笹川流れで夕陽を見て、道の駅あつみで1泊 日本海を北上|2014年北海道&東日本パス旅行記 その1

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回から2014年「北海道&東日本パスの旅」が始まります。

■ 北海道&東日本パスの詳細は こちら

★参考:2016年 北海道&東日本パス旅行記★

埼玉から札幌を目指す旅

友人らとの旅になるので、集合は大宮駅「まめの木」。

1985年に設置された、埼玉県民にとって定番の待ち合わせスポットですが、正式名称が「行きかう・線」であることは、ほとんど知られていません。

午前10時、大宮駅から高崎線に乗車し、群馬県・高崎駅までやってきました。

ここから新潟県に入り日本海側を北上していきます。

上越線で新潟県に到着しました。

利用しているのは「青春18きっぷ」ではなく「北海道&東日本パス」。JR東日本・北海道管内を旅するときは、青春18きっぷよりもお得な切符です。

この日の移動は山形県までですが、今回の旅の最終到着地は「札幌」。

そこまで列車を乗り継ぎながら、途中で観光をして…という感じです。

この日の午前中は駅標の写真しか残っていません(笑)

ひたすら移動をしていたという証でもあります。

新津に到着したのは14時半過ぎです。

日本海が見えた

日本海側の街「村上」までやって来ました。

ここから列車は日本海沿いを走ります。

その列車もレトロ感が溢れています。

こうした古い列車に揺られ、のどかな景色を眺めていると、時代をタイムスリップしたような気分になります。

その感覚が、田舎を旅する楽しみのひとつです。

さっそく車窓に日本海が広がりました。

時刻はもう夕方。

太陽はだいぶ傾いて、海の色は「青」というよりも「紺」になっています。

水平線の向こうに島が見えました。

友人と「あれが佐渡島か」というような会話をしていたら、地元の方から「あれは粟島だよ」と教えていただきました。

新潟の島といえば「佐渡島」のイメージがあまりにも強いですが、粟島もあるということをこの時知りました。

ちなみに2022年5月時点で、私は粟島に行ったことがあって、有名な佐渡島には行ったことがないという状態になっています(笑)

★参考:粟島旅行記★

笹川流れで夕陽を見る

途中の「桑川」という駅で、この日初めて改札の外へ出ました。

駅に併設されている「道の駅笹川流れ」の窓に、夕陽が写っています。

ここで列車を降りた理由は、日本海に沈む夕陽を見るためです。

駅の目の前に海が広がっています。

空がオレンジ色に染まってきました。

まだ日没までには少し時間がありそうです。

ここは「笹川流れ」という、日本海の荒波の浸食により出来た奇岩や洞窟が11kmにわたって続く景勝地。

その景観は天然記念物にも指定されています

私にとって3年ぶりの笹川流れ。

以前は日中にさらっと列車で通過しただけでした。

★参考:2011年 笹川流れ★

今回は夕陽が沈むまで、ここで時間を過ごします。

雲があるので水平線に沈む太陽を見るのは難しそうです。

1日移動だったので、ここでこの日初めての遊びです。

夕陽を見ながら海に入りました。

青春を感じさせるエモい写真です。

海の向こうに太陽が沈みました。

空がいい感じに焼けて幻想的です。

ということで、この日の宿に向かうため、再び列車に乗り山形県に入ります。

道の駅あつみで仮眠 秋田へ

初日の宿?はこちら「道の駅あつみ」でした。

24時間利用可能なシャワーと仮眠スペースがあるので、そちらを利用しました。

こちらでのキャンプや宿泊はNGとされています。

「仮眠」と「宿泊」の境界も難しいところですが、持参したご飯を食べて、シャワーを浴びて寝て、早朝に出発。

寝袋などの快眠グッズも持っていなかったので、仮眠と言えるでしょう。

夜は雨が降っていたようですが、出発するときには止んでいました。

前日の夜も小岩川駅から歩きました。

始発電車に乗るため、同じ道を歩いて駅へ向かいます。

この日はここから日本海沿いをなぞるように進み、青森駅まで向かいます。

8時前、酒田を通過し、そろそろ秋田県に入ります。

9時45分、秋田駅に到着しました。

車窓の写真が全く残っていないので、ここまでは恐らく、ずっと寝ていたのだと思います。

ここからまっすぐ向かえば、普通列車でも青森駅に到着するのが夜になることはありませんが、少し遠回りして、五能線に乗車します

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました