原付の旅の途中で島旅!お手軽に行ける島。読み方はいえじま?いえしま?|2019年 伊江島旅行記 前編

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2019年 伊江島の旅 前編」の旅行記を綴ります。

★前回の記事★

原付旅の途中で伊江島へ

私が伊江島に行ったのは2019年7月。原付で沖縄本島を1周していた時のことでした。

原付が壊れ、何とかたどり着いた本部港。壊れた原付を船に載せて那覇に帰るにあたって、那覇行きのフェリーまで時間がかなりありました。

船舶運航時刻・運賃表 | 伊江村公式ホームページ

本部港からは夏の時期。伊江島までのフェリーが1日5往復運航しています。島までの所要時間は30分、料金も往復1390円(2021年4月)となかなかお手軽に行ける島です。

ということで、「暇だったから」という理由で、11時発のフェリーに乗ってしまったのです。

★沖縄本島1周 原付の旅★

読み方はいえしま?いえじま?

本部港を出港すると、船は本部半島と瀬底島を結ぶ「瀬底大橋」の下を通過します。そして、橋の向こう側に見えている三角の山が、伊江島のタッチューという山です。

伊江島の位置関係としてはこんな感じ。

晴れていると、国道58号線の読谷村付近からもタッチューを見ることが出来ます。

ちなみに兵庫県に「家島」という島があり、こちらは「いえしま」と呼ばれることが多いです。一方、伊江島は「いえじま」という場合が多く、役場のホームページのURLも「iejima」となっています。

★家島旅行記★

船だけが「いえしま」になっていますが、【しまorじま】の使い分けに、明確な線引きはないようです。

こちらの平べったい島は「クロワッサン・アイランド」こと水納島です。船は揺れることもなく、青海原を進みます。

★水納島旅行記★

伊江島上陸!滞在時間は1時間半

島が近づいてくると、多くの建物があることが分かります。

伊江島には約4000人が暮らしており、この数は本島・宮古島(伊良部島含む)・石垣島・久米島に次いで、沖縄の島の中で5番目に多い数です。

海も浅くなり、その透明度の高さがよく分かるようになります。

修学旅行生も多く訪れる島で、日本で最初に教育民泊(修学旅行の宿泊先が一般家庭)が行われた場所とも言われています。

伊江島に上陸しました。島の1周は約20km。1日あれば歩いて1周することも出来て、レンタカーや原付、レンタサイクルもあります。

しかし今回、私の滞在時間はなんと1時間半しかありません (笑) 港周辺を歩いて終わりになります。

港に島の地図がありました。小さな島ですが滑走路が4本もあります。そのうちひとつが伊江島補助飛行場。旧日本軍の伊江島飛行場に由来する場所です。

こちらは船内にあった看板。船の建造費も補助飛行場の旧地主に対する補償として、国や県から補助金が出ているという案内でした。

沖縄では各地でこうした例を見ることがあります。

ということで、さっそく島(の港周辺)を歩いて巡ります。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1475人(前日比+3) 
Instagram 2705人(前日比+4)
Youtube 137994回 (前日比+1181)

~移住3年目97日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました