【坊勢島】野良犬が歩く島。離島ならではの景色を楽しむ!自動販売機にだまされる|2018年 旅行記その2

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は2018年の
家島諸島・鵜来島旅行記」その2
をお届けします。

これまでの旅の思い出を振り返ります。

★前回の記事★

立派な造りの恵比酒神社

漁業が盛んな「坊勢島」を歩いて巡ります。

港のそばにある恵美酒神社

建立は833年以前とされていますが
詳しいことは分かっていないそうです。

小さな島でも、
こうした立派な神社があるのは
漁業で儲かっているからなのでしょう。

救急車も小さい。島の日常

子どもたちがお神輿を担いで歩いています。

島のどかな日常です。

少し坂道を登ると海の景色が広がりました。

対岸に近く、ちょうど向こうの島から
船が来るのが見えました。

瀬戸内海らしい光景です。

家が密集しているので道幅が狭いです。

そのため、救急車もミニサイズ。

救急の場合は、この救急車と
救急艇で対岸の病院へと運ばれるそうです。

家島の採石が関西空港を作った

海沿いを歩きます。
山肌が白くなっている島が見えます。

あの島の名前は「男鹿島
男鹿と書いて「たんが」と読みます。

花崗岩の採石業で100年以上の歴史を持ち
関西空港や神戸・六甲アイランド
埋め立てにも家島諸島で
採掘された石が使われたそうです。

防波堤に妙にリアルな “かおなし” の絵が
書かれていました。

夜歩いているときに光が当たって
この絵が出てきたら、とても不気味です。

道路沿いには
大根がずらりと並べられていました。

大根は干すことで水分が抜け腐りにくくなり
保存がきくようになるそうです。

野良犬もイノシシもいる

こちらは坊勢小学校

島に中学校はないので、中学生になると
船に乗って家島本島に通う必要があります。

ちなみに家島本島には高校もあります。

どうやら島の子は本土の高校へ通い、
島の高校には本土の子が通っているそうです。

野良犬が歩いていました。

日本の離島には野良猫は多いですが
野良犬というのはあまり見かけません。

襲ってくる可能性もあるので
気付かれないようにそっと歩きます。

『野良犬にエサを与えないでください』
という看板もありました。

さらには、イノシシもいるようです。

どうやら海を泳いで島に上陸したとか。

自動販売機にだまされる

車に干されたふとん(笑)
普段こういうのはあまり見られません。

離島らしい光景です。

この自動販売機は生きているのでしょうか…

ペットボトルはベコベコになり
CCレモンは黒くなっています。

【島旅】兵庫県坊勢島の自動販売機で飲み物を買おうとしたら…

試しにお金を入れてみました。

案の定飲み物は出てきませんでした。

漁具以外入れないでください
と書かれていますが、
むしろ漁具がほとんど入っていません。

道端には漁具がたくさん落ちています(笑)

これも島あるあるの景色です。

錆びついて朽ち果てたバスも味があります。

高田工業」のバスとして活躍していたのは
いつの時代なのでしょうか…

.

ということで今回はここまで。
次回もお楽しみに!

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1319人(前日比+2) 
Instagram 2483人(前日比+2)
Youtube 69718回 (前日比+587)

~移住2年目 310日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました