島の夕食と朝食をご紹介 噂の与論献奉を体験する|2019年12月与論島旅行記 後編

島活in与論島

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2019年12月「与論島旅行記」後編をお届けします。

★前回の記事★

Tさんの秘密基地

Tさん・中田さんが島のガイドツアーから帰ってきました 。

f:id:beautifuldreaman:20200119212214j:plain

何やら熱く語り合っていたので、その輪に混ぜていただきます。

話の内容はTさんの夢

簡単にまとめると、Tさんの夢は自分の農園でパーマカルチャー(持続可能な農業)の仕組みを作ることだそう。

f:id:beautifuldreaman:20200119213229j:plain

Tさんの家の庭には、たくさんのヤシの木があります。

ただ、これらの木々は放置された状態なので、メルカリで売ったり、ハンドメイドで作品を作ったり、 好きに使ってOKとのこと。

f:id:beautifuldreaman:20200122050051j:plain

写真は農園の一角にある、よく分からないスペース。

ここにツリーハウス作りたい!という話もしていました。

f:id:beautifuldreaman:20200122050122j:plain

Tさんに連れられ、海へやってきました。

ここにTさんの秘密基地があるというのです。

f:id:beautifuldreaman:20200122050154j:plain

それがこちら。

与論島にはこうした洞窟が多いそうです。

f:id:beautifuldreaman:20200122050016j:plain

何やかんやとしているうちに、17時半となりました。

少し早いですが、夕食を食べに行きます。

与論島で夕食 与論献奉を体験

f:id:beautifuldreaman:20200122052525j:plain

Tさんの車に乗せられやってきたのは「あぐん茶」という、ちょっぴりお洒落な居酒屋さん。

いただいたのはこちらの魚料理

f:id:beautifuldreaman:20200122053140j:plain

魚の名前は忘れましたが、とても美味しかったです(食レポ下手)。

思えば、沖縄という島に住んでいても、普段なかなか魚を食べないので、久しぶりの魚料理でした。

ちなみに、支払いには「地域商品券」を使いました。

f:id:beautifuldreaman:20200122053219j:plain

ただ、魚だけでは物足りないということで、2軒目にやって来たのは「やぐら」というお店。

f:id:beautifuldreaman:20200122053254j:plain

こちらはなんと、時間無制限バイキング800円

もちろん食べ残しはNGです。

お料理の種類も豊富で、どんどん皿が出てくるので、「本当にいいの?」 と、つい心配をしてしまいます。

f:id:beautifuldreaman:20200122053337j:plain

バイキングに夢中になっていると、他のお客さんから声をかけられました。

その方は手に一升瓶を持っています。

何かと思ったら、これが噂の与論献奉です!

f:id:beautifuldreaman:20200125060356j:plain

wikipediaによると、与論献奉とは「客人をもてなすための儀式」。主人から順に口上を述べてから、島の焼酎「島有泉」を飲み干します。

ただ、Tさんはお酒を飲めません。

そんな時は主人(言い出しっぺ)が飲み干すというような… 暗黙のルールが諸々あったりします。

私は別の旅先で、与論献奉の噂を聞いていましたが、与論献奉を体験するのは初めてでした。

f:id:beautifuldreaman:20200125063151j:plain

この日はTさんの家に泊まるので、夕食を終えてTさんの家に戻ります。

その前にスーパーに立ち寄りました。旅先のスーパーでは、地域の日常が見られて面白いです。

野菜に直にシールが貼られているのはあまり見かけないような気がします。

f:id:beautifuldreaman:20200125063411j:plain

与論の街中にある歩行者用信号機は、夜になると消えてしまうようです。

f:id:beautifuldreaman:20200125063531j:plain

Tさんの家に戻ってきました。

この日私はここで寝ます。ドアも窓もありません(笑)

外で寝るのと何ら変わりませんが、ベッドも毛布もあるので全然寝ることが出来ます。

朝食はMEEDAFU´S YUI HOSTEL and COFFEE

f:id:beautifuldreaman:20200131140855j:plain

2日目は生憎の曇り空からスタート。

朝食はMEEDAFU´S YUI HOSTEL and COFFEE

与論島で食べる朝食の定番となっています。

f:id:beautifuldreaman:20200131140803j:plain

このカフェには、朝から島の人や観光客が集まります。

そうした人たちとのコミュニケーションも楽しみのひとつです。

f:id:beautifuldreaman:20200131140529j:plain

中田さんはYoutubeを撮影しながら。

いま流行りのVlogです。

f:id:beautifuldreaman:20200131141037j:plain

島バナナが置かれていました

「好きに取って食べていい」とのことで、私も1本もぎっていただきました。

船が出るまでの過ごし方

Tさんの家に戻ってきました。

天気が悪いので午前中は個人的な作業をすることに。

f:id:beautifuldreaman:20200131141300j:plain

ドアも窓もないワイルドな小屋ですが、周囲は木に囲まれているので、風が入ってくることはなく、また雨漏りもありません。

何よりWi-Fiが繋がるのがありがたいです。

f:id:beautifuldreaman:20200131141752j:plain

Tさんもコーヒーを持ってやってきました。

おしゃべり好きのTさんなので、コーヒーを飲みながらゆんたくをしていると、あっという間にお昼になってしまいました。

f:id:beautifuldreaman:20200131142119j:plain

昼食を買うため、スーパーにやってきました。

f:id:beautifuldreaman:20200131142119j:plain

アルフォートがなんと343円!

これが島暮らしの現実です。

f:id:beautifuldreaman:20200131142350j:plain

私がお昼にご飯に選んだのは、ポークたまごタカナ

ポークたまごおにぎりと言えば沖縄の定番ですが、与論島(鹿児島県)の生活にも根付いていることが伺えます。

f:id:beautifuldreaman:20200131143925j:plain

地域商品券はお釣りがもらえません。

そんなときはブラックサンダーでうまい具合に調整するのがおすすめです。

さらば与論島!

沖縄に向けて、船が与論島を出港するのは14時過ぎ。

f:id:beautifuldreaman:20200131143741j:plain

港へ行く途中、ヨロン駅に寄り道。

観光客には人気のスポットですが、Tさんは1mmの興味も示しません。

f:id:beautifuldreaman:20200131142630j:plain

そして別れの時。

Tさんと中田さんは固い握手を交わしました。

中田さんは年末年始も与論島で過ごします。

f:id:beautifuldreaman:20200131143622j:plain

本部港には16時半頃に到着しました。

雨が降っていますが、私はここから4時間近くかけて、原付で沖縄本島南部にある自宅まで帰ります。

もうすっかり慣れました。が、帰り道で原付が壊れました

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました