Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/kankomeijin/wwwkankomeijin.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 288

2016

旅の思い出

日本最後の秘境へ野宿の旅!アクセス難易度高め?|2016年 トカラ列島旅行記 その1

トカラ列島、漢字で書くと「吐噶喇列島」。このいかにも強そうな島の名前を聞いたことはありますか。ネットでは「日本最後の秘境」と紹介されていたり、旅先で「トカラ列島に行った」と話すと、「青ヶ島に行った」並みか、それ以上の【ただモノではない】アピールになったりするのです。今回は4日間でトカラ列島の3つの島を巡ります。
旅の思い出

あやまる岬で野宿!星が凄かった。鹿児島経由で帰る|2016年 奄美大島旅行記 最終回

奄美大島の北部にある「あやまる岬」にやってきました。ここからの景色は奄美十景のひとつに選ばれており、岬全体が公園として整備されています。あやまる岬の星が凄かったのです!これは今でも覚えています。今でも、この時見た夜空が一番綺麗だなと思っています。往路は成田空港からバニラエアの直行便でしたが、帰りは鹿児島経由。
旅の思い出

奄美ブルーを満喫する!コテージに宿泊しました|2016年 奄美大島旅行記 その6

この日もノープラン。車で島をふらふらと巡ります。ネットで紹介されていた「奄美大島のおすすめビーチ〇選」というような記事を参考に、ビーチ巡りをすることに。これほど美しい海は、他ではなかなか見ることが出来ません。「奄美ブルー」というのでしょうか。この日はついに、宿で寝ることにしました。
旅の思い出

マングローブでカヤック!南の島のジャングルを満喫する|2016年 奄美大島旅行記 その5

ここは奄美大島の中部、太平洋に面した住用湾の河口にあたる場所。西表島に次いで、日本で2番目に大きな規模のマングローブ林が広がります。人生初のカヤック。パドルの漕ぎ方など、簡単なレクチャーを受けたら、いざ自然の中へ。この住用川のマングローブ林は、これから世界自然遺産にも登録されます。
旅の思い出

加計呂麻島に残る戦跡を見学。かつての要塞・大島海峡を臨む|2016年 奄美大島旅行記 その4

島の東端までやってきました。ここには、旧海軍が使用していた弾薬庫が残されています。1919年、奄美大島が小笠原諸島や台湾・澎湖島とともに、太平洋上の第一線要塞として策定されました。1921年、奄美大島要塞の建設が着工されました。沖縄のような地上戦はなかったものの、奄美群島は1953年まで米軍の統治下に置かれました。
旅の思い出

加計呂麻島の無料キャンプ場に宿泊!嵐に見舞われる|2016年 奄美大島旅行記 その3

奄美大島の旅2日目。レンタカーを借りて島の南端までやって来ました。海へと延びる桟橋。「スリ浜」というビーチです。加計呂麻島には無料のキャンプ場があるので、そちらを目指します。本日の宿泊地「実久海岸」に到着しました。この日の夜は、数々ある私の旅の思い出の中でも、かなり印象深く残っている事件が起こりました。
旅の思い出

レンタカー借りて島の最南端へ!ウミガメと出会う|2016年 奄美大島旅行記 その2

奄美大島・土盛海岸で朝を迎えます。6時半。今回決まっている予定は帰りの飛行機のみ。宿もなく、完全なるノープランです。バスに乗って奄美空港へやってきました。奄美大島は1周450km以上あり、空港から市街地までも30km近くあります。最南端の海水浴場「ヤドリ浜」へやって来ました。そして、ウミガメと出会ってしまいました…
旅の思い出

バニラエアで奄美へ!土盛海岸で野宿|2016年 奄美大島旅行記 その1

バニラエアを利用して、向かうのは【奄美大島】です。奄美大島に6日間滞在します。奄美大島は鹿児島市から南へ約380kmの海上にあり、鹿児島と沖縄本島の中間に位置しています。16時半前、奄美大島に到着しました。奄美の方言で「ようこそ・いらっしゃい」をいもーれといいます。やってきたのは土盛海岸。基本的には毎晩野宿です。
旅の思い出

離陸する飛行機の窓から、まぶしい太陽の光が差し込んでました | 2016年 石垣島・波照間島旅行記 最終回

ピンク色のハイビスカスが南国を感じさせます。晴れた日中であれば、コバルトブルーの海が広がり、より南の島を感じることが出来るでしょう。今回の旅は天気によって行動が制限されましたが、それも思い出。波照間島に閉じ込められ「帰れるのか」という心配もあった今回の旅。最後も飛行機の到着が遅れ、最終電車で埼玉に着くことが出来ました。
旅の思い出

雨の石垣島。夕方からレンタカーで1周する| 2016年 石垣島・波照間島旅行記 その11

約1時間で石垣島へ入港。相変わらず天気は雨。この日は石垣島で1泊して、翌日午前中の飛行機で帰ります。それまではレンタカーを借りて、石垣島を1周することに。石垣島は1周約120km。時刻はすでに16時ですが、何とか暗くなるまでに主要スポットは巡りたいところです。
旅の思い出

さらば波照間島!ずっと曇り、また必ずリベンジ | 2016年 石垣島・波照間島旅行記 その10

やることがなく、島をひたすら原付で回り、結局ニシハマにやってきました。人とすれ違うことはほとんどありません。ニシハマで海に入っていた時も、プライベートビーチ状態でした。ニシハマの様子をチェック。変化なし。「晴れたときに必ずリベンジする」、そう心に決めたのでした。さらば波照間島。
旅の思い出

曇りの島旅は退屈、行く当てもなく島をさまよう| 2016年 石垣島・波照間島旅行記 その9

船が全便欠航し、1日波照間島から出れなくなってしまいました。昼食はソーキそば。この旅で初めての沖縄らしいグルメです。結局、行き場を失ってニシハマにやってきました。まだ雨が降っていないだけましでしょうか。ただ、やることが本当にありません。時刻はまだ15時前。暗くなるまで時間あります。次は何をしましょう。
旅の思い出

島に閉じ込められる!原付を借りてニシハマヘ | 2016年 石垣島・波照間島旅行記 その8

この日は波照間島から西表島に移動する予定でしたが、まさかの船が全便欠航。島に閉じ込められてしまいました。前日のうちに自転車で島中を巡ってしまったので、この日は原付を借りてみることにしました。まずやって来たのはニシハマです。白波が立っている様子が分かります。とりあえず、日本最南端にやってきました。
旅の思い出

御嶽に行くと不吉なことが起こる?翌日、全便欠航!| 2016年 石垣島・波照間島旅行記 その7

あてもなくふらふらと。島に上陸してからずっと移動しているので、もう島中を行き尽したと言ってもいいかもしれません。商店の方には「御嶽に行くと不吉なことが起こるから、行かない方がいい」といわれました。朝7時の天気予報。波4m。この日の船は全便欠航となり、島に閉じ込められてしまいました(笑)
旅の思い出

沖縄の原風景が残る島。学校と泡波とサトウキビ | 2016年 石垣島・波照間島旅行記 その5

まっすぐ伸びる白砂の道。波照間島はサンゴの死骸や貝殻が積み重なって出来た島で、岩や砂が白い場合が多いです。波照間島では「泡波」という泡盛が作られています。ビンへのラベル張りまで手作業で行われていることから生産量は少なく、幻の泡盛とも言われています。集落を巡って、いよいよニシハマへ。その手前に製糖工場があります。
タイトルとURLをコピーしました