竹芝桟橋で東海汽船「来港記念」の御船印をゲットする!船に乗らなくてもOK|2021年 御船印旅行記 その23

御船印の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「御船印をゲットする旅 2021年6月」その23をお届けします。

★前回の記事★

銀座から竹芝へ歩く

銀座から竹芝桟橋に向かって歩いています。だいたい3kmぐらいです。

梅雨の東京。雨が降らなくてよかったです。じめじめと混雑した電車ほど嫌な場所はありません。

東京タワーが見えてきました。竹芝桟橋に行くのは2020年の年明けぶりです。

★参考:前回の竹芝桟橋★

浜松町駅。このような駅の看板は、前まで無かったような気がします。

浜松町・竹芝周辺は陸・海・空(羽田空港)の拠点として、以前から大規模な再開発工事が行われており、以前とは雰囲気が変わっていました。

浜松町・竹芝の再開発エリアで島気分

浜松町駅から首都高速を跨ぎ、ゆりかもめの竹芝駅まで続く歩行者デッキが新しく出来ていました。

これまでの下道は信号があり、歩道もそれほど広くないですが…

竹芝桟橋が近づくにつれて、「島」を感じられるようになります。神社でいう『参道』に近い感覚です。

歩道にこんなにモリモリとソテツが生えている場所は、日本中を探してもあまりないような気がします。

モヤイ像」も歩道にいます。モアイ像ではなく、新島の「モヤイ」です。

竹芝桟橋から行くことが出来る、伊豆諸島・小笠原諸島の島々で見られる景色の一部が切り取られて、歩道沿いに置かれています。

歩道には各島のパネルが埋め込まれています。

御蔵島は伊豆諸島の中で唯一行ったことがない島。「水と緑」もそうですが、野生のイルカと泳ぐことが出来る場所として人気です。

小笠原諸島はクジラ。行きたい… 

ということで、銀座から歩いて約1時間、竹芝桟橋に到着しました。

東海汽船『来港記念』の御船印をゲット!

今回の旅の目的は「東京ぶらり」ではなく「御船印をゲット」すること。

竹芝桟橋には橘丸が停泊していました。新しくなったさるびあ丸を生で見てみたかったのですが、定期点検(ドック)中のため、ここにはいませんでした。

そのため、普段は八丈島方面に向かう橘丸が、代わりに伊豆大島~神津島方面に運航するようです。

行先 なし」と書かれていますが、22時出航ということは、そういうことでしょう。

待合所の様子も変わりました。イスと看板が新しくなっています。

個人的に切望していた「Free Wi-Fi」も繋がるようになっていました。

まだこの日の船の出航までかなり時間があるので、人はほとんどいません。そして、繰り返しになりますが、今回私の目的は「御船印」

船に乗って島に行くことではありません。

竹芝桟橋では、船に乗らなくても、『東海汽船の御船印』を手に入れることが出来るのです。

ただ御船印は「実際に乗った船のもの」を手に入れて、船での思い出とともに大切にしたいです。今回は【来港記念】と書かれた、東海汽船の御船印を手に入れることが出来ました!

これで4つめの御船印となりました。

★前回の御船印★

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【SNS本日の結果】
Twitter(目標2000人)1519人→前日比-1
Instagram (目標3000人)2972人→前日比+0
Youtube(目標100万回) 264884回→前日比+813

~移住3年目261日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました