学校終わりに青春18きっぷで冬の白川郷へ。雪の壁で屋根しか見えない|2012年 旅行記

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2012年3月「白川郷旅行記」前編をお届けします。

★前回の懐かしの旅★

学校終わりに直江津へ

今回の旅は高校2年生も終わりを迎えた頃の旅の様子です。

金曜日の学校終わり、急いで帰って服を着替えて友人と合流。青春きっぷを使って土日で旅をします

出発は埼玉・川越から。時刻は15時半。

大宮で高崎線に乗り換えて18時、高崎に到着。

この日は新潟・直江津まで向かいます。

すっかり暗くなった水上駅で乗り換え。

暗くなってしまい、トンネルを抜ける前後で車窓の変化は分かりませんでしたが、気付けば新潟県の宮内駅です。

ここでこの日最後の乗り換え。

23時半頃、直江津に到着しました。日本海側ということで雪は少なめ。

歩いてこの日の宿へ向かいます。

24時間営業のガスト

こちらがこの日の宿です。むしろ、このガストがあったから、この日のゴールが直江津となりました。

高校2年生の終わりということで、大学入試に向けた受験勉強が本格化しており、今回は旅というよりも「合宿」の様相を呈しています。

★参考:マクドナルドもお世話になりました★

雪が降り積もった白川郷へ

翌朝。こちらは直江津駅のホーム。一緒に旅をする友人の写真です。

移動の車内も勉強、ガストでも夜通し勉強、この日も大半が勉強しながらの移動ですが、1か所だけ観光もします。

北陸本線に揺られ富山までやってきました。列車を乗り換えます。

ガストで徹夜をした後で流石に疲れていたのか、写真も残っていません。きっと勉強せず、寝ていたはずです。

金沢に到着。ここからはバスで移動します。

やってきたのは白川郷です!

時刻はお昼過ぎ。夕方まで雪が降り積もる白川郷を散策します

おすすめは雪解けの春

当時、私が白川郷を訪れるのは2回目でした。

高校1年生の時、友人たちと初めて「保護者なし」で泊りがけの旅をした、その行き先が白川郷でした。

夏の白川郷が素晴らしかったので、冬の様子も見たくなって来てしまいまったのです(笑)

しかし、積雪が多いので、冬の白川郷を歩いて巡るのは、そう簡単なことではありませんでした。

集落から展望台へ行く道も通行止め。

除雪はされていますが、雪が高い壁になっているので、合掌造りの集落の様子を見渡すことは困難です。

ちなみにこれが夏の写真。

それが、冬はこんな感じ。

これはこれでいい雰囲気ですが、合掌造りの屋根しか見えません(笑)

しかも、この日は雪ではなく雨が降っていました。

傘をさして歩くので、より視界が狭くなります。

冬の夜はライトアップも行われていますが、日中は色がない世界が広がっています。

こちらは雪が解けた時期の白川郷

遠くの山には雪が残っていますが、集落の水田には水が張られ、想像通りの日本の田舎の景色が広がっていました。

集落を歩いて巡るには、夏は暑いので、雪が解けた春が白川郷のベストシーズンかなと思います。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter(目標2000人)1509人→前日比+0
Instagram (目標3000人)3108人→前日比-2
Youtube(目標100万回) 295677回→前日比+432

~移住3年目316日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました