大兼久海岸から百合が浜へ!行けず…条件が合いませんでした|2019年8月与論島旅行記 その6

島活in与論島

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2019年8月「与論島旅行記」その6をお届けします。

★前回の記事★

与論城跡からの景色

前日の嵐と打って変わって、与論島2日目はよく晴れてくれました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 20191001063619-1024x576.jpg です

こちらは与論城跡からの景色。

15世紀初期、琉球の北山王三男・オーシャンが築城を進めましたが、途中で中山と北山の王が滅亡したため、中止となった未完成のお城です。

こうした歴史からも、与論島は昔から琉球の影響を受けていたことが分かります。

与論城跡には「琴平神社」があります。

中では「与論島のくらし」が写真で展示されており、島の歴史を知ることが出来ます。

いつの時代か分かりませんが、こちらは与論一の繁華街を写した写真です。

白黒写真だと分かりませんが、今も昔もきっと、海の美しさや空の青さは変わらないのでしょうか。

f:id:beautifuldreaman:20191005174056j:plain

ということで、いよいよ与論島を代表するビーチ「百合ヶ浜」へと向かいます。

大兼久海岸から百合が浜へ

f:id:beautifuldreaman:20191005174426j:plain

与論島といえば有名なのが、毎年3月に開催される「ヨロンマラソン」。

どうやら本番の前日から相当盛り上がるようなので、ぜひ一度参加してみてみたいものです。

★参考:ヨロンマラソン中止の与論島旅行記★

f:id:beautifuldreaman:20191005174456j:plain

このカーブから見えているのが、百合ヶ浜の最寄りの大兼久海岸です。

ここからの景色は奄美十景のひとつに数えられています。

f:id:beautifuldreaman:20191005174525j:plain

百合が浜へはここからボートで行くことが出来ます。

ちなみに、本来の予定ではこのキャンプ場で野宿する予定でした。

f:id:beautifuldreaman:20191005174554j:plain

時刻は9時半。

百合が浜は大潮の干潮時にだけ出現するビーチです。この日の干潮は14時50分頃ということで、百合ヶ浜に行くことが出来るのは12時半からとなっています。

f:id:beautifuldreaman:20191005174626j:plain

沖縄へ帰る船は14時なので、天気は晴れたものの、百合ヶ浜へ行くことは出来ませんでした

★参考:百合が浜が出現する条件★

f:id:beautifuldreaman:20191005174809j:plain

完全に調査不足でした。

しかし、沖縄在住の特権として「またいつでも来ればいいや」と言うことが出来ます。

沖縄・本部港から与論島までは、往復約3000円しかかかりません。

f:id:beautifuldreaman:20191009051424j:plain

私と一緒に来ていた友人は「どうしても百合ヶ浜に行きたい」ということで、与論島にもう1泊することになりました。

f:id:beautifuldreaman:20191005174652j:plain

百合が浜の手前にある、大兼久海岸もなかなか綺麗です。

港で船が来るのを待つ

港にやってきました。

f:id:beautifuldreaman:20191005174718j:plain

朝のカフェで出会ってから、島中を案内していただいたDさんともここでお別れです。

どうやらDさんは、MEEDAFU’S YUI HOSTEL and COFFEEのオーナーに、コーヒー1杯サービスという条件で、私たちを案内するようお願いされていたようです。

この粋な計らいには一本取られましたね。

f:id:beautifuldreaman:20191005174923j:plain

船が来るまでまだ時間があったので、港周辺をぶらぶらと。

そのうち空に雲がかかり、雨が降ってきたと思ったら…

f:id:beautifuldreaman:20191005174948j:plain

また晴れました。

よく分からない天気なので、港の待合室に戻ると、知らない番号から電話が来ました。

電話に出ると、朝のカフェで出会った島民Tさんでした。

f:id:beautifuldreaman:20191009052437p:plain

ということで、今度はTさんの車に乗せられてしまいました(笑)

「知らない人には付いて行ってはダメ」というのは常識ですが、旅先ではどんな経験が出来るのかと、つい期待してしまいます。

まずは昼食をご馳走していただけることとなりました。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました