2019-07

南国日記~沖縄移住の記録~

【沖縄の夏祭りは独特?】名護夏祭りに行ってきた!やっぱりオリオンビール。出店にステーキや沖縄そばも

名護夏祭りは、毎年名護漁港で行われている、沖縄本島北部を代表する夏のビックイベントなのだそう。ふらっと立ち寄ってみると、「沖縄ならでは」を発見出来たりして面白かったので、今回は【沖縄の夏祭り】についてご紹介します!
沖縄コーヒー

やんばるの山奥で銃撃されそうになりました|沖縄コーヒー2019 番外編

実はコーヒー農園がある集落は、周囲を柵で囲まれており、入口のゲートには「イノシシ対策のため、開けたら閉めてください」と書かれてます。迷いながら原付を走らせていると、突如1人の男性が現れました。「何をしているの?」男性は妙に穏やかです。男性は「早く出ないと撃たれるよ」と言いながら、真顔で銃で撃つジェスチャーをしています…
南国日記~沖縄移住の記録~

沖縄には鉄道(電車)がある?沖縄県民がゆいレール・軽便鉄道・鉄軌道をサクッとご紹介

今回は沖縄の鉄道事情をご紹介します。2003年に開業した沖縄都市モノレール、通称「ゆいレール」は、鉄道事業法で鉄道の一種とされています。戦前の沖縄には、2本の線路の上を走る鉄道がありました。その鉄道の名は「沖縄県営軽便鉄道」です。現在は2本の線路を走る電車がない沖縄ですが、建設計画は着々と進んでいます。
沖縄コーヒー

やんばるの森で育つコーヒーの木々たち 植樹を体験する!|沖縄コーヒー2019 その2

おじいのコーヒー農園を案内していただけることとなりました。こちらがコーヒーの木々たち。日本の他の場所ではなかなか見ることが出来ない、非常に貴重な景色です。なんと、コーヒーの木の植樹をすることになりました。植樹が完了しました!この木からコーヒーを収穫することが出来るまでには4、5年かかります。
沖縄コーヒー

貴重な国産コーヒーの産地で焙煎・試飲を体験する|沖縄コーヒー2019 その1

きっかけは、私が初めて小笠原諸島・父島に行ったときのことです。わざわざ山奥にあるUSK COFFEEに行く観光客が多いことに気付きました。USK COFFEEでは小笠原産のコーヒーを飲むことが出来るのです。沖縄でも小笠原のように、より多くの人に沖縄県産コーヒーが認知されれば、また新しい沖縄旅行の楽しみが増えるはずです。
原付の旅

原付で最北端・辺戸岬に到達 日本で7番目 沖縄島の大きさを体感|2019年 沖縄旅行記その4

糸満市喜屋武岬を出発してから約6時間半、原付で辺戸岬に到達しました。なかなかの達成感があります、というよりも、達成感しかありません。「沖縄本島」と呼ばれることが多いですが、正式名称は沖縄島。本州・北海道・九州・四国・択捉島・国後島に次いで、日本で7番目に大きな島です。今回の旅では、その大きさを体感することが出来ました。
原付の旅

原付でやんばる・東村を走る!森に囲まれた県道70号線を北上|2019年 沖縄旅行記その3

喜屋武岬を出発してから約4時間、いよいよやんばる3村のひとつ、東村に入ります。やんばるは、奄美・西表島とともに、世界自然遺産に登録されるほど、自然が豊かな地域です。名護からサンライズひがしまでは、国道331号線を走っていましたが、ここから先は県道70号線となり、景色もローカル感が増してきます。
南国日記~沖縄移住の記録~

無料!予約不要!雨の日の沖縄はスッパイマン工場見学「上間菓子店」がおすすめ!お土産ももらえる

今回は雨の日でも楽しめる沖縄旅行のおすすめのある場所をご紹介します! そのある場所とは…「上間菓子店」です!! こんな感じでガイドさんがご案内してくださります。上間菓子店の工場見学が、雨の日にの沖縄でおすすめな理由は大きく3つです。
原付の旅

国道329号線を原付で北上!沖縄本島中部から名護市へ|2019年 沖縄旅行記その2

原付で沖縄本島最北端・辺戸岬到達を目指します。名護までは国道329号線をひたすら走ります。中城村からは北中城村・沖縄市・うるま市・金武町・宜野座村を通過し、いよいよ名護市に到達。国道329号線は、単調な景色が続くこともあり、沖縄本島の大きさを心身(心:遠すぎる/身:疲れた)ともに痛感させられます。
原付の旅

原付沖縄本島1周の旅へ!喜屋武岬から南部を走る|2019年 沖縄旅行記その1

今回はここ糸満市・喜屋武岬から、原付で沖縄本島最北端・辺戸岬を目指します。さらに、本島にある全26市町村にも上陸する予定です。まずは糸満市から八重瀬町へ。八重瀬町のおすすめは「ぐしちゃん浜」。PerfumeのMV撮影も行われた穴場スポットで、奇岩が並ぶ光景を楽しむことが出来ます。八重瀬町の次は南城市、そして西原町へ。
タイトルとURLをコピーしました