Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

御船印の旅

御船印の旅

フェリーひびき、明石海峡大橋と瀬戸大橋の下を通過!|2021年 御船印旅行記 その35

そろそろ明石海峡大橋の下を通過しますが、一度船内に戻って、結局船内でビールとピザポテトを楽しみました。3か月ぶりの明石海峡大橋が見えてきました。夜間のライトアップが美しいと紹介される橋ですが、前回は真っ暗でした。瀬戸大橋を通過。次は来島海峡大橋を通過しますが、翌日の新門司到着も朝6時と早いので、この日はここで寝ました。
御船印の旅

フェリーひびきの船内で夕食を探す!船内レストランor売店、自動販売機?|2021年 御船印旅行記 その34

昼食を食べず、夕食も持たずに乗船したので、船内へ戻り夕食を探します。船内レストランは少し高く感じたので、ここでの夕食は諦めます。続いては売店を物色します。こちらはまるっと阪九フェリーオリジナルグッズの棚。売店以外でも、食べ物や飲み物を買うことが出来ます。夕食は売店で購入しました。甲板に出て食べたいと思います。
御船印の旅

阪九フェリー「ひびき」ちょっと豪華な船内の様子をご紹介!|2021年 御船印旅行記 その33

阪九フェリー「ひびき」に乗船。大阪から新門司まで、約12時間半の船旅です。この日この二等和室の部屋は私だけでした。スマホの電波も入り、ポケットWi-fiなども繋がると思われます。廊下にあるソファと絵画。この部分だけ切り取って見ると、船ではなくホテルのようです。こちらは大浴場。露天風呂もあります。
旅の思い出

阪九フェリー「ひびき」の御船印をゲット!フェリーターミナルから乗船まで|2021年 御船印旅行記 その32

これから乗船するのは『ひびき』という船です。出港は17時半で、まだ時刻は15時半すぎ。乗船開始は16時半ということで、1時間近くここで待ちます。時間になったのでいよいよ船内へ。新門司港に到着するのは翌朝6時。12時間半の船旅が始まります。そして無事ゲットすることが出来ました!これで6つめの御船印です。
御船印の旅

関西空港到着!電車と歩きで阪九フェリーの港へ移動する|2021年 御船印旅行記 その31

関西空港に着陸。このバスで第1ターミナルに移動し、そこからは南海電車に乗って港の最寄り駅へ。泉大津駅に到着しました。ここから港へ移動します。港までは3.2km。港まで行く途中で夕食もゲットしたいところです。歩道橋にも分かりやすく案内があります。今回乗船するのは、北九州(新門司港)行き「阪九フェリー」です。
御船印の旅

沖縄から御船印マスターを目指して。那覇空港から関西空港へ|2021年 御船印旅行記 その30

沖縄本島には、周辺の島に行く色々な船がありますが、御船印をゲットすることが出来るのは、今のところ「マリックスライン」「マルエフェリー」の2社のみ。御船印を20個ゲットすると、公式ホームページに「名前(○○県)」のように公開されます。恐らく、人口145万人いる沖縄で、御船印を集めているのは私だけ。
御船印の旅

東京駅からバスで成田空港へ!沖縄に帰るまでの様子|2021年 御船印旅行記 その29

東京滞在はこれにて終了です。東京駅に到着してから24時間も経っていませんが、今の東京を十分満喫することが出来ました。13時半前、成田空港第3ターミナルに到着しました。沖縄へ帰ります。沖縄に住んでいるというのが、未だに不思議な感覚です。LCCのセールでチケットを買うことが出来れば、この半額程度で済みます。
御船印の旅

大都会、平日の11時。竹芝桟橋はおがさわら丸を見送る人で賑わっていました|2021年 御船印旅行記 その28

この日は小笠原諸島・父島へ行く「おがさわら丸」の出港日。竹芝桟橋の待合室はこれから船に乗る人で賑わっています。ここまで来たら、せっかくなので、11時出港のおがさわら丸を見送ることにしました。ちびっ子たちも見送りに来ていました。平日の11時にこれだけ見送りの人がいるのは凄いです。
御船印の旅

隅田川を行く!歴史ある橋から大都会の洗練された景色へ|2021年 御船印旅行記 その27

東京水辺ラインで東京の景色を楽しみながら、竹芝へ向かっています。この橋は総武線の「隅田川橋梁」。1932年に作られた橋です。架橋当時は、橋のデザインの評判がなかなか悪かったとか。大都会の景色が広がる一方で、「喧噪」というものが感じられません。竹芝桟橋に停泊するおがさわら丸と橘丸が見えてきました。
御船印の旅

乗客1人!東京水辺ラインで船から東京の景色を楽しむ|2021年 御船印旅行記 その26

この船に乗っているのは私だけでしたが、スタッフの皆さんが見送りをしてくれました。船の終点はお台場海浜公園。浅草二天門を経由し、今回私は竹芝まで乗船します。約1時間の船旅です。自動放送で観光案内もあるので、移動だけでなく、「船から見る東京」を楽しむことが出来ます。面白かったので、もう少し乗る人が増えればいいなと思います。
御船印の旅

両国から船に乗る!東京水辺ラインの御船印をゲット|2021年 御船印旅行記 その25

秋葉原の2つお隣、両国駅にやってきました。両国といえば「国技館」。ただ「東京観光」は、今回の旅のサブテーマであって、メインではありません。メインはこちら、「船」です。9時に両国を出港する『東京水辺ライン(水上バス)』に乗船し、船の旅を楽しみます。そしてもちろん「御船印」をゲットしました!
御船印の旅

山手線で東京観光!久しぶりな感じがしない?沖縄も見つけた|2021年 御船印旅行記 その24

橘丸の向こうには、東京スカイツリーが見えています。同じ場所からレインボーブリッジとフジテレビも見えます。ちなみに振り返ると東京タワーが見えます。ここは、サクッと東京観光を楽しみたいという方におすすめのスポットです。そんな東京にいても、ちょいちょい沖縄を感じる場面がありました。コンビニでオリオンビールを見つけました。
御船印の旅

竹芝桟橋で東海汽船「来港記念」の御船印をゲットする!船に乗らなくてもOK|2021年 御船印旅行記 その23

今回の旅の目的は「東京ぶらり」ではなく「御船印をゲット」すること。竹芝桟橋では、船に乗らなくても、『東海汽船の御船印』を手に入れることが出来るのです。ただ御船印は「実際に乗った船のもの」を手に入れて、船での思い出とともに大切にしたいです。今回は【来港記念】と書かれた、東海汽船の御船印を手に入れることが出来ました!
御船印の旅

銀座から新橋を歩いて歴史を知る。ゴーヤが2本で580円でした|2021年 御船印旅行記 その22

1612年の江戸幕府の時代、銀貨幣鋳造の銀座役所がここに設置され、町の名前が「銀座」となったそうです。このライオン像は1972年、「三越創業300年」の記念事業として作られたそうです。「新橋」に入りました。港区のホームページによると、「新橋」という名前の由来は、正確には分かっていないようです。
御船印の旅

マニアックから定番まで。きっと沖縄が恋しくなるお店「銀座・わしたショップ」|2021年 御船印旅行記 その21

沖縄へ旅行に来たら、とりあえずさんぴん茶を選ぶ人も多いはず。グアバ茶や月桃茶など、こうした類のお茶は、沖縄では道の駅で販売されている場合が多いです。農作物については前回もご紹介しましたが、今回のテーマは「こんなのもあるんだ」。最後にご紹介するのは沖縄好きな人にとっては「定番」といえる商品たち。
タイトルとURLをコピーしました