2019-08

原付の旅

マリックスライン・クイーンコーラル8 原付で乗船 本部から那覇へ|2019年 沖縄旅行記最終回

壊れた原付を船に載せて、本部から那覇まで帰ります。今回乗船する船はマリックスラインの「クイーンコーラル8」です。17時過ぎ。船は本部港を出港しました。鹿児島から沖縄までは25時間かかります。本部から那覇まではそのうちの約2時間。雨も降ってきたので、船内を散策することにしました。
南国日記~沖縄移住の記録~

太すぎる・重すぎる・長すぎる綱引き 与那原大綱曳は予想外の結末に|2019年 後編

さすがは「沖縄三大綱引き」。沿道や歩道橋にはたくさんのお客さんがいます。綱の全長は約90m。その重さはおよそ5トンにもなるそうです。勝負はそう簡単に決まりません。西も東も一歩も譲らずに膠着状態が続くこと1分40秒… 突然張り合いがなくなり、今度は綱を引いていたほぼ全員が地面に尻餅をつきました。
観光名人ブログ

予約が取れない定期船・おがさわら丸 繁忙期の小笠原諸島へ行くための手順を解説

小笠原諸島へ行くための交通手段は「おがさわら丸」という船だけ。しかし、この船の予約を取るのがなかなか難しいのです。GWやお盆、年末年始など、長期休暇を取りやすい繁忙期は、おがさわら丸の予約は争奪戦となります。この記事では、小笠原諸島に行くための手順を徹底解説します。
島活in与論島

マルエーフェリー・波之上 本部から乗船 船内を散策|2019年8月与論島旅行記 その2

沖縄から与論島に向かうため、本部港から船に乗りました。今回私が乗船したのは「フェリー波之上」です。沖縄~奄美群島~鹿児島を結ぶ航路は、4つの船によって、ほとんど毎日運航されています。時刻や運賃は4船とも同じ。船内には椅子やソファーがあるので、のんびり海を眺めながら、優雅な気分で船旅を楽しむことが出来ます。
南国日記~沖縄移住の記録~

【沖縄三大綱引き】「与那原大綱曳」に参戦!参加費無料で記念Tシャツがもらえる|2019年 前編

今回参戦した与那原大綱曳も440年以上の歴史と伝統があるそうです。チームは「西(いり)」と「東(あがり)」に分かれており、私は知り合いがいる”西”のチームに入ることなりました。赤いバンダナとTシャツは参加者全員にプレゼントされます。
島活in与論島

本部から与論がおすすめ!奄美・沖縄交流割引プランを利用する|2019年8月与論島旅行記 その1

フェリー波之上が停泊する那覇港に立ち寄りました。この船は午前7時に那覇を出港し、約2時間後に本部港へ寄港します。今回の乗船券は、WILLER TRAVELのサイトから予約・購入しました。こちらから購入すると「奄美・沖縄交流割引プラン」が適用され、那覇よりも本部から乗船した方が、与論島までお得に行くことが出来ます。
初めての小笠原諸島

【台風でも欠航しない】おがさわら丸の運航状況で台風の強さが分かる 他の島の船と比べてみた

台風の影響で各地の離島航路が欠航している中で唯一、運航している船を見つけました。東京都心から南へ1000km。小笠原諸島へ向かう「おがさわら丸」です。2018年の欠航回数は1回だけ。台風でも欠航しない「おがさわら丸」。そのため、運が悪いと、物凄く揺れる「地獄の定期船」と化した船に乗ることとなるので注意が必要です。
原付の旅

原付で沖縄本島を1周しようとしたら、国頭村の山奥で原付が故障した|2019年 沖縄旅行記その5

沖縄本島南端・喜屋武岬から、原付で沖縄本島1周を目指す旅。辺戸岬を通過し、国道58号線を南下している途中で、なんと原付が故障してしまいました。最北の地・国頭村で、原付を修理してもらえそうなお店もなく… こうなったら原付を押して歩くしかありません。何とか大宜味村までやって来たところで、1台の車が横に止まりました。
沖縄コーヒー

手作りカフェ建設のボランティア!ご褒美は深煎りのコーヒー|沖縄コーヒー 2019年夏

安里おじいによると、今年は例年よりも、沖縄を直撃するような強い台風が少なく、いい天気の日が続いたのこと。コーヒーの成熟は例年より早いそうです。続いては、コーヒーを味わうための場所、カフェ建設予定地へ!更地の状態から、重機などは使わず、おじいが1人で作っているから驚きです。
タイトルとURLをコピーしました