グリーンフラッシュは見れるのか!?コペペ砲台から水平線に沈む夕日を眺める|2018年 小笠原諸島旅行記 その7

2018年小笠原

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は「2018年 小笠原諸島・父島 旅行記 その7」をお届けします。

★前回の記事★

絶景スポット「中山峠」へ

父島滞在2日目は原付を借りて、午前中はシュノーケル、午後は島を1周しました。

夕方にやってきたのは中山峠。父島随一の絶景スポットで、私が父島で好きな場所のひとつです。

しかし、すでに陽が傾きつつあり、暗くなってしまっています。

ちなみにこちらがベストコンディションの中山峠。日中の時間に訪れると、このような景色を見ることが出来ます。

ということで、そろそろ夕焼けの時間です。この日はいい天気。絶景の夕日が期待できそうです。

コペペ砲台で夕日を眺める

夕焼けをみるためにやってきたのは「コペペ砲台」。知る人ぞ知るスポットです。

海に向けられた大砲は戦時中のもの。夕日に照らされてエモくなっています。

場所を確保したら、あとは太陽が沈むのを待つのみ。果たして水平線に沈む太陽を見ることが出来るでしょうか。

父島で夕陽を見るときの楽しみが「グリーンフラッシュ」。太陽が水平線に沈む直前、太陽の縁でみられる緑色の光のことです。

空気が澄んでいることに加え、観測には様々な気候の条件などがあり、見られることは非常に稀は現象です。

ハワイなどでは「見た人に幸せが訪れる」と言われるグリーンフラッシュですが、ネットでは、父島は日本一?世界一?グリーンフラッシュが見やすい場所と紹介されています。

以前、父島に長く滞在していた時も、夕陽を眺める機会は多かったのですが、私はまだ一度もグリーンフラッシュを見たことがありませんでした。

そもそも、水平線に沈む太陽を見ることが出来るのも貴重なことです。

水平線には雲があることが多く、海に沈む夕陽を見ようとすると、多くの場合、途中で太陽が雲の中へと入ってしまいます。

グリーンフラッシュは見れるのか

水平線には雲が無いようです。太陽が水平線に接しました。

この角度まで来ると、太陽の丸を肉眼で確認することが出来ます。

ここから太陽はあっという間に沈んでしまいます。果たしてグリーンフラッシュを見ることは出来るのか…

しかし、グリーンフラッシュがどのような光なのか、事前に動画などで調べることはしていなかったので、あまりイメージが湧きません。しかもここで夕陽を見ているのは私一人だけ。

数秒間じわじわ光るのか、それとも一瞬の光なのか…

そろそろ緑色に光るのか

あ、沈みました

結局この日、グリーンフラッシュは見られませんでしたが、美しい夕焼けを楽しむことが出来てよかったです。

ちなみにこの時、太陽が水平線に接してから沈むまでの時間は3分ほど。

この場所にいたのも30分くらい。夕焼けの時間はあっという間です。

こうして父島滞在2日目が終了しました。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1416人(前日比+0) 
Instagram 2611人(前日比-1)
Youtube 91732回 (前日比+0)

~移住3年目52日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました