阪九フェリーに乗船!関西空港から泉大津の港まで移動する|2021年 旅行記その1

御船印の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「御船印をゲットする旅 2021年9月」その1をお届けします。

★前回の記事★

那覇空港からPeachで関空へ

どの船に乗るのか、早めに示す

9月のとある休日、快晴の沖縄からスタートです。

この日は那覇の西約40kmに浮かぶ、慶良間諸島の島影がよく見えていました。

宗谷岬からサハリンが見えるのと、同じくらいの距離間です。

那覇空港にやってきました。

今回も旅の目的は「御船印」です。

★御船印プロジェクト公式ホームページ★

マスター制度 認定者リスト
神社仏閣でもらえる御朱印の船バージョン「御船印(ごせんいん)」のプロジェクト公式サイト。参加各社の印の発行情報や称号制度の詳細をお届けします。

沖縄本島には、周辺の島に行く色々な船がありますが、御船印をゲットすることが出来るのは、2022年6月現在、「マリックスライン」「マルエフェリー」の2社のみ。

沖縄県外に出なければ、20社の御船印を手に入れることは困難なのです。

★参考:マリックス・マルエーの御船印★

那覇空港の雰囲気は、コロナ前とそれほど変わらないような気がします。

団体は皆無ですが、個人旅行者は戻ってきているのではないでしょうか。

今回乗船するのは、阪九フェリーです。

Peachに乗って、まずは関西空港へ向かいます。

セールの料金でゲットしたので、料金は片道4500円です。

同じ沖縄県内の石垣島に行く場合でも、Peachを利用して、関空や成田を経由したほうが安い場合もあります。

飛行機に乗っているお客さんは少なめ。

私も窓側の席で、隣には誰も座りませんでした。

LCCといえば「座席間の狭さ」が特徴ですが、空いているときは座席を倒すことが出来るので問題な……

いや、実はこの機体、リクライニングがありません

それでは離陸です。

関西空港までは約2時間のフライトになります。

那覇空港離陸後、天気が良かったので沖縄本島がよく見えました

天気が良かったため、離陸してからしばらく、上空から沖縄本島の全景を見ることが出来ました。

最北端「辺戸岬」が見えるまで、離陸から約10分。

ちょうど、原付で辺戸岬まで行ったばかりだったので、その速さがしみじみと感じられます。

★参考:原付で辺戸岬へ★

関西空港到着!南海電車で泉大津へ

飛行機は奄美群島を北上し九州上空を通過。

本州へと向かっていきます。

那覇空港を離陸してから約2時間

雲の切れ間から本州が見えました。

Peach 関西空港着陸

そして無事、関西空港に着陸

飛行機を降りるとき、機内の温度を維持するため、シェード?を閉めるのにご協力くださいという案内があり、皆さん自分の席以外の場所も閉めていました

こういうのは、日本人ならではでしょうか。

ほっこりする瞬間でした。

関西空港に来るのは4か月ぶり。

前回も船に乗るためだけに、沖縄から大阪に来ましたが、今回も同じです。

空港から港へ直行します

★参考:フェリーさんふらわあ乗船記★

空港はまだ閑散としています。

こちらの無料バスで第1ターミナルに移動し、そこからは南海電車に乗って港の最寄り駅へ。

前回のさんふらわあは、住之江までの乗車でしたが、今回は泉大津まで向かいます。

関西空港の橋を渡ります。

そして、沖縄では見られない、ある意味本州を代表するような景色の中へ。

泉大津駅から堺泉北港まで歩く

泉大津駅に到着し、ここで電車を降ります。

港までのバスも出ていますが、16時半の1本だけ。

まだ15時前で、船の出港までも時間があるので、歩いて移動します。

港までは3.2km

船内で食べるための夕食も持っていなかったので、港まで行く途中でゲットする予定です。

駅前のスクランブル交差点

これもまた、沖縄ではほとんど見られないものです。

フェリーのりば」の案内がありました。

歩道橋にも分かりやすく案内がありました。

この道を歩いていきますが、「あれ、コンビニがない…」ということに気付きました。

コンビニならいくらでもあるだろうと思っていましたが、周辺には工場が並んでおり、家やお店はありません

この辺の景色は沖縄を思わせるような景色です。

このままいくと海があるので、山や高い建物がありません。

結局夕食をゲットすることが出来ず…

堺泉北港に停泊する、「ひびき」と書かれた大きな船が見えてしまいました。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました