栽培からコーヒーを淹れるまで一貫して行うことを目指す安里コーヒー|沖縄コーヒー農園 2021年夏編

沖縄コーヒー

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「安里おじぃのコーヒー農園」2021年夏編 をお届けします。

★前回のコーヒー農園★

コーヒー農園に通い丸2年

7月下旬、沖縄本島北部、やんばるの森が世界自然遺産に登録され、大宜味村の入口にも横断幕が掲示されていました。

安里おじぃのコーヒー農園には、2019年7月から通っているので、ちょうど2年になります。

f:id:beautifuldreaman:20190804220315j:plain

ちなみに2年前はこんな感じ。

コンテナが置かれているだけでした。今では安里コーヒーを訪れる方も増え、沖縄コーヒー自体も有名になりつつあります

手作りのカフェは進化が続いています。

今回は新しく木枠が設置されていました。

窓を取り付ける作業のお手伝いをしました。

今後、窓の周りは壁にして、窓からコーヒーの木々たちを眺めるようにするそうです。

★参考:安里おじいとの出会い★

コーヒーの生育状況

収穫期を終え、夏はオフシーズン。

作業は草刈りや葉っぱの剪定が中心です。

今までは色々と課題を抱えていた安里おじぃも、最近は「全て順調!」という話をしています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_8381-1024x768.jpg です

こちらはコーヒーの木の根元に入れる、安里おじい秘伝の土です。

鼻を刺す臭い、そして土からは湯気も出ています。

この土を移動させるお手伝いもさせていただきました。

こちらが果実。

コーヒーの実に朝露が付いています。

農園は山の上にあるので、海沿いよりも涼しいです。一方で、太陽が昇る日中は暑くなります。

この寒暖差が、コーヒーの生育に必要な条件のひとつとされています。

夏の1か月ほどで、果実は実を膨らませ、11月頃、黄色に熟してきたタイミングで収穫が出来るようになります。

あとは大きな台風で、被害が出ないことを願うばかりです。

昼食はゴーヤチャンプルーとカレー

安里コーヒー農園には、コーヒー以外の作物もあります。

こちらはシークワーサー

沖縄のシークワーサーは8月下旬から9月にかけて収穫されます。年に3回の収穫期があり、昨年の12月には大収穫も行いました。

★コーヒー農園でシークワーサーを大収穫した話★

こちらはライチの木

前からコーヒー農園に自生していた木ですが、最近ライチであることが分かりました。

果実は木の上の方に付くそうで、安里おじぃがこの木に登り収穫してくれていました。

写真の茶色っぽい丸い玉が果実。この皮を剥くと、透明で瑞々しい果肉が出てきます。

これが甘くて、なかなか美味しかったです。

5月に新しく作られた花壇のゴーヤーが大きく実っていました。

ゴーヤーは生育のスピードが速く、「緑のカーテン」作りにはぴったりな植物なのです。

このゴーヤーを収穫して、食べてみようという流れに。

安里おじぃ手作りの昼食です。

収穫したゴーヤーは縦半分にカットして、中の種を取り除きます

続いて、ゴーヤを輪切りにしてフライパンで炒めます。

この日の昼食はカレーゴーヤーチャンプルー

夏の真昼間の屋外ですが、風が気持ちよく、暑さはそれほど気になりません。

フェアトレード 生産から焙煎までを一貫して行う

昼食の後は、まったりコーヒーゆんたくタイム。

コーヒーの焙煎機も新しくなっています。

コーヒー豆にはそれぞれ個性がありますが、豆の焙煎度合いによっても味は変わるので、コーヒーを淹れる上で重要な工程です。

コーヒーのいい香りが漂います。

焦げ目が薄い「浅煎り」は酸味が強く、「深煎り」は苦みが強くなります。

これまでは【生育方法】に力を入れていた安里さんですが、最近は収穫した後、【美味しいコーヒーの淹れ方】までを研究中されているそうです。

生育からコーヒーを淹れるまでを極めて、一貫してひとりの農家さんで行うというのは、世界的にあまり例がないかもしれません。

コーヒーは生産者から消費者に届くまでに、中間業者が多く、しばしばフェアトレードの問題が議論されています。

コーヒーの飲み比べ「カッピング」をしました。

私はコーヒーの味にこだわりはなく、詳しくもありません。

そんなド素人でも、味の違いははっきりと分かりました。どれが美味しい、美味しくないではなく、それぞれに個性があります。

利用するグラスに、泡盛「瑞泉」と書かれているのが、沖縄らしくて素敵です。

安里コーヒーは、まだ出荷出来るだけの生産量がないため、このカフェに来た人だけ楽しむことが出来ます。

もし多くのお客さんが来ても、いつでも美味しいコーヒーを出せるようにと、規模の拡大も行っています。

コーヒーの森を作る

規模拡大のための取り組みとして、安里おじいはコーヒーの森を手作りしています。

木々が道に切り倒されています。

これらの木々を片付けていきます。

私はチェーンソーで大きな木を細かくして片付けていきます。

まさかチェーンソーを使いこなせる日が来るとは、思ってもいませんでした…笑

作業開始から約3時間後、ユンボがスムーズに通ることが出来るようになりました。

それにしても凄い色の土です。

実際はこの写真よりも赤く見えます

粘土質の土なので、雨で地面がぬかるみ、そこにはまってしまうと、ユンボのキャタピラが外れてしまうこともあるそうです。

コーヒーの苗を植え付ける

こちらは、規模拡大と安定的な生産のため、生育のスピードを実験中の苗たち。

この苗をコーヒーの森へ運びます。

まずは測量をして、コーヒーの苗を植える場所に目印を付けていきます。

苗を軽トラからリアカーに移して、コーヒーの苗を植える場所へ。

安里おじいが地面に穴を掘り、そこに私がコーヒーの苗を植え付けていきます。

最初にコーヒー農園を訪れたときは、自分のコーヒーの木を植え付けるということに感動したものですが、今となっては作業のひとつになっています(笑)

山にはこうして、まだ小さなコーヒーの木々たちが植えられています。

こちらの木は、中央に小さな2つの葉っぱが付いています。

この葉が5cm程度まで大きくなるのが、無事苗が地面に根付いたサインとなるそうです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_8005-1024x768.jpg です

果たして、これからコーヒーの山、そして安里コーヒーはどのように進化していくのでしょうか。

今後の展開にも期待しながら、これからも通い続けたいと思います。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました