日本で一番訪れるのが難しいサウナ?船の出港までレンタカーで島を巡る|2015年 夏 八丈島・青ヶ島旅行記 その7

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「2015年 夏 八丈島・青ヶ島旅行記 その7」をお届けします。

★前回の記事★

レンタカーを借りて島を巡り

1泊2日で行く青ヶ島の旅。

素泊まりでしたが、前日の夜に続き、ごはん・煮つけ・卵という、がっつりの朝食を出していただきました。

八丈島へ戻る船が出るのは13時前。午前中は丸々時間が空いています。

前日に、青ヶ島で行くべきポイントは巡ってしまっていますが、なかなか上陸できない島なので、出発ギリギリまで島を満喫したいところです。

ということで、レンタカーを借りて島を巡ることにしました。

まずは港へやってきて海の状況を確認。幸いこの日も海は穏やか。島から出れなくなる心配はなさそうです。

橋の下には船が置かれています。クレーンも見えていますが、青ヶ島には船を係留しておく港がないので、船がクレーンで陸揚げされています。

せっかくなので船が宙を舞う様子も見たかったですが、この時は見れませんでした。

日本一の難易度?青ヶ島のサウナ

前日歩いた道を、今度は車で走って、港から集落を目指します。

前日よりも「ひんぎゃ」は控えめ。自然の力を感じる光景です。

青ヶ島には、このひんぎゃの地熱を生かした「サウナ」があります。ここもやはり自然の熱なので、日によって温度が変わりますが、だいたい60度前後になるそうです。

300円で入ることが出来ますが、午後からしか開いていないので、サウナに入ることは出来ませんでした。ただここが、日本で一番訪れるのが難しいサウナかもしれません。

そして再び大凸部へ。天気はいいのですが、島の形状のためか、どうしても内側が影のようになってしまいます。

青ヶ島を綺麗に見たい場合は、ヘリで訪れるのがおすすめかもしれません。

ハイビスカスと海のある景色。伊豆諸島最南端ということで、南の島を感じさせる写真ですが、青ヶ島は宮崎県と同じくらいの緯度です。

東台所神社とヘリポート

山の斜面の一部に、木々がなく、自然の色ではない緑に覆われている部分がありました。

こちらは山に降った雨水を、斜面の下の取水所に流すための施設。青ヶ島の生活用水は、ろ過された雨水が使われています。

外輪山の森の中に、自然と同化した鳥居を見つけました。

東台所神社。いつの時代か分かりませんが、島にいた浅の助という人物が、失恋の腹いせに島民7人を殺傷、その後本人は入水自殺したという事件があったそうです。

ここはその浅の助氏の霊を鎮めるために建立されましたが、今は縁結びの神様として信仰を集めています。

島の生活を支えるヘリポート。島に行くとよくヘリポートがありますが、島にヘリポートって何だかいいですよね。

ここから見る夜空も絶景なのだそう。今回は月が出ていて星が見えなかったので、いつか青ヶ島の星も見てみたいなと思います。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1498人(前日比+0) 
Instagram 2736人(前日比-1)
Youtube 178957回 (前日比+0)

~移住3年目142日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました