那覇空港で1日過ごしてみる予定が、急きょ粟国島へ行くことに|2021年 旅行記 その73

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「沖縄移住者、休日の過ごし方をご紹介 第2弾」その1をご紹介します。

★第1弾はこちら★

那覇空港で1日過ごしてみる

この日は1日の休日。沖縄に住んでいるからには、沖縄ならではの休日の過ごし方があります。

この日は5時に起床し、那覇空港にやってきました。まだ空は薄暗いです。

日本最南端の鉄道路線「ゆいレール」、那覇空港駅の始発列車は6時。

すでに始発電車は出てしまっています。

那覇空港は6時から24時まで開館しています。

休日を那覇空港で過ごすというのはよくありますが、今回は開館から閉館まで、空港で過ごしてみます

ちなみに旅行者の時代に、閉館まで空港のベンチで寝て、開館の時間まで近くのマックで過ごす、ということはやったことがあります。

★参考:那覇空港近くのマックで過ごす夜★

朝の那覇空港で作業開始

お店のシャッターは閉まっていて、歩いている人もまばらです。

那覇空港の始発便は6時35分のスカイマーク神戸行き。

しかしこの日は欠航だったので、第1便は7時5分の福岡行きでした。

こちらはジンベイザメのラッピングがされたJTAの機体。

石垣島行きの便だと思われます。

ということで、飛行機が見える場所で作業開始。

朝食は空港のファミリーマートで購入しました。

雲ひとつない夜明け前の空。いい天気になりそうな1日です。

沖合に大きなコンテナ船が停泊していました。

船の情報を見ることが出来るアプリをチェックすると、ブリズベンから来ている船のようです。

急きょ粟国島に行くことに

時刻は9時前になりました。

那覇空港で1日作業をして過ごすつもりでしたが、とまりんに来てしまいました(笑)

慶良間諸島へ向かう高速船が欠航になっていますが、これは「台風」の影響です。

この日の沖縄本島周辺の波の様子。

島の東側は非常に波が高くなっている一方で、西側は島が防波堤となって、少しましなようです。

沖合にコンテナ船が停泊していたのも、恐らくこれが理由でしょう。

本島の西側は波が穏やかといっても、多少なりは台風の影響があるはず。

今回はそうした海の状況でも出港となっている「フェリーあぐに」に乗船します。

料金は往復6590円と安くはありません。

また、これで粟国島初上陸となりますが、滞在時間は2時間しかありません。新しい島へ旅するのも、コロナ前に行った対馬以来、1年半ぶりとなります。

★参考:2020年 対馬旅行記★

朝のとまりんには、島へ向かう人に向けたお弁当などがたくさん並んでいます。

写真のように、サーターアンダギーが盛られているのも、沖縄ならではの光景です。

おにぎりかまぼこ。ローカル感があります。

那覇空港で1日過ごす予定から、急きょ島旅に行くことが出来てしまうのは、まさに沖縄ならではの休日の過ごし方です。

そんなわけで次回は、粟国島旅行記となります。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

~移住3年目341日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました