Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

旅行記

南国日記~沖縄移住の記録~

フォトジェニックな無人島「ナガンヌ島」上陸!トイレも電波も自販機もある|2022 沖縄旅行記

那覇から船で約30分、渡嘉敷村・ナガンヌ島に上陸しました。私は毎年、ナガンヌ島上陸付きのホエールウォッチングツアーに申し込んでいるので、今回で4年連続の上陸となりました。お手洗いもあり、スマホの電波も繋がるので、安心して無人島生活を楽しむことが出来るでしょう。
南国日記~沖縄移住の記録~

ホエールウォッチングでナガンヌ島へ!那覇・泊港を出港する|2022 沖縄旅行記

沖縄では那覇から近い場所でもクジラを見ることが出来るので、様々な業者のツアーがあります。出発は朝8時の那覇・泊港。クジラは野生生物なので、ツアーに参加したからといって、必ず見ることが出来るものではありません。このツアーではまず、クジラを探す前に「ナガンヌ島」に上陸します。
観光アイデアノート

26の国立公園に上陸!国立公園の楽しみ方と思い出をご紹介|観光アイデア教科書Vol.19

日本には34の国立公園がありますが、私はこれまでに26の国立公園に足を運んでいます。今回は、私がこれまでに訪れたことのある、国立公園26か所の思い出を、北海道から順にご紹介します。 その中でも、特におすすめの国立公園ベスト5を発表!国立公園はこれから注目が高まることが期待されます。
旅の思い出

笹川流れで夕陽を見て、道の駅あつみで1泊 日本海を北上|2014年北海道&東日本パス旅行記 その1

利用しているのは「青春18きっぷ」ではなく「北海道&東日本パス」。JR東日本・北海道管内を旅するときは、青春18きっぷよりもお得な切符です。埼玉から日本海側の街「村上」までやって来ました。桑川駅で下車。ここで列車を降りた理由は、日本海に沈む夕陽を見るためです。夕陽を見た後は、この日の宿「道の駅あつみ」に移動します。
旅の思い出

日本一の豪雪地帯を走る「只見線」に乗車!小出から会津若松まで|2011年旅行記

旅のきっかけは「雪が見たい」。只見線で会津若松駅まで向かいます。あまりの雪で冬はほとんど運休になりますが、この日は運よく只見線に乗ることが出来ました。豪雪地帯を走ることで有名ですが、小出発会津若松行きの列車に乗れたのは、図らずも2011年が最後。2018年から全線復旧に向けた工事が始まり、2022年に終了するようです。
旅の思い出

成田空港からグアム、そしてミクロネシア・チューク空港へ 初めての海外旅行|ジープ島旅行記その1

2016年2月、これが私にとって初めての成田空港、そして海外旅行です。まず向かうのはグアム(GUM)。そこで飛行機を乗り換えて、目的地はミクロネシア・チューク国際空港(TKK)です。「初めての海外でミクロネシア?何で」という質問に対し、私は「I go to JEEP Island」と答えました。
旅の思い出

加計呂麻島の無料キャンプ場に宿泊!嵐に見舞われる|2016年 奄美大島旅行記 その3

奄美大島の旅2日目。レンタカーを借りて島の南端までやって来ました。海へと延びる桟橋。「スリ浜」というビーチです。加計呂麻島には無料のキャンプ場があるので、そちらを目指します。本日の宿泊地「実久海岸」に到着しました。この日の夜は、数々ある私の旅の思い出の中でも、かなり印象深く残っている事件が起こりました。
旅の思い出

レンタカー借りて島の最南端へ!ウミガメと出会う|2016年 奄美大島旅行記 その2

奄美大島・土盛海岸で朝を迎えます。6時半。今回決まっている予定は帰りの飛行機のみ。宿もなく、完全なるノープランです。バスに乗って奄美空港へやってきました。奄美大島は1周450km以上あり、空港から市街地までも30km近くあります。最南端の海水浴場「ヤドリ浜」へやって来ました。そして、ウミガメと出会ってしまいました…
旅の思い出

八丈島2日目 朝から島1周 霧の八丈富士と明日葉そば|2015年夏 八丈島・青ヶ島旅行記 その8

太陽の光で目が覚めたので、とりあえず島を1周ドライブします。八丈島は山手線の内側と同じくらいの面積。寄り道しなければ、1時間半ほどで1周することが出来ます。山を下りると太陽が差し、青空も見えていました。そしてやってきたのは海。山から下りて、ご飯を食べて、海に入って… さらに八丈島には温泉もあります。
旅の思い出

死ぬまでに見るべき絶景 青ヶ島の二重カルデラへ|2015年夏 八丈島・青ヶ島旅行記 その4

都道236号線「青ヶ島本道」を歩いています。ここも東京都。島の車のナンバーに書かれている地名は「品川」です。青ヶ島の人口は170名程度。日本で一番人口が少ない市区町村となっています。海へとまっすぐ伸びる一本道。二重カルデラの景色は絶景というよりも珍しい景色ですが、こちらは間違いなく絶景です。
旅の思い出

道頓堀で食べた「たこ焼き」から得た教訓。人生初!水平線に沈む太陽とマジックアワーを見たときの話|2011年夏旅旅行記 その3

大阪駅から大阪環状線で新今宮へ。東京と大阪は日本の二大都市ですが、このとき初めて大阪環状線に乗って、東京の人の多さを改めて知ったのを覚えています。ここからは紀伊半島の旅。3日間かけて列車を乗り継ぎながら、半島の海沿いをなぞって旅をします。このとき人生で初めて、水平線に沈む夕陽を見ることが出来ました。埼玉にいたら絶対に見ることが出来ない景色です。
2018年小笠原

島旅の1日は朝日を見るところから。朝の静かな父島を歩きながら、ここが東京都の島であることを感じる|2018年 小笠原諸島旅行記 その5

日の出を見るためにやってきたのは「長崎展望台」です。集落からは歩いて50分ほど。朝からいい運動になります。この日の天気は曇りのようです。集落に戻ってきました。朝の静かな港を歩くのもいいものです。返還50周年の看板が立っているのも、この時にしかない景色です。そして、この看板にも「東京都」と書かれており、島を走る車のナンバーも品川ナンバー。
舳倉島

【舳倉島】数少ない観光スポット?島の二大シンボル「へぐら愛らんどタワー」と総本山・ 奥津比咩神社へ|2018年旅行記 その12

こちらは「へぐら愛らんどタワー」。見学しないわけにはいきません。「舳倉島の自然・地勢」「舳倉島の渡り鳥」「輪島の名所・伝統芸能」と、各階ごとに島の資料などが展示されています。そしてこちらが奥津比咩神社。舳倉島に点在する神社の総本山で、舳倉島では奥津比咩神が神とされています。神社の由緒は不明だそうですが、近世初期に筑前国鐘ケ崎から渡来した12名が舳倉島で漁業を営むようになり、この神社を深く崇拝したとか。
奥尻島旅行記

奥尻島をレンタカーで1周する!うにまる公園~青苗岬~奥尻空港|2018年 奥尻島旅行記その2

奥尻島の周囲は84km。時計回りで島を1周します。まずやってきたのはうにまる公園。島の南端「青苗岬」にやってきました。写真は「青苗岬徳洋記念碑」。青苗岬の近くには奥尻空港があります。時刻はもう13時。里山と田んぼの、古き良きニッポンの景色がありました。ここが北海道、また離島であるとは思えません。
奥尻島旅行記

青函フェリー1泊!仕事終わりに新幹線で奥尻島へ|2018年 奥尻島旅行記その1

日付が変わるころ、やってきたのは青森港フェリーターミナル。2時に青森を出港するフェリーあさかぜに乗船します。青森から函館までは約2000円で行くことが出来ます。船を宿として活用することで【新青森→新函館北斗の交通費】【函館での宿代】の節約になるのです。ここから路線バスで約2時間、江差港フェリーターミナルへ向かいます。
タイトルとURLをコピーしました