船から見る朝焼けと関東平野。海を眺めながら食べる朝食。虹も見えた!| 2020年→2021年 年末年始の旅 その6

2020年→2021年 年末年始の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は【2020年→2021年 年末年始の旅 その6】をお届けします。

★前回の記事★

旅の2日目。フェリーいしかりから見る朝焼け

14日間の旅の2日目。引き続きフェリーいしかりの船内です。朝起きると時刻はすでに7時前。

「すでに」というのは、船旅の楽しみのひとつである【朝焼け】の時間をすでに過ぎているからです。

場所を確認すると九十九里浜の沖を航行しているようです。

寝る前は朝焼けのことをまったく意識しておらず、目覚ましをかけずに寝てしまいました。朝起きてから「あっ」となり、旅の感覚が抜けていることを痛感させられました…

甲板に出ると天気は曇り。遠くの水平線と雲の切れ間から太陽の光が差しています。

相変わらず海はとても穏やか。夜もよく寝ることが出来ました。

関東平野・銚子と虹が見えた

まるで海上に雪山が現れたような、雲が不思議な焼け方をしています。こうした景色を見れるのも船旅の楽しみのひとつです。

よく見ると陸地が見えています。房総半島です。

首都圏にはしばらく上陸していません。今回は洋上から首都圏を眺めていますが、前回は飛行機の上からでした。

★飛行機から見える関東地方★

今回の旅でも、首都圏に立ち寄る予定はありません。

朝焼けの時間が終わるとが出てきました。甲板に出ているのは私だけ。ラッキーでした。

陸地がかなり近くに見えます。ここがおそらく関東平野の最東端・銚子あたりだと思われます。

すでに時刻は8時。甲板に出てからいつの間にか1時間が経っています。気温もそれほど寒くなく、風もないので、じっくりと景色を楽しむことが出来ました。

ちなみに、二等和室の部屋にも窓が付いているので、外の景色を見ることが出来ます。

船内で食べる朝食

続いては朝ごはんです。

レストランのバイキングも誘ってきます。朝も充実のメニュー。ただ、朝ごはんに1,100円はちょっと…

YACHT CLUBという軽食屋さんもあります。ここではお手頃なモーニングセットが誘ってきます。「せっかくだしなぁ」とは思いますが…

結局この日の朝食はこちら。GoToの商品券1,000円分を使って売店で購入したお土産のお菓子たち。カップ麺はこの日の夕食に食べる分です。

宮城名物のずんだを使った饅頭と北海道のミルククッキー。

そして、二等和室の部屋で向かいにいたおっちゃんから「丸ぼうろ」と野菜ジュースもいただきました。

丸ぼうろはカステラをルーツにした、九州独特の和菓子として広まっています。こちらの丸ぼうろは鹿児島のものだそうです。

そして、シチュエーション的にはこんな感じ。海見ながら、パソコンで作業しながら、全国の名産品お菓子をつまみながら。

船内も静かで、最高に穏やかな環境です。船旅はまだまだ続きます。

豪華!太平洋フェリーの船内をご紹介。房総半島が見えた【2020→2021 年末年始の旅 2】

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1420人(前日比-4) 
Instagram 2599人(前日比+2)
Youtube 86838回 (前日比+1047)

~移住3年目45日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました