阪九フェリー・ひびき 御船印ゲット!プチ贅沢な船内をご紹介|2021年 旅行記その3

御船印の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「御船印をゲットする旅 2021年9月」その3をお届けします。

★前回の記事★

ビジネスホテルより豪華な船内

阪九フェリー「ひびき」に乗船し、大阪から新門司まで、約12時間半の船旅が始まりました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9113-1024x768.jpg です

こちらは船内の通路にあるソファと絵画。

この部分だけ切り取って見ると、船ではなくホテルのようです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9121-1024x768.jpg です

しかも、船といってもクルーズ船ではなく、毎日大阪と北九州を往復し、大型トラックなどの運送を助ける定期船です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9135-1024x768.jpg です

むしろ、ホテルといっても、1泊5000円くらいのビジネスホテルには置かれていないはず。

船内はプチ贅沢な雰囲気です。

瀬戸内海を航行するので、船が揺れることも、滅多にないでしょう。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9120-1024x768.jpg です

船内はエレベーターで移動することが出来ます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9130-1024x768.jpg です

定期船名物「ゲームコーナー」もあります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9134-1024x768.jpg です

カラオケルームもありますが、コロナ対策で利用することが出来なくなっていました。

阪九フェリー「ひびき」船内を歩く様子(ノーカット)

こちらは船内を歩く動画

ノーカットなので、船内の雰囲気がより伝わるかと思います。

船内売店で御船印をゲット

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9140-1024x768.jpg です

続いては、ソファの向こう側にある売店を物色します。

売店の店先には、手作りパンが並んでいました。

20時までに予約をしておくと、翌朝、新門司港到着前に、出来立てのパンをご用意していただけるサービスを行っているようです。

関西圏のお土産も、ずらりと並んでいます。

一方、こちらは福岡のお土産たち。

こうして発着地のお土産が一緒に並んでいるのは、船内売店ならではのことです。

冷凍コーナーには、ハーゲンダッツと冷凍の明太子

この両者が並ぶ光景も珍しいと思われます。

お酒の品ぞろえも豊富です。

九州限定」というPOPが貼られた棚には、沖縄シークワーサーのチューハイもありました。

さらに、阪九フェリーのオリジナルワインもありました。

こちらは、まるっと阪九フェリーのオリジナルグッズ

こういった商品は他の船でも見られますが、どれくらい売れるのか気になるところです。

将棋が売られているのは初めて見ました。

確かに、いい時間つぶしにはなりそうです。

船が揺れなければ、そしてもちろん、相手がいれば…

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9156-1024x768.jpg です

そして、売店にて、今回の乗船目的である「御船印(300円)」をゲット。

これで6つめの御船印となりました。

★参考:5つめの御船印★

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9107-1024x768.jpg です

ネットでは御船印の転売が散見され、船に乗らなくても、御船印を集めることが出来る状態となっていますが、私はその場所まで足を運んで、自分の手で御船印をゲットしたいなと思います。

★参考:御船印マスターになりました★

船内で夕食を探す

昼食を食べず、夕食も持たずに乗船したので、船内で夕食を探します

こちらのスペースが船内レストランです。

こちらがメニュー

飲み物をはじめ、色々と揃っています。

おすすめとして入口に出ていたメニューたち。

少しお値段が高めに感じたので、船内レストランでの夕食は諦めます

アイスとカップラーメンの自動販売機もあります。

こちらはビールの自動販売機

オリオンビールも並んでいます!

オリオンビールは沖縄を代表するビールですが、「海」が似合うビールでもあります。

船旅では海を見ながらビールを飲むことが出来るので、ここに置かれているのでしょう。

ということで、お酒ゲット!

海を見ながら、のんびりとした時間を過ごします。

船内の売店で買ったピザポテトがおつまみです。

船は揺れていませんが、実はこの時、風が非常に強く、ビールの缶も飛ばされてしまいそうな勢いで、甲板でのんびり出来るような状況ではなかったのです(笑)

売店で売っていたチキンを、この日の夕食としました。

300円くらいという値段の割に、なかなか美味しかったような気がします。

明石海峡大橋を通過 風呂に入る

大阪から新門司に向かう阪九フェリーは、途中、3つの橋の下を通過します。

これは6月に乗船した「さんふらわあ」も同じです。

★参考:さんふらわあ明石海峡大橋の下を通過★

最初の橋、明石海峡大橋が見えてきました。

夜間のライトアップが美しいと紹介される、世界最長の吊り橋です。

阪九フェリーひびき、明石海峡大橋を通過

ひびきは汽笛などを鳴らすこともなく、あっさりと橋の下を通過。

「おぉ、通過したわ…」という感じで、特別な感動などはありません

相変わらず風が強かったので、船内へ戻りました。

次は瀬戸大橋の下を通過しますが、それまでは少し時間が空きます。

甲板で猛烈な海風を受け、髪はバサバサ、身体もベタベタ

こちらが大浴場で、露天風呂もあります

利用料金はかからず、シャンプーやボディソープも完備されており、タオルは売店で買うことも出来ます。

夜は22時、朝も4時半から入港時(6時)まで利用することが出来ます。

コロナ対策で、混雑具合を表す信号も付いていました。

お風呂に入りたいところですが、瀬戸大橋の通過を見届けるとなると、また甲板に出て、潮風を浴びることとなるため、しばし我慢。

しかし、いつの間にかデッキが閉鎖となっていました。

これで潔く、瀬戸大橋を諦めて、お風呂に入ることが出来ました。

22時過ぎ、瀬戸大橋を通過

次は来島海峡大橋の下を通過しますが、翌日の新門司到着も朝6時と早いので、この日はここで寝ました。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました