沖縄・国際通りのそばに天然温泉がある!? 知る人ぞ知る「りっかりっか湯」へ。サウナも3種類ある | 2021年旅行記 その8

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

先日、沖縄で唯一残された昔ながらの銭湯「中乃湯」に行ってきたときの様子を綴りました。

★中乃湯に行ってきた★

今回は那覇市にある天然温泉「りっかりっか湯」に行ってきたので、ご紹介したいと思います。

国際通りのそばに天然温泉があります

りっかりっか湯は、私が旅行者として沖縄に来ているときから気になっていました。知る人ぞ知るスポットです。那覇周辺で夜明かしをしたとき、汗を流せる場所はここしかないと思われます。

★参考:那覇周辺で夜明かし★

りっかりっか湯は国際通りのすぐそばにあります。スーパー銭湯かと思っていたのですが、なんと天然温泉です。

中乃湯に行ったときは万座毛からの帰りでしたが、今回はコーヒー農園で野宿をした帰りに立ち寄りました。

★コーヒー農園で野宿★

ゆんたく、あしび温泉 りっかりっか湯

ゆんたく、あしび温泉 りっかりっか湯

という文字が壁に大きく書かれているので、迷う心配はそれほどありませんが、車の場合は駐車場(3時間無料)が分かりにくいかもしれません。

南の島を象徴するようなヤシの木と太陽、そして温泉に浸かるクジラ。他ではあまり見られないコラボです(笑)

りっかりっか湯は那覇セントラルホテルに併設されていますが、ホテル宿泊者以外にも利用が可能です。

旅行者として沖縄に来ているときから気になっていたものの、なかなか行こうと思わなかった理由は料金です。

平日は1050円・土日は1300円と、スーパー銭湯的な場所にしてはなかなか高めです。ただ沖縄には他にスーパー銭湯や温泉も少ないので、この値段でもお客さんは来るのでしょう。

さらに年中無休で、朝6時から夜11時まで営業しているので便利です。

13種類のお風呂とサウナを楽しむことが出来る

男湯と女湯は毎日入れ替わるそうです。この日は男湯が「紫雲泉」、女湯が「桃源泉」となっていました。

そしてこの先は写真を撮れないので、パンフレットの写真を使いながらご紹介します。

こちらは温泉の写真です。露天のような雰囲気ですが、市街地ということもあり、外の景色は見ることが出来ません。壁に囲まれていて窓も付いています。

お湯はぬるめで、においなどもありません。神経痛や筋肉痛、関節痛など、様々な効能があるようです。

サウナは「スチームサウナ」「ドライサウナ」「ソルティサウナ」の3種類があります。ドライサウナが一般的なサウナで、テレビも備え付けられています。

ここで沖縄らしい番組やCMを見たりすると、沖縄にいることが感じられるかもしれません。

1時間ほど滞在しましたが、温泉よりもサウナにいる時間が多かったです(笑)

温泉とサウナの他にもジェットバスなどがいくつかあり、全部で13種類のお風呂とサウナを楽しむことが出来ます。もちろんシャワーもあり、シャンプー・ボディソープも備え付けです。

お風呂上りは「宮平牛乳」

そしてお風呂上りは牛乳です。ここは沖縄らしく「宮平牛乳」。大正8年創業に北大東島で創業した、歴史ある沖縄の牛乳です。

★北大東島ってどんな場所?★

月曜日の夜でしたが混雑しており、3つあるサウナが、どれも人がいっぱいで入れないという状況もありました。

コロナの影響で、国際通り周辺には観光客が少ないです。りっかりっか湯は沖縄に住んでいる方にも人気のスポットでした。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1431人(前日比-2) 
Instagram 2619人(前日比+3)
Youtube 109398回 (前日比+1055)

~移住3年目69日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました