出荷されない【幻のコーヒー】を育てる農園のお手伝いをする|「沖縄コーヒー農園にカフェを作ろう」2021年1月編 前編

沖縄コーヒー

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は沖縄コーヒー農園にカフェを作ろう2021年1月編の前編をお届けします。

★前回の記事★

鹿児島まで続く国道58号線を北上

今回のスタートは朝5時。まだ周囲が暗い中で出発です。

信号待ちでふと道端を見ると「那覇市↔鹿児島市 850km」という看板が。

今まではなかったはず。どうやら昨年12月に設置されたようです。

沖縄本島を南北に縦断する国道58号線は、海上区間を入れると日本一の長さ。もっとアピールしていいと個人的ずっと思っていた案件です。

途中で休憩を挟みながら約4時間後、やんばるの海沿いまでやってきました。

普段はあまり波が立っていない場所ですが、この日は時化ています。

風は強いですが、12月から1月上旬のような寒さはありません。桜も咲いて、少しずつ沖縄では春が感じられます。

コーヒー農園に到着しました。この日はお昼を挟んで、お昼過ぎまでの作業です。

シークワーサーをいただく

おじぃこと安里さんとは「あけましておめでとう」の挨拶から。今年も月1かそれ以上のペースで、何かしらの形で沖縄コーヒーに関わらせていただきます。

シークワーサーの話をしたら、とても驚かれていました。

そして、この時にシークワーサーをもらっていただいた皆様からいただいたお金は、今後の遊びのために使おうという話になりました。

そして「まだ余ってるから」とシークワーサーをいただきました (笑) 

よく見ると、地面にも多くのシークワーサーが落ちていることが分かります。

大きな進展として、おじぃが【ユンボ】を購入していました!

これを使って今後、さらに栽培を拡大させていくそうです。私もお手伝いでユンボに乗ることがあるかもしれません(笑)

コーヒー農園の作業をお手伝い

ということで、作業に入ります。

まずは、肥料を耕す作業。これは魚粉や麹などが入ったおじぃお手製の肥料です。鼻を刺すものすごい臭いがします。

写真だと分かりにくいですが、土から湯気が出ています。土(微生物)から出る熱を逃がすため、定期的に耕す必要があるそうです。

この肥料をコーヒーの木の根元に撒きます。

コーヒー栽培のピークは通常12月ですが、今年は雨と寒さの影響で、収穫が遅れているとのこと。まだ多くのコーヒーの実が木に付いています。

これから熟してくる果実もあります。このように、豆の色づき加減は様々なので、収穫は完全な手作業になります。

幻の沖縄コーヒー

1時間ほど作業してコーヒーブレイク。このコーヒーはもちろん、おじぃ(安里さん)のところで採れたコーヒーです。

ただ、このコーヒーは昨年採れたものになります。

おじぃのコーヒーは出荷されていません。農園に来た人にいつでも出せるように、採れた豆は冷凍でストックされています。

この場所に来ないと飲むことができない、ある意味「幻のコーヒー」なのです。

沖縄コーヒー体験
沖縄コーヒー体験の内容・お申込み 沖縄産コーヒーを飲んでみよう♪ 体験内容 ①コーヒー園をお客様と一緒に歩き説…

今のところは「来た人しか飲めない」ということで、私のお手伝いは来た人に対する場の整備が中心です。そんなわけで、休憩のあとはまた作業再開です。後編に続きます。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1419人(前日比+2) 
Instagram 2608人(前日比-2)
Youtube 93286回 (前日比+0)

~移住3年目54日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました