阪九フェリー「ひびき」ちょっと豪華な船内の様子をご紹介!|2021年 御船印旅行記 その33

御船印の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「御船印をゲットする旅 2021年9月」その33をお届けします。今回は新しい船に乗ります。

★前回の記事★

二等和室の様子

阪九フェリー「ひびき」に乗船。大阪から新門司まで、約12時間半の船旅です。

こちらが私部屋。混雑していれば、仕切りごとに人がいるはずですが、この日この二等和室の部屋は私だけでした。

船の枕は、病院の診察に使われるようなものが一般的ですが、ひびきはいい感じの枕でした。

仕切りごとにコンセントも付いています

二等和室は自由席。出港1時間前から乗船出来るので、部屋の隅を取りたい場合などは、早めに乗船するのがおすすめです。

私も早めに乗船したので、出港まで船内を散策します。

ちょっと豪華な雰囲気の船内を散策

こちらのテレビは航海中も地上波が流れていました。

船に付いているテレビはBSが一般的ですが、阪九フェリーはほとんど瀬戸内海を航行するので、電波を受信することが出来るのでしょう。

こちらは廊下にあるソファと絵画。この部分だけ切り取って見ると、船ではなくホテルのようです。

しかも船といってもクルーズ船ではなく、こちらは毎日大阪と北九州を往復し、大型トラックなどの運送を助ける定期船です。

むしろホテルといっても、1泊5000円くらいのビジネスホテルに壺は置かれていないはず。

私が利用する二等和室は最も低い等級で、他にも様々な部屋があります。

デラックス和室という部屋もあります。

12時間半の船旅というと長く聞こえますが、こうした部屋に泊まると、短く感じられるかもしれませんね。

★参考:フェリーひびき 公式HP★

大浴場・その他船内施設 | 船舶・船室紹介 | 阪九フェリー
北九州(新門司)と大阪(泉大津)・神戸(六甲アイランド)を結ぶ阪九フェリーの公式サイト。フェリー運航の時刻表・料金・予約手続き・乗り場案内など。クルーズ船並みに進化したフェリーの船旅で、上質な旅をお楽しみください。

無料Wi-fiはありますが、1回30分、1日4回までという制限があります。

ただテレビが繋がるのと同じで、スマホの電波も入り、ポケットWi-fiなども繋がると思われます。

船内Wi-fiを使ってYoutubeを見ることも出来ましたが、たまに繋がりにくくなることもありました。

船に乗っている間は「デジタルデトックス」して、非常の時に船内Wi-Fiを使うのがおすすめです。

公衆電話も用意されています。

大浴場とゲームコーナー、カラオケも

プチ贅沢なポイントは他にもあります。

船内はエレベーターで移動することが出来ます。瀬戸内海は、船が揺れることも少ないでしょう。

こちらは大浴場露天風呂もあります

もちろん無料で、シャンプーやボディソープも完備されており、タオルは売店で買うことも出来ます。

夜は22時、朝も4時半から入港時(6時)まで利用することが出来ます。

コロナ対策で、混雑具合を表す信号も付いていました。

定期船名物「ゲームコーナー」もあります。

カラオケルームもありますが、コロナ対策で利用することが出来なくなっていました。

阪九フェリー「ひびき」船内を歩く様子(ノーカット)

こちらは船内を歩く動画。ノーカットなので、船内の雰囲気がより伝わるかと思います。

ということで、間もなく船が出港します。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter(目標2000人)1513人→前日比-2
Instagram (目標3000人)3052人→前日比+1
Youtube(目標100万回) 279897回→前日比+863

~移住3年目292日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました