【沖縄三大綱引き】「与那原大綱曳」に参戦!参加費無料で記念Tシャツがもらえる|2019年 前編

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「沖縄の三大綱引き」のひとつ『与那原大綱曳』に参戦してきたのでその様子を綴ります。

沖縄と綱引き

旧暦の6月~8月(新暦の7月から9月頃)にかけて、沖縄県内の各地で綱引きが開催されます。

「綱引き」は誰もが一度は、学校の運動会などで経験したことがあると思います。しかし、沖縄の綱引きは、皆さんが想像するような綱引きとは少し違います。

f:id:beautifuldreaman:20190811122933j:plain

何の写真?と思うかもしれませんが、これが綱引きで使う【綱】です。

綱を握れませんよね(笑)

f:id:beautifuldreaman:20190811123018j:plain

綱の上に人が乗ってます。これぐらい太いのです。

f:id:beautifuldreaman:20190811123126j:plain

その目的は五穀豊穣や雨乞い、子孫繁栄、大量祈願など地域によって様々。

町や集落を二分して争い、勝利した地区がその年の「吉」や「縁」を得る(いいことがある!)ということもあるそうです。

ちなみにタイトルにある【沖縄三大綱引き】は、与那原大綱曳の他、糸満・那覇の綱引きとなります。

那覇大綱挽は世界中から人が集まり、1995年には参加人員27万人(米藁で製作された世界一の綱)としてギネスにも認定されています。

沖縄で綱引きがここまで盛んだったとは… 全然知りませんでした。

今回参戦した与那原大綱曳も440年以上の歴史と伝統があるそうです。

予約不要・参加費不要

f:id:beautifuldreaman:20190811123542j:plain

綱引きが始まるのは午後5時ですが、その2時間前には会場に到着。

f:id:beautifuldreaman:20190811123606j:plain

チームは「西(いり)」と「東(あがり)」に分かれており、私は知り合いがいる”西”のチームに入ることなりました。

f:id:beautifuldreaman:20190811123640j:plain

路地に入るとすでに多くの人がおり、その真ん中には大きな綱が置かれています。

f:id:beautifuldreaman:20190811123723j:plain

演舞などが行われているのですが、よく見えません… でも、これは見世物ではなくこれは地域の伝統行事ですから、それでいいのでしょう。

開始予定の1時間半前。 会場はなんとなくわいわいとした感じです。

参加に際して事前申し込みなどは不要。時間までに何となくその場にいればOKです(笑)

意外なことに、欧米系の方が多い印象でした。

赤いバンダナとTシャツが渡される

時間になるとまずは「肩パット」を渡されます。ただ、これを渡されたところで、どのようにして使うのかは理解出来ていませんでした。

「綱を運ぶだけでしょ」私はそう思っていたのです。

赤いバンダナです。これをみんなで頭に巻いて「西」チームの士気を高めます。

そうするとこんな感じになります。皆さん肩パットを装着し、赤いバンダナを頭に巻いています。

そして、最後に渡されたのが…

この赤いTシャツです!

赤いバンダナとTシャツは参加者全員にプレゼントされます。

準備が整ったところでいよいよ出陣です! 

.

ということで今回はここまで。本日もありがとうございました。

.

【フォロワー1000人】目指す!
本日の結果
Twitter 213人  Instagram 783人

移住227日目終了。

コメント

タイトルとURLをコピーしました