コーヒーの実から豆を取り出す作業を見学 | 沖縄コーヒー農園 2019年10月 旅行記

沖縄コーヒー

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は「沖縄コーヒー農園 2019年10月編」をお届けします。

★前回の記事★

カラフルなコーヒーの実

今回は収穫したコーヒーの実から、コーヒー豆を取り出す作業を見学させていただきました。

f:id:beautifuldreaman:20191112054627j:plain

コーヒー農園に到着すると、すでに収穫したコーヒーの実が用意されていました。

カラフルな色合いなのでインスタ映えも間違いないですね。

f:id:beautifuldreaman:20191112054838j:plain

看板犬のボスは今日も私を歓迎してくれました。ちなみに左側に映っているのが私の原付です。

本当は仕事前の早朝などに毎日通えたらいいのですが、私の家からコーヒー農園までは、原付で4時間近くかかっています(笑)

それで月に1度しか、通うことが出来ていないのです。

f:id:beautifuldreaman:20191112055231j:plain

「睡眠薬が入っているから」 と言って、安里おじぃが出してきたのが、この日のウェルカムドリンク(笑)

手作りのパッションフルーツティーです。

葉や茎に含まれる「アピニゲン」というフラボノイドの成分で、精神安定と安眠の効果があるとかないとか。味はほんのり甘い紅茶。美味しいです。

コーヒーの実からコーヒー豆を取り出す

f:id:beautifuldreaman:20191112060554j:plain

まずはおじぃのレクチャー。こうして黒ずんでいるのが日焼けした実。

例年は11月中旬から収穫らしいのですが、今年は台風の影響がなく、晴れている日が多かったので、成熟が早かったのではないかということです。

f:id:beautifuldreaman:20191112061002j:plain

このマシーンを使って豆を取り出します。

f:id:beautifuldreaman:20191112061105j:plain

ここにコーヒーの実を入れると

f:id:beautifuldreaman:20191112061214j:plain

このように豆と皮が分離され、豆は金網を通り抜けて落ちてゆき、皮だけが網に引っ掛かるという仕組みです。

f:id:beautifuldreaman:20191112061556j:plain

ただ、やっぱり最後は手作業です。

金網に引っ掛かった皮に豆がまだ残っているので、手でひとつひとつ取り出していきます。

f:id:beautifuldreaman:20191112061802j:plain

そして今回取り出した豆がこちらです。

ただ、この豆をすぐに焙煎して飲むことは出来ず、数日間天日干しする必要があります。

手間がかかるコーヒーは奥が深い

f:id:beautifuldreaman:20191112061952j:plain

天日干しした豆はこんな風にして、冷蔵庫で保存しています。

f:id:beautifuldreaman:20191112062136j:plain

右側が9月に私が焙煎した豆で淹れたコーヒー、左側がこのときに焙煎したコーヒーです。

味はどちらも美味しいのですが(私が違いを分かっていないのだと思います 笑)、明らかに色が違いますね。

最後に10月21日現在のカフェの様子です。

f:id:beautifuldreaman:20191112063507j:plain

今回もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました