Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

南国日記~沖縄移住の記録~

南国日記~沖縄移住の記録~

人生初!イルカの街でイルカを食べる。その味はいかに 後編 | 2021年 旅行記 その56

前編では名護市とイルカ漁の文化をご紹介しました。現在はイルカの自由捕獲は行われていませんが、今でも名護市には、イルカを食べることが出来るお店があります。それがこちら「名護曲(なぐまがい)」さんです。琉球王府時代の資料にも、イルカを指すものと思われる「大魚」の記載があり、イルカが食されていたのは確実とされています。
南国日記~沖縄移住の記録~

イルカの街・名護?沖縄にイルカはいるか。その歴史を調べてみた 前編|2021年 旅行記 その55

実は名護では、明治以降から1988年まで大規模なイルカの追い込み漁が行われており、それが「イルカの街」の所以となっています。イルカの肉は神に授けられた恵みであり、集落全員に平等に配られました。つまり、名護でのイルカ漁は、盛大な集落行事だったのです。イルカの街で野生のイルカを見ることは難しいことが分かりました。
南国日記~沖縄移住の記録~

感動!沖縄でウミガメの産卵を観察する。観察のルールを徹底解説 | 2021年 旅行記その53

足跡の先には産卵中のアカウミガメがいました。ウミガメは動く光にとても敏感なため、砂浜を照らして歩いている人がいると、ウミガメは上陸することが出来ず、また上陸しても産卵せずに海へ帰ってしまいます。ウミガメを保全する上で最も重要なことのひとつは、産卵に適した砂浜を維持することです。
南国日記~沖縄移住の記録~

ウミガメが沖縄に上陸する条件とは。私とウミガメの思い出 | 2021年 旅行記その52

2021年5月下旬のある日。私は仕事終わりに、沖縄のとあるビーチを訪れました。奄美や沖縄ではサンゴ礁の影響で、大潮の満潮の時間に上陸する可能性が高いですが、他の地域では、潮汐よりも時間帯によって決まるとされています。その時間帯とは【夜】です。果たして、ウミガメの産卵を見届けることは出来るでしょうか。
南国日記~沖縄移住の記録~

今が旬!沖縄でマンゴー狩りを体験。農薬を使っていないマンゴーをプレゼント|2021年 沖縄旅行記 その51

今回は最盛期を迎えた沖縄の【マンゴーハウス】を見学させていただいたときの様子をご紹介します。こちらのハウスがあるのは本島北部。まさにマンゴー収穫の最盛期を迎えています。特別にマンゴーの収穫作業も体験させていただきました。この記事を最後まで見ていただいた方限定で、ネッタちゃんさんのマンゴーをプレゼントさせていただきます!
南国日記~沖縄移住の記録~

出発から8時間!おんなの駅でギブアップ。バス停を目指して歩く | 2021年 旅行記その50

午前8時。恩納村にある「おんなの駅」に到着しました。那覇を出発してちょうど8時間。33km歩いたということは、1時間で4kmペース。おんなの駅から本部港までは45km、所要時間は9時間。つまり17時到着ということで、ついに船の出港には間に合わない見込みとなってしまいました。さぁ、ということで、バス停に到着しました。
南国日記~沖縄移住の記録~

恩納村に到達!山の景色からやっと海が見えた | 2021年 旅行記その49

本部港までは残り48km、所要時間は9時間50分。まだ休憩なしで歩けば、船の出港に間に合います。何とか1時間5kmのペースを維持していますが、疲労に加え、ここからはアップダウンが多くなります。そして恩納村の隣の隣の町は、もう本部町というところまで来ました。ということで、時刻は8時前。道の駅おんなに到着しました!
南国日記~沖縄移住の記録~

読谷村に到達!始発バスに追い抜かれて心が折れる | 2021年 旅行記その48

那覇から歩いて5時間半。夜が明けました。今回の旅の目的を忘れてはいません。本部港からの船に乗って「御船印」をゲットすることです。心が折れそうになる標識。本部港の手前、名護市まで残り42km。ここまで歩いた以上の距離が残っています。始発のバスが来てしまいました。
南国日記~沖縄移住の記録~

眠い!睡魔と闘いながら歩き、朝を迎える。足も痛くなってきた | 2021年 旅行記その47

那覇から歩き始めて4時間が経過。北谷町を歩いています。ここまで順調に歩いてきましたが、休憩を終えてから、体調に変化がありました。これは足の疲労もありますが、それよりも【睡魔】の影響です。ベンチでなくても、「もうその辺の地べたでもいいから横になりたい」と思うほど、強烈なものでした。
南国日記~沖縄移住の記録~

3時間歩いて初めての休憩。1時間5kmペースで本部へ | 2021年 旅行記その46

那覇からノンストップで歩いて2時間。場所は浦添市付近、時刻は午前2時を過ぎました。2時半。人も車もほとんどいません。静かな夜の沖縄を歩きます。北谷町に入りました。名護まで残り50km、時刻は3時を過ぎました。残り61km。無意識ですが、ペースは若干上がっています。残り12時間33分。変わらず16時前に到着の予定です。
南国日記~沖縄移住の記録~

国道58号線の景色から「沖縄ならでは」を解説してみた | 2021年 旅行記その45

那覇から16時間歩いて本部を目指す旅。出発から1時間が経過しました。求む軍用地。歩いているとこんな看板もあちこちで見られます。強そうなライオン像がずらりと並ぶお店もありました。ただ、こうした像がシーサーのルーツでもあります。こういったお店による時間はありません。グーグルマップが示す所要時間に休憩は含まれていないのです。
南国日記~沖縄移住の記録~

目指すのは本部港!夜の国道58号線・那覇を歩く | 2021年 旅行記その44

2021年5月下旬のある日、時刻は0時前。私は那覇・旭橋駅に付近にある、国道58号線の終点を示す地点にやって来ました。結論から言うと、ここから本部まで歩いてみようという計画です。ということで、歩き始めました。こちらは那覇の中心地・久茂地交差点。平日ですが、さすがに0時過ぎなので、人も車もほとんどいません。
南国日記~沖縄移住の記録~

沖縄アセローラの収穫と選別作業をお手伝いしてきた | 2021年 旅行記その43

5月の晴れた休日。アセローラ畑の収穫作業をお手伝いしてきました。沖縄でも農家さんの数は少ないので、こうした作業に関わらせてもらえるのは、貴重な体験です。こちらはアセローラ農園の玉城さん。ひとつひとつ手作業で摘み取っていきます。今後もこのブログでは、沖縄アセローラを発信していきます。
南国日記~沖縄移住の記録~

沖縄ならではの生産物が並ぶ羽地の駅 パイナップルにも色々ある 後編 | 2021年 旅行記その42

様々な種類のパイナップルが販売されていました。沖縄本島では5月中旬から8月頃まで収穫が行われています。パイナップル以外にも、地元で獲れた作物たちが並びます。沖縄そばをはじめ、定番の沖縄土産も並んでいますが、その中に見覚えのある商品を見つけました。それがこちら。コーヒー果実茶。パッケージには安里おじぃが描かれています。
南国日記~沖縄移住の記録~

【秋に延期】ハルサー交流祭開催!~小規模農家さん自慢の沖縄食材が集まる~ お子様でも楽しめます!

今回は2021年7月4日に開催される「ハルサー交流祭」をご紹介します。今回の交流祭は、そうした農家さんに直接会って、直接生産物を買うことが出来たり、話を聞くことが出来たりする貴重な機会です!交流祭の会場は読谷村のGala青い海。10時~17時の開催ですが、売れ切れ次第終了なので、ぜひお早めにお越しください。
タイトルとURLをコピーしました