国道329号線を原付で北上!沖縄本島中部から名護市へ|2019年 沖縄旅行記その2

原付の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「2019年 原付沖縄本島1周の旅」その2をお届けします。

★前回の記事★

国道329号線 沖縄本島中部を北上する

早朝に沖縄本島のほぼ最南端・喜屋武岬を出発。

f:id:beautifuldreaman:20190704211315j:plain

沖縄南部を走り、中城村までやって来ました。

この日のうちに、原付で沖縄本島最北端・辺戸岬到達を目指します。

名護までは、国道329号線をひたすら走ります。

また、今回はついでに、沖縄本島にある全26市町村上陸も目指します。

f:id:beautifuldreaman:20190704212259j:plain

7つめのまちは、北中城村

村のエンブレムをよく見ると、漢字の「北中」をアレンジしたものであることが分かります。

f:id:beautifuldreaman:20190704212624j:plain

ORANGE RANGEの地元・沖縄市

沖縄の伝統芸能「エイサー」が盛んなまちでもあります。

★参考:沖縄全島エイサーまつり★

f:id:beautifuldreaman:20190707091943j:plain

沖縄で一番古い銭湯もあるなど、ディープな魅力が詰まっている街ですが、今回は時間がないので素通り。

まだまだ、先は長いです。

★参考:沖縄で一番古い銭湯★

辺戸岬は遠い 沖縄本島は大きい

沖縄市の次はうるま市

「うるま市」という標識を取り忘れてしまいました。

f:id:beautifuldreaman:20190707092248j:plain

建物が少なくなり、道沿いにヤシの木が並ぶようになりました。

日曜日ということで、ツーリングのカッコいいライダーたちが、どんどん私の原付を追い抜いていきます…

f:id:beautifuldreaman:20190707092937j:plain

歩道にシーサー!沖縄ならではの景色です。

車やバイクで突っ走っていると、見逃してしまうでしょう。

f:id:beautifuldreaman:20190707095857j:plain

これもまた沖縄らしい景色。

内地の感覚では、「は?全油種リッター777円なの」となりますが、沖縄では違います。

ガソリンを入れ終わった後でないと、料金の確認が出来ないのです。

f:id:beautifuldreaman:20190707093230j:plain

次のまちは金武町です。

これで「きんちょう」と読みます。

米軍基地「キャンプ・ハンセン」がある影響で、新開地という米兵用の歓楽街があり、タコライス発祥の地でもあります。

★参考:米軍基地内で食事をする★

f:id:beautifuldreaman:20190707094656j:plain

そしてついに、標識に「辺戸岬」という地名が登場しました。

ここまで走っても、残り85km

国道329号線は、単調な景色が続くこともあり、沖縄本島の大きさを心身(心:遠すぎる/身:疲れた)ともに痛感させられます。

f:id:beautifuldreaman:20190707100434j:plain

やっと海沿いへ出ました。

水平線の先には、同じ金武岬が見えています。

f:id:beautifuldreaman:20190707101458j:plain

東側に見えているのは、海中道路の先に浮かぶ伊計島です。

沖縄本島北部に到達

f:id:beautifuldreaman:20190708211914j:plain

金武町の次は、この旅で11番目のまち・宜野座村

一般的には、この辺りから「北部」と言われることが多いです。

f:id:beautifuldreaman:20190708212848j:plain

何も知らない人に「海外旅行へ行ってきた」と言って、この写真を見せても分からないはずです(笑)

異国が感じられる景色が広がります。

f:id:beautifuldreaman:20190708213306j:plain

そしていよいよ、沖縄本島の北部中心・名護市までやってきました。

ここがゴールではありませんが、すでに半端ない達成感です。

f:id:beautifuldreaman:20190708214820j:plain

何となく通り過ぎましたが、ここがキャンプ・シュワブ、有名な辺野古です。

居座り抗議の方は、写真に小さく写っている小屋だけで、 テレビで見ていたイメージと違いました

f:id:beautifuldreaman:20190708215203j:plain

道路沿いから、埋め立ての現場も見えました。

しかしまだ、辺戸岬までは約90km。

ここからは「やんばる」と呼ばれる、沖縄本島の自然豊かな地域を走ります。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました