Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

舳倉島

舳倉島

【舳倉島】港を目指して島を歩く。野鳥観察小屋と島の駐在所。屋根の上に置かれた綱の意味|2018年旅行記 最終話

屋根の上に綱が置かれていますが、これは冬の強風で瓦が飛ばされないための対策なのだそう。船の出港まではまだ1時間ほどあるのでもう少し島を歩いてみます。舳倉島は渡り鳥の中継地点として、多くの野鳥が訪れるそうで、バードウォッチングの名所になっています。こちらは島の駐在所。ドアや窓には板が張られています。
舳倉島

【舳倉島】数少ない観光スポット?島の二大シンボル「へぐら愛らんどタワー」と総本山・ 奥津比咩神社へ|2018年旅行記 その12

こちらは「へぐら愛らんどタワー」。見学しないわけにはいきません。「舳倉島の自然・地勢」「舳倉島の渡り鳥」「輪島の名所・伝統芸能」と、各階ごとに島の資料などが展示されています。そしてこちらが奥津比咩神社。舳倉島に点在する神社の総本山で、舳倉島では奥津比咩神が神とされています。神社の由緒は不明だそうですが、近世初期に筑前国鐘ケ崎から渡来した12名が舳倉島で漁業を営むようになり、この神社を深く崇拝したとか。
舳倉島

【舳倉島】何もない島を歩く。飲食物が手に入らない!?竜神池に残る逸話と島の神社。|2018年旅行記その11

面積も大きくはなく、人口も少ない島ですが島内には神社が点在しています。島ではケルンと言われる石積みが至る所で見られます。竜神池は一見すると浅いですが、ある部分だけ底が竜宮城に通じていて、池の水が枯れることがないそうです。海もきれいなので、また夏に訪れて、1泊してみたいと思いながら歩いていました。
舳倉島

【舳倉島】船の就航率25%… 絶海の孤島を歩く。番屋のような家々が並ぶ漁業の島だった。|2018年旅行記その10

島旅好き間でいわれる「絶海の孤島」は青ヶ島やトカラ列島が有名ですが舳倉島が話に出てくることはありません。平成28年度、定期船の就航率をみると、最も就航率が高い6月でも86.6%。12月に至っては25.8%まで落ちます。島の家々はほとんどが木造。「番屋(漁場の近くにある作業場・寝床)」のような外観の造りです。
舳倉島

【舳倉島】揺れる舳倉島への船!島を歩いて1周する。昭和レトロな小学校|2018年旅行記その9

舳倉島までの船は1日1往復。今回は日帰りの島旅です。出港直後は穏やかな船旅でしたが、しばらくするとアトラクションのように揺れ始めました。この島に来た目的も特にないので、とりあえず半時計周りに歩いて島を1周します。輪島市立鳳至小学校舳倉島分校は調べてもほとんど情報がないのですが、2005年度から休校になっているようです。
舳倉島

フグのまち輪島!日本三大朝市のひとつ輪島朝市へ。舳倉島へ行く前の寄り道。|2018年旅行記その8

輪島と言えばフグ!2011年から2015年の5年間、輪島は天然フグの漁獲量が日本一。そんなわけで、夜はフグ料理のお店へ。舳倉島へ出る船が出る港へ行く前に輪島朝市に立ち寄りました。その歴史は平安時代にまでさかのぼり、1000年以上の続いている輪島の朝市は 勝浦(千葉)・宮川(岐阜県高山市)と並んで日本三大朝市のひとつです。
舳倉島

冬の白米千枚田!棚田に灯る25000個のイルミネーション。「あぜのきらめき」に行ってきた|2018年旅行記その7

「日本の棚田百選」「国指定文化財」「世界農業遺産」などに認定されている能登観光の定番スポットのひとつです。冬場は「あぜのきらめき」というイルミネーションイベントが行われています。棚田に25000個のLEDライトが灯り、幻想的な光景が広がります。
舳倉島

【五箇山→能登】五箇山の散策と千里浜なぎさドライブウェイを走る!|2018年旅行記その6

ブログをご覧いただきありがとうございます。 本日は2018年の「アルペンルート・舳倉島旅行記」その6をお届けします。 これまでの旅の思い出を振り返ります。 ★前回の記事★ 白川郷から五箇山へ 朝の白川郷を見学して、次に向かうのは五箇山です。 ...
舳倉島

【アルペンルート→立山→白川郷】雪の室堂から白川郷へ。白川郷の観光は早朝がおすすめです。|2018年旅行記その5

ブログをご覧いただきありがとうございます。 本日は2018年の「アルペンルート・舳倉島旅行記」その5をお届けします。 これまでの旅の思い出を振り返ります。 ★前回の記事★ 室堂から立山駅へ 立山黒部アルペンルートの最高地点室堂に到着しました。 ...
舳倉島

【立山黒部アルペンルート】世界有数の山岳観光ルート。標高2450mの室堂に到着!雪の中を散策する。|2018年旅行記その4

ブログをご覧いただきありがとうございます。 本日は2018年の「アルペンルート・舳倉島旅行記」その4をお届けします。 これまでの旅の思い出を振り返ります。 ★前回の記事★ 世界有数の山岳観光ルート 長野駅から高速バス、トロリーバス、ケーブルカー、ロープウェ...
舳倉島

【立山黒部アルペンルート】黒部湖からケーブルカー・ロープウェイを乗り継いで大観峰へ。雪の景色が広がる!|2018年旅行記その3

ブログをご覧いただきありがとうございます。 本日は2018年の「アルペンルート・舳倉島旅行記」その3をお届けします。 これまでの旅の思い出を振り返ります。 ★前回の記事★ 黒部ダムと黒部湖の違い 長野からアルペンルートを経由し、富山を目指します。 ...
舳倉島

【立山黒部アルペンルート】黒部ダムに到着!雪がうっすら積もるえん堤を歩く。|2018年旅行記その2

ブログをご覧いただきありがとうございます。 本日は2018年の「アルペンルート・舳倉島旅行記」その2をお届けします。 これまでの旅の思い出を振り返ります。 ★前回の記事★ 雪が積もる黒部ダムに到着 扇沢駅から関電トロリーバスに乗車し約20分で黒部ダム駅に到...
舳倉島

【立山黒部アルペンルート】関電トンネルトロリーバスラストランの日に乗車しました|2018年旅行記その1

ブログをご覧いただきありがとうございます。 本日は2018年の「アルペンルート・舳倉島旅行記」その1をお届けします。 これまでの旅の思い出を振り返ります。 ★前回の記事★ . 長野から能登半島・舳倉島へ 新宿から深夜バスに乗り長野駅へとやってきました...
タイトルとURLをコピーしました