那覇・第一牧志公設市場 営業最終日に行ってきた 50年近くの歴史に幕|2019年 沖縄旅行記

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は那覇市民の台所「第一牧志公設市場」の移設前、最後の営業に行ってきたので、その様子をお届けします。

★こちらもおすすめ★

好きな場所のひとつでした

第一牧志公設市場は、旅行者として沖縄を訪れていた時から、私が好きな場所のひとつでした

f:id:beautifuldreaman:20190616220635j:plain

初めて牧志公設市場を訪れたのは、今から3年前の2016年。異国のような雰囲気、そして独特の匂いに、「日本にもこんな場所があったのか」と、衝撃を受けたのを覚えています。

それ以降、沖縄へ来る度に立ち寄り、移住してからも、ふらっと遊びに行っていました。

f:id:beautifuldreaman:20190616220823j:plain

その原点は、戦争で夫を失った女性たちが、戦後を生き抜くために始めた闇市。沖縄が本土復帰を果たした1972年から、現在のような市場が完成し、いつしか那覇市民の台所から、沖縄を代表する観光地へと変貌しました。

f:id:beautifuldreaman:20190616215614j:plain

そんな歴史あるこの場所も、老朽化により建て替え工事が始まります。

f:id:beautifuldreaman:20190616221307j:plain

公設市場最終営業日のスケジュールはこんな感じ。

前日に結構調べましたが、こうした情報は一切見つからず。私が着いたのは17時で、すでに持ち上げやラストオーダー、そしてBEGIN・島袋優さんらによるライブも終わっていました。

勝手な推測ですが、最終日は観光客ではなく、地元のファン向けのイベントにしたかったものと思われます。

f:id:beautifuldreaman:20190616221948j:plain

公設市場の中は、すでに店先にブルーシートがかけられ、移設の準備が始まっていました。

f:id:beautifuldreaman:20190616222429j:plain

一方で、終了時間ぎりぎりまで多くの人が訪れていました。ほとんどがリピーターさんでしょう。

写真を撮ったり、壁に貼ってあるスクラップ記事に目を通していたり、ベンチに座っているだけだったり… みなさん思い思いに最後の時を過ごしていた印象です。

f:id:beautifuldreaman:20190616222840j:plain

市場の2階でも多くの人が、ギリギリまで呑んでいました。歩いていると、色々な場所から「ありがとう」や「お疲れさま」の声が聞こえてきます。

f:id:beautifuldreaman:20190616223117j:plain

片づけをせずに、お客さんに試食を渡し、最後の最後まで営業しているお店も何軒かありました。

セレモニーが始まる

牧志公設市場の最終日を歩く~2019年6月16日~

マスコミ、観光客、そして地元の方など、多くの方が市場に残ったまま市場営業終了の18時を迎えました

このようなセットは置かれていたものの、いつ・何が始まるのか分からない状況だったので、私は場内からは出て、ここでしばらくスタンバイしていました。

周囲の方の会話を聞いていると、18時半~エイサー・19時~セレモニーであることが分かりましたが、【市場のシャッターが降りる瞬間】も見たいと思い、一旦シャッターの前に移動。するとまた、周囲の方の会話から「シャッターが降りるのは1番最後」という会話が聞こえたので、急いでセレモニー会場へと戻りました(笑)

【沖縄】牧志公設市場 移転セレモニーでのエイサー~2019年6月17日~

18時半になりエイサーが始まりました。沖縄国際大学のサークルによる演舞です。狭い空間で屋根もあるので、太鼓の音が全身を震わせます。人も多くものすごい熱気に包まれていました。

f:id:beautifuldreaman:20190617202545j:plain

そして19時、セレモニーが始まりました。まずは那覇市の城間市長。

f:id:beautifuldreaman:20190617203105p:plain

続いて、那覇市議会議長の翁長氏。

f:id:beautifuldreaman:20190617204050p:plain

印象的だったのは組合長の粟国さん。「未来志向(ポジティブな工事である)」という言葉を繰り返し、来ている人に寂しさを感じさせないような、想いの詰まったメッセージでした。

f:id:beautifuldreaman:20190617204419p:plain

いよいよ紅型布の除幕式。新しい公設市場の完成イメージが登場しました!2022年、沖縄の本土復帰から50周年の年、また同じ場所に公設市場は帰ってきます。そして、同じ場所でオープニングセレモニーが行われるそうです。

f:id:beautifuldreaman:20190616223411j:plain

それまでの間は、近くにあるにぎわい広場で仮設市場がオープンします。

新しい公設市場の雰囲気は、観光客向けにガラッと変わるようで、「昔はこうだったのになぁ」と思う日が来ることでしょう。

f:id:beautifuldreaman:20190617205019p:plain

市場のシャッターが降りる瞬間も撮ることが出来ました。

f:id:beautifuldreaman:20190617205507p:plain

そして最後は、もう何が何だか分からない、皆さんが入り乱れてのカチャーシーで締め。写真手前の黄色いかりゆしを着ている方は城間市長。目頭を押さえながら踊っていました。

公設市場最終日については、Yahooニュースのトップにも出ていました。記事のコメントを見ていても、あの雰囲気がなくなることに対して、寂しさを感じている人は多いようです。

歴史の最後に立ち会うことが出来てよかったなと思います。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました