Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

伊平屋島

伊平屋島旅行記

過酷だった島旅。港で船の出発を待つ。さらば伊平屋島 | 2019 伊平屋島旅行記 最終回

自転車で山を駆け降りたら、写真のような、のどかな景色の中をのんびり進みます。島の北側を巡っている間も、誰一人ともすれ違うことはありませんでした。滞在時間およそ24時間。想像していたよりも過酷な旅になりました(笑)その原因は「暑さ」「雨」、そして「野宿」。過酷な伊平屋島の旅でしたが、「伊平屋ブルー」は美しく感動しました。
伊平屋島旅行記

伊平屋島最北端・久葉山に到着!海の向こうに与論島 | 2019 伊平屋島旅行記 その11

20分ほど上り坂を歩き続け、久葉山の頂上にある灯台までやってきました。パンフレットによると、ここからは与論島が見えるというのですが… 水平線の向こうに平べったい島影が見えます。与論島です。つまり、この海を挟んだ向こう側は鹿児島県になります。右側にある島影が与論島だとすると、左側に見えているのは沖永良部島でしょうか。
伊平屋島旅行記

島のシンボル・念頭平松に到着!クマヤキャンプも発見 | 2019 伊平屋島旅行記 その10

伊平屋島の北部に広がるサトウキビ畑と田んぼの中を、自転車でのんびりと走り、到着したのは「念頭平松」です。2016年には国の天然記念物にも指定され、伊平屋島のパンフレットの表紙にもなっています。念頭平松の周囲は柵で囲まれており、木に触れたりすることは出来ませんが、その周囲をぐるっと1周することは出来ます。
伊平屋島旅行記

自転車で念頭平松へ。日本の田舎を感じる水田とさとうきびの景色 | 2019 伊平屋島旅行記 その9

伊平屋島の北部には「念頭平松」という、島のシンボルともいえる大きな松の木があります。港から念頭平松までの距離は約5km。レンタサイクルを借りているので、30分もあれば行ける距離です。そういえば自転車に乗るのも久しぶりのことです。
伊平屋島旅行記

県道179号線を歩く。島脱出失敗!諦めてレンタサイクルを借りる | 2019 伊平屋島旅行記 その8

朝一の船で伊平屋島を脱出するため、 朝から県道179号線をひたすら歩いています。 しかし、朝一番の船は行ってしまいました。もう少しのところでした。ここまでは伊平屋島の南部しか見ていないので、あとの4時間は本来行く予定だった、島の北部で時間をつぶすことにしました。
伊平屋島旅行記

コミュニティバスが来ない… 野甫大橋から港まで歩く。帰りの船に間に合うのか | 2019 伊平屋島旅行記 その7

伊平屋島2日目のスタートです。テントをから出ると空は綺麗な朝焼け。テントを撤収し、すぐそばにあるバス停で、港方面に戻るバスを待ちます。…が、時間を過ぎてもバスが来ません。パンフレットに載っている番号に電話をしても、朝早いためか繋がらず…結局20分待っても来ないので、港まで歩くことにしました。
伊平屋島旅行記

ここをキャンプ地とする!突然の夕立で東屋に避難。そのまま野宿 | 2019 伊平屋島旅行記 その6

海の向こうに見えている沖縄本島では、雨が降っているのが写真から分かります。伊平屋島にも雨が降ってきました。ひとまず野甫大橋近くの東屋に避難します。ここに東屋があってラッキーでした。夕立。非常に強い雨です。この日はここをキャンプ地とすることにしました。私が持っているのはテントだけで、寝袋や枕もありません。充電が出来ないので、スマホやパソコンはもう使えません。明かりもありません。
伊平屋島旅行記

野甫島から見る伊平屋ブルー!野甫漁港は日本で一番美しい漁港だと思う| 2019 伊平屋島旅行記 その5

野甫大橋からの景色を楽しんで、やっと橋を渡って野甫島へ上陸します。野甫島に上陸して、振り返ると野甫大橋。そして伊平屋ブルー。実に美しい景色です。写真右手に伊平屋ブルーに向かって桟橋が伸びています。ここが野甫漁港です。桟橋に上がりました。身長175cmの私でも、最後は何とかよじ登ったような感じです。
伊平屋島旅行記

伊平屋島ならではの生き物を見ながら、島の最南端に到達!野甫大橋から見る伊平屋ブルー|2019 伊平屋島旅行記 その4

伊平屋島の南にある「野甫大橋」を目指して歩き続けます。 港から歩いて1時間半。 伊平屋島の最南端までやってきました。車は何台か通過したものの、外に出ている人を1人も見かけませんでした(笑)お待たせしました。野甫大橋から見る、最高のコンディションの「伊平屋ブルー」がこちらです。
伊平屋島旅行記

伊平屋島上陸!野甫大橋の伊平屋ブルーを目指して歩く。島らしい景色を楽しむ|2019 伊平屋島旅行記 その3

島を旅していると、美しかったり、珍しかったり、面白かったりする景色があるので、つい立ち止まって写真を撮ってしまいます。この辺りでも海は綺麗ですが、正直まだ本島と同じレベルの海の青さです。伊平屋ブルーはこの程度ではないと信じて歩き続けます。ただ、その道のりは決して楽ではありません。
伊平屋島旅行記

フェリーいへやに乗船!運天港から伊平屋島へ 。古宇利大橋の横を通過する|2019 伊平屋島旅行記 その2

運天港からフェリーいへやに乗船し、伊平屋島へ向かいます。船は橋の下を通過するのではなく、運天港出港後、進行方向右手に古宇利大橋が見ながら進みます。島が近づくと海の色が変わりました。潮が引いて、イノーという、サンゴ礁地形が海中から姿を現しています。もう間もなく到着です。運天港を出港してから1時間20分。 伊平屋島に到着しました。
伊平屋島旅行記

伊平屋ブルーを求めて夏の伊平屋島!原付でフェリーが出る運天港へ|2019 伊平屋島旅行記 その1

「夏」の時期に行くことに価値がある島、ということを重視した結果、伊平屋島に行くことになったのです。伊平屋島には「伊平屋ブルー」といわれる美しい海があるそうです。フェリーいへやの船体にも、ランナーのラッピングされています。伊平屋島といえば「伊平屋ムーンライトマラソン」が有名です。
伊平屋島旅行記

伊平屋島から帰ってきました。野甫大橋からの絶景!まさかの夕立、そして野宿。1泊2日の予算は。

ブログをご覧いただきありがとうございます。 昨日今日で「伊平屋島」に行ってきたので、今回は旅の様子をダイジェストでお届けします。 伊平屋島に上陸。歩いて島尾1周する。 まずは沖縄南部の自宅から、今帰仁村の運天港まで原付の旅。 運天港にくるのは年末年始以来で...
伊平屋島旅行記

【旅先からの投稿】伊平屋島に来ています。夕立で雨宿り中。

伊平屋島に来ております。数多くの離島がある沖縄県の中でも最北端に位置する離島です。先程まで晴れていたのですが、今は夕立がきました。
タイトルとURLをコピーしました