北海道最終日!廃止が決まった日高本線の旅へ。札幌から鵡川まで | 2020年→2021年 年末年始の旅 その40

2020年→2021年 年末年始の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は【2020年→2021年 年末年始の旅 その40】をお届けします。

★前回の記事★

北海道最終日、札幌から苫小牧へ。

年末年始の旅も沖縄を出発してから9日目。

この日は、早朝の静まり返った札幌からスタート。北海道滞在の最終日です。

6時8分の列車に乗って、札幌から苫小牧へ。

1時間20分で苫小牧に到着。

苫小牧からスタートした北海道の旅。1週間かけて道北から道東をぐるっと巡り、苫小牧に戻ってきました。

夏の北海道もいいですが、私は冬の北海道をおすすめしたいです。寒さはありますが、晴れた日の、雪の白と青空のコントラストは、他では見ることの出来ない美しさです。

幸い悪天候の影響を受けることもなく、冬の北海道を満喫することが出来ました。最終日もいい天気になりそうです。

苫小牧駅での待ち時間が辛い件

7時52分発の様似行きに乗車。最終日は日高本線で北海道の南の淵を移動します。

駅のお手洗いに行くと、洗面所に貯まった水が凍結していました。蛇口を押しても水は出てきません。北海道の寒さを感じさせる光景です。

苫小牧駅には暖房が効いた待合室がないので、水道の水も凍る寒さの中で、列車を待つことになります。

出発時刻の直前になって列車がやってきました。

初日は列車が来るまで駅前のミスタードーナツに避難していましたが、この時間では避難する場所もなかったので、「やっと来てくれた…」という感じです。

駅の電光掲示板には「様似行」と表示されており、私も終点の様似を目指すのですが、この列車が行くのは途中の鵡川駅まで。その先は列車代行バスを乗り継いでいきます。

鵡川までは約30分ですが、終点の様似に到着するのは12時半前。様似からはまた来た道を折り返すので、1日まるっと日高本線の旅になります。

そして夜は、フェリーに乗って北海道から脱出します。

日高本線の廃止が決まる

鵡川駅に到着しました。

この先日高本線は海沿いを走りますが、2015年以降、高波や豪雨、台風の被害などが相次いだことから、列車の運行は行われていません。

利用者減少により、2014年度も11億円赤字。修復工事をしたところで…というところでしょう。

2015年からは代行バスで運行されていた鵡川~様似間ですが、2020年10月末、JR北海道から廃止届けが提出されました。

日高本線という名前は残りますが、苫小牧駅で「様似行」という表示はもう見ることができなくなります。

廃止届け出された時点では2021年11月の廃止ということでしたが、結局その日は繰り上げられ、2021年3月に廃止となりました。

代行バスは列車からの乗り換えが済み次第出発。乗客は私を含め3人ですが、皆さん旅の人で地元の人は乗っていません。

まずはこのバスで途中の静内駅まで向かいます。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1496人(前日比-2) 
Instagram 2739人(前日比+3)
Youtube 178957回 (前日比+574)

~移住3年目143日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました