沖縄らしいお土産を買うならここ!沖縄でしか採れない農産物もある | おんなの駅に行ってきた 2020年旅行記後編

旅バカ日誌~旅の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は国道58号線沿いにある道の駅
おんなの駅」が面白かったので
ご紹介します!後編です。

★前編はこちら★

泡盛の種類も豊富

国道58号線沿いにある「おんなの駅

沖縄本島にある他の道の駅が
人気の道の駅として選ばれる中
おんなの駅はランクインしていません。

いつも通っているのですが
私も今回はじめて立ち寄りました。

中に入るとクリスマスツリーが。

その下に置かれている商品が
ざまみのシークワーサー
沖縄らしい光景です。

お土産屋さんも充実しています。

こちらは泡盛専門のコーナー。

各地の泡盛が揃っており
種類・数ともに豊富です。

萬座

恩納村で唯一の酒造で作られている泡盛で
その名前は「万座毛」に由来しています。

入口にサンゴの海を再現した水槽があります。

クマノミなどの熱帯魚が泳ぐ中
大きな瓶が置かれていますがこちらも泡盛。

海水で熟成させているそうです。

塩も沖縄らしいお土産も

こちらの商品棚に並ぶ飲み物は
アセローラやシークワーサーなど、
スーパーやコンビニなどでは
見られないラインナップです。

こういうが道の駅の楽しみでもあります。

島らっきょう、ゴーヤ、じゅーしぃーなど、
沖縄らしいお土産が並んでいます。

塩は島旅では欠かせないお土産です。

沖縄でも各地で塩が作られており
空港や国際通りには「塩屋」もありますが
ここにも塩が揃っていました。

沖縄でしか採れない農産物

地元で採れた農産物も充実しています。

こちらは乾燥させたローゼル

生産量などの統計を調べてみたのですが
情報はほとんど出てきません。

恐らく国内生産のほとんどが沖縄県です。

11月と12月に旬を迎え
ハイビスカスティーの原料に使われます。

こうきバナナ。

沖縄で採れるバナナは「島バナナ」と言われ
一般的な輸入バナナよりも小さめです。

栽培している農家さんが少なく、
県外の市場にもあまり出回らず
県内でも高級フルーツとなっています。

こちらはスターフルーツです。

果実を切ると断面が星形になることが
その名の由来となっています。

フルーツパパイヤ

果実が緑のものはサラダとして使われますが
熟して色が変わってくると
その用途もフルーツに変わるのが特徴です。

今季初入荷と書かれているのは「アテモヤ

日本では『森のアイスクリーム
アメリカでは『カスタードアップル
と言われ、なかなか美味しいそうですが
私は食べたことがありません。

いつか食べてみたいフルーツです。

最後に

なぜ、こんなに面白い場所が
人気の道の駅としてランクインしないのか…

それは、おんなの駅は厳密には
道の駅ではないからです(笑)

正式名称は
おんなの駅 なかゆくい市場
といいます。

駐車場なども
24時間開放ではなさそうなので
ご利用の際はご注意を…

.

ということで今回はここまで。
次回もお楽しみに!

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1343人(前日比+8) 
Instagram 2536人(前日比+3)
Youtube 73821回 (前日比+454)

~移住2年目 332日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました