那覇市に到着!沖縄本島全26市町村も制覇 | 原付沖縄本島1周2021 旅行記 最終回

原付の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「原付沖縄本島1周2021」旅行記 最終回をお届けします。

★前回の記事★

原付が壊れた?

沖縄本島は本州、北海道、九州、四国に次いで大きな島です。この大きな島を、私は2回、原付で1周したことがあります

といっても、1回目は途中で原付が壊れてしまい、本部港から船で那覇へ戻りました。

★参考:原付が壊れた話★

今回は、2回目の原付沖縄本島1周の様子ですが、常に頭の片隅には「原付が壊れるんじゃないか」という懸念がありました。

そしてついにその時が来ました。

沖縄本島ほぼ最南端・喜屋武岬を出発し、沖縄本島東海岸を北上。最北端・辺戸岬を通過し、本部半島を経由しつつ、国道58号線を南下。

読谷村に入り、ラストスパートともいえるタイミングで、突如動かなくなったのです。

しかし、焦っても仕方がありません。とりあえず、歩ける場所まで歩くことに。

30分ほど歩いて、試しにもう一度エンジンをかけてみたところ、普通にかかってくれました。

ということで、再び原付を走らせて嘉手納町に入りました。

那覇まで22km。この旅もあと1時間ほど走れば終わります。このまま原付が壊れなければ…

国道58号線の沖縄本島の起点がある「奥」から102km

その起点から地道に走ってきたことを思うと、感慨深いものがあります。

★参考:奥にある国道58号線の起点★

そして、嘉手納町から北谷町へと入ります。

北谷・宜野湾・浦添・那覇

都会の雰囲気となりました。交通量、建物ともに増えてきます。

宜野湾市に入りました。時刻は17時半です。

続いて浦添市へ。

そしてこちらが那覇の景色です。一見すると大都会ですが、那覇市の人口は35万人ほど。

この景色と実際の人口に、かなりのギャップが感じられます。

沖縄本島全市町村制覇

朝夕の那覇の名物「渋滞」です。那覇市の渋滞は全国最悪とも言われています。

そんな時、目の前に止まっていたタクシーが、完全に東海汽船・橘丸でした(笑)

★参考:東海汽船・橘丸★

【東海汽船】橘丸が八丈島・底土港に魂の入港 ~2018年10月14日 ~

無事那覇市に着くことが出来て、『沖縄本島1周』というミッションはクリアしたといっても同然ですが、私はこの時、あることに気が付きました。

ぐるっと沖縄本島を1周したことで、沖縄本島にある26市町村のほとんどに上陸しましたが、「南風原町」と「豊見城市」だけ上陸出来ていなかったのです。

沖縄本島1周の旅』から『沖縄本島全市町村制覇の旅』へ。

まずは南風原町をクリア。

那覇市~南風原町~八重瀬町を通る国道507号線は、日本で最も数字が大きな国道です。

言い換えると、日本の国道は507号線まであるのです。

そして最後、豊見城市に到着しました。時刻は19時前。

図らずも、原付で沖縄本島全市町村も制覇することが出来てしまいました。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter(目標2000人)1509人→前日比+1
Instagram (目標3000人)3023人→前日比+2
Youtube(目標100万回) 271893回→前日比+1044

~移住3年目282日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました