島旅の1日は朝日を見るところから。朝の静かな父島を歩きながら、ここが東京都の島であることを感じる|2018年 小笠原諸島旅行記 その5

2018年小笠原

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は2018年 小笠原諸島・父島 旅行記 その5」をお届けします。

★前回の記事★

長崎展望台で朝日を見る

5泊6日で行く小笠原諸島・父島の旅。早くも3日目になってしまいました。

この日は朝から日の出を見に出かけました

「動物注意」の看板です。小笠原諸島の島々には、明治時代に持ち込まれたヤギが野生化し、今も見ることができます。歩いていると「メェ~」と聞こえて、周囲を見渡すと崖の上にいたり…

ただ、世界遺産にも登録されている小笠原の植生を脅かす存在として、駆除が進められています。

日の出を見るためにやってきたのは「長崎展望台」です。集落からは歩いて50分ほど。朝からいい運動になります。

せっかくここまで来ましたが、雲が多く、日の出は期待出来そうにありません。淡く空が焼けて終わりました。

この日の天気は曇りのようです。向こうに見えているのは兄島で、その間を流れるのが兄島瀬戸。晴れていると、「ボニンブルー」と言われる小笠原の海の青さが際立つスポットです。

さぁ、また歩いて集落へと戻ります。

父島の時給とねこ待合所

集落にあった掲示板の張り紙。「結構寒くなってきました」ということですが、個人的な感覚としては、島に上陸してから、全く寒さを感じません(笑)

年末年始のカウントダウンイベントと観光協会のバイト求人が出ていました。時給1000円以上というのが、さすが東京都の島です。

こちらは「ねこ待合所」。ヤギだけでなく、野良猫も貴重な鳥などに危害があるとして捕獲が進められています。

ヤギは基本的に銃殺されますが、猫は一旦ここで保護され、その後動物病院から新しい飼い主のもとへ行くことになります。

【今日のねこまち】には、動物病院への搬送を待っている猫が3匹いるようです。

ちょいちょい東京都を感じる

集落に戻ってきました。朝の静かな港を歩くのもいいものです。

この船によって、東京都心から1000kmも離れた島まで来ていることを思うと、何だか感慨深いものがあります。

クジラのモニュメントとおがさわら丸。小笠原には冬の時期、繁殖と子育てのためにザトウクジラがやってきます。

この日はノープランですが、翌日に「ホエールウォッチング」の1日ツアーに申し込んでいました。

返還50周年の看板が立っているのも、この時にしかない景色です。そして、この看板にも「東京都」と書かれており、島を走る車のナンバーも品川ナンバー。

ただ、集落に並ぶのは熱帯のヤシの木たち。

散歩を終え宿に戻り、集落に沿いにある大村海岸で海を見ながら朝ごはん。心が穏やかな気持ちになります(笑)

この日は原付を借りて、島を巡ることにしました。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1422人(前日比+2) 
Instagram 2601人(前日比+2)
Youtube 86838回 (前日比+0)

~移住3年目46日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました