが、すでに皆さん
普通に旅行を楽しんでいるんだな
ということを、この時初めて知りました。

.

ということで今回はここまで。
次回もお楽しみに!

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1282人(前日比-5) 
Instagram 2466人(前日比+2)
Youtube 61098回 (前日比+0)

~移住2年目 287日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました