沖縄移住当日までの流れ 沖縄の家に到着するまでの48時間をご紹介

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

梅雨入りした沖縄ですが、今日はいい天気。私も移住生活6か月目に突入です。

今回は沖縄移住当日、沖縄の家に到着するまでの48時間をご紹介します。

移住直前は新島・式根島の旅

2020年12月18日14時、私は東京へ向かうさるびあ丸の船内にいました

埼玉から沖縄への引っ越しは、引っ越し業者を使わず、ゆうパックのみで完結。

「自分が突然死んだときに、残された人が処分に困るもの」をイメージして、自分のモノはほとんど処分。

入居日の午後に時間を指定し、入居日の10日ほど前に、沖縄の住所へ段ボール10個ほどの荷物を送っていました

荷物を送った後に、新島・式根島の旅へ出発。

数日分の着替えと、ゆうパックでは送ることが出来ない貴重品など、なかなかの大荷物を持っての旅となりました。

★参考:新島・式根島旅行記★

f:id:beautifuldreaman:20190519220040j:plain

夕陽に染まる2代目さるびあ丸。

新造船に代わるため、何度かお世話になった2代目さるびあ丸とは、これでお別れです。

2020年12月18日19時半、東京・竹芝桟橋に到着。この日は、新宿に住む友人の家に泊まらせてもらいました。

東京から沖縄へ

2020年12月19日午前7時、携帯の目覚ましで起床。

いよいよ旅立ちです。

当日の写真ではありません

朝の通勤列車もこれで最後…

そんなことを思いながら、到着したのは東京駅八重洲口。

当日の写真ではありません

東京駅からは、バスで成田空港へ向かいました。

さらば、東京。

当日の写真ではありません

2018年12月19日12時、バニラエアJW807便は、那覇空港に向けて、成田空港を離陸しました。

空港や飛行機で過ごした時間、そして、この時の感情は、不思議と記憶にありません

片道切符というドキドキとワクワク、あとは旅の疲れで、頭が機能していなかったのだと思います。

当日の写真ではありません

離陸から約3時間半、飛行機は定刻通り、那覇空港に到着しました。

私にとって9度目の沖縄上陸。

翌日が入居日なので、この日は那覇にある『ゲストハウス海風』へ。

早めのチェックインでしたが、外には出ず、ずっとベッドにいました。この辺もまた、写真も記憶もありません。翌日の行動予定を、何度も確認していたような気がします。

沖縄の家に到着

2020年12月20日8時、眩しい日差しに照らされて起床。

当日の写真ではありません

ゲストハウスの外へ出ると、12月とは思えない柔らかな風が吹いていました。

バスに乗って不動産屋さんへ向かい、家のカギを取りに行ってから、新しい部屋へ向かいます。

ちなみに沖縄本島には多くのバスがあるので、かなり複雑ですが、そんなときは「バスなび沖縄」が便利です。

2020年12月20日12時グーグルマップだけを見て決めた、沖縄の家に到着しました。

想像よりもかなりいい感じで、ほっとしたのを覚えています。

★参考:家探しの詳細

f:id:beautifuldreaman:20190519224935j:plain

午後にゆうぱっくで荷物が届くので、先に昼食。

景気づけに寿司を食べました。

サーモンチーズロールハー」というのが寿司で、いわゆるカリフォルニアロールのことです。

そして、ゆうパックで送った荷物たちも無事に届き、沖縄生活が始まりました。

★こちらもおすすめ★

コメント

タイトルとURLをコピーしました