【周防大島を目指す】関門海峡を無料で渡る唯一の手段をご紹介! 福岡県と山口県の県境をまたぐ | 2020年旅行記 第4話

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は
「山口県・周防大島を目指す旅」第4話
をお届けします。

★前回の記事★

関門海峡を無料で渡る手段

福岡空港を出発してから
3時間以上かけてようやく九州を脱出し
山口県に上陸しました。

そして、関門海峡のそばにある
みもすそ川公園に寄り道。

関門海峡は「世界屈指の海の難所」と
言われるほど、潮の流れが速いそうです。

一方で、瀬戸内海への入口ということで
1日500隻以上の船がここを通過します。

前回はその歴史をご紹介しましたが、
今回私がここに立ち寄った目的は
別にありました。

関門人道トンネル

ここに来たかったのです。

今回は車で関門大橋ではなく、
関門トンネルを利用しました。

関門大橋は高速道路の一部である一方、
関門トンネルは国道2号線の一部で
一般道ですが通行料金がかかります。

九州から本州へ、無料で渡る手段は
徒歩しかありません。

関門人道トンネルは、
関門トンネルの下に作られた
歩行者用の通路です。

自転車やバイクも
押して歩くことが出来ますが
20円の通行料がかかります。

県境をまたぐ

エレベーターで地下へと下りていきます。

私はここにくるのが2回目です。
前回は福岡県側から山口県へ歩きました。

今回も前回もそうですが、
このトンネルの本来の目的である
関門海峡を渡る」ために、
ここに来たわけではありません。

地下に到着しました。
海底60mにあたるそうです。

ここから福岡県を目指して歩きます。

トンネルには思いの外、
多くの方がいました。

観光客もいますが、ウォーキングをしている
地元の方も多いです。

若干アップダウンもあって
ここなら雨風の影響も受けません。

ちなみに、私は時間が押していたので
ダッシュをして…

ここまでやってきました!

山口県と福岡県の県境であり
本州と九州の境界線です。
この線を跨ぐのが
みもすそ川公園立ち寄った理由でした。

沖縄から来て、今自分は
本州と九州の境界線に立っている…

その実感が得られたので満足です。

山口県側からは400m、
ここから九州までは380mあります。

時間がなかったので
九州側の出口までは行かず、
またダッシュで山口県側へと戻りました。

瀬戸内沿いを走る

瀬戸内の島々が見えています。

ここから周防大島までは
まだ160km以上あります。

時刻は16時を過ぎました。

高速道路は使わず、国道2号線を走ります。

周防大島まで向かう途中、
周南市にも寄り道する予定です。

関門海峡には続々と船がやってきます。

瀬戸内沿いの工業地帯を走ります。
こちらは鉄鋼の会社です。

陽もだいぶ傾いてきました。
右側にあるのは山陽新幹線の線路です。

周南市に着くのは夜ですが
これは予定通り。

次回は周南市で夜の観光を楽しみます。

.

ということで、今回はここまで。
本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1377人(前日比+12) 
Instagram 2532人(前日比+2)
Youtube 75427回 (前日比+0)

~移住3年目3日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました