【2020年年末年始の旅 7日目】日本最東端・納沙布岬から見る初日の出。花咲線の車窓に広がる大自然!

旅バカ日誌~旅の記録~

2021年1月1日。
今日も私は旅をしています。

沖縄を出発してから7日が経ちました。

★旅の6日目 旅行記★

今日も列車でこの文章を綴っています。

列車は1時間ほど遅れて
私の本日の目的地に着くようです。

全国的に「雪の影響」で
交通機関に影響が生じています。

ここまで順調に旅を進めてきましたが
少し雲行きが怪しいです。

昨日までの旅行記では
現在地を明かしていませんでしたが
私は現在、北海道にいます。

昨日は「朝日に一番近い街」という
キャッチフレーズを持つ根室に宿泊。

目的は一般人が行ける
日本最東端の地・納沙布岬から
初日の出をみることです。

昨日は早く寝て、今朝は4時起き。

宿には私以外にも泊まっていましたが
皆さん同じくらいの時間に起きて
出かける準備をされていました。

根室駅から納沙布岬に向かう
初日の出バスに乗車。
大型バス2台で対応されていました。

ここまでですでに、納沙布岬の初日の出は
私が思っていたよりも人気
ということが分かりましたが…

着いてみてびっくり!
かなりの人が集まっていました。

例年は初日の出に合わせて
色々と催し物も開催されるそうですが
今年はすべて中止。

しかも気温はマイナス9度。
それでもこれだけ人が集まるのは
凄いことです。

人が集まっている場所から離れて
太陽が昇って来るのを待機。

寒さとの戦いです。

宿とバスでいただいたカイロを
使っていましたが、これだけ寒いと
カイロの温かさも感じられなくなります。

そしてご来光です。

水平線からの太陽とはなりませんでしたが
綺麗な初日の出を見れて何よりです。

限定の絵馬もゲットしました。

ちなみに、納沙布岬の初日の出が
日本で一番早いわけではありません。

どうやら一般人が行ける場所では
父島が一番早く、納沙布岬よりも
千葉県の犬吠崎の方が早いそうです。

その後は根室の神社で初詣。

根室名物・さんまにちなんだ
おみくじがありました。

末吉でした(笑)

内容は北海道弁で書かれています。

根室から釧路へ向かう花咲線は
シカはしょっちゅうだけど
ワシとかも衝突する…

そんな話を宿のオーナーさんから
聞いていたので、
運転席から車窓を眺めていました。

本当にいました(笑)

線路上に数十匹がたむろしており、
警笛を鳴らされても逃げず、
列車が近づいて
やっと飛び立つような感じです。

写真には残せませんでしたが
シカもみることが出来ました。

その他の車窓も素晴らしく、
列車に乗りながら、北海道の大自然を
楽しむことが出来ました。

ということで本日はここまで。
明日もお楽しみに!

【SNS本日の結果】
Twitter 1391人(前日比+1) 
Instagram 2541人(前日比+2)
Youtube 77867回 (前日比+358)

~移住3年目12日目 終了~.

コメント

タイトルとURLをコピーしました