2020-03

旅の思い出

世界遺産に登録された野崎島。隠れキリシタンの廃墟群を歩く|2017年旅行記その4

五島列島の北に位置する野崎島。現在の住民は「自然学村塾」という、島で唯一の宿泊施設を管理している方そのひとりだけ。しかし、ここはただの廃墟群ではなく、かつて潜伏キリシタンが、信仰を守り生活を送っていた地として、2018年、世界文化遺産に登録されました。小さな島に教会も神社もあるのは、日本人の宗教観を象徴しているようにも思えます。
対馬旅行記

雨が降ってもいい雰囲気。姫神山砲台跡が素晴らしかった|2020年 長崎・対馬旅行記 その8

対馬は国境の島として要塞化が進められ、明治20年から昭和20年までに30箇所の砲台が建設されました。姫神山砲台は日露戦争に備えて作られたものです。今から100年以上前に作られたレンガ造りの建物が今も残されているのです。どこを切り取っても、フォトジェニックな写真を撮ることが出来ます。
2019年→2020年 年末年始の旅

何時間遅れるか 揺れる冬のおがさわら丸に乗船|2019年→2020年 年末年始の旅 旅行記14

冬のおがさわら丸は、東京到着が遅れることが多いです。果たして、何時間の船旅になるでしょうか。日没後、早々に船が揺れ始めたので、夕食も食べず寝てしまいました。揺れる船でぐっすりは眠れず、寝たり起きたりを繰り返していました。翌朝9時過ぎ、おがさわら丸は1時間遅れとなっていました。
旅の思い出

ほぼ無人化した野崎島。ガイドツアーもある!プライベートビーチは寒かった|2017年旅行記その3

野崎島は無人島なので、人が生活を営んでいる島とは違う景色を見られます。柵が崩壊しており、この先に進むことはできません。野崎島には、かつて3つの集落があり、昭和30年代には約650人前後が暮らしていたそうです。2001年、最後の住民であった沖ノ神嶋神社宮司が島を離れたことで、野崎島はほぼ無人島化しました。
対馬旅行記

日本最強の城・金田城跡へ!城山トレッキング 山頂からの絶景と砲台跡|2020年 対馬旅行記 その5

まず目指すのは「金田城跡」です。「あなたも絶対行きたくなる!日本『最強の城』スペシャル」第4弾」において、日本最強の城に選出されています。 金田城は、戦国時代のお城のように、地元の権力者が築いた城ではなく、大和政権によって築城された城です。山頂からは大パノラマが広がり、山頂のすぐ近くには砲台跡が残されています。
南国日記~沖縄移住の記録~

グスク(城)を1日で巡る旅 世界遺産で沖縄・琉球の歴史を知る 絶景もおすすめ

沖縄には「グスク(城)」と呼ばれる建造物の跡が、各地に点在しています。日本の一般的な城の形とは異なり、石積みの要塞のような、遺跡ともいえる外観です。尚巴志による統一以前、琉球王国より前の時代を、沖縄では「グスク時代」と呼びます。グスクを巡ることで、沖縄の歴史に触れる旅はいかがでしょうか。
旅の思い出

総工費2億円! 無人島・野崎島にある赤レンガの教会「旧野首教会」|2017年旅行記その2

やってきたのは「離島待合所」。この日は野崎島へ渡ります。野崎島は現在、ほぼ無人化した島。島には旧野首教会があります。教会がある野首集落には、かつて17世帯の潜伏キリシタンが移り住んだと言われています。教会内の撮影はNGですが、扉の鍵は開いており、中は自由に見学することが出来ます。
旅の思い出

博多から五島列島へ!その前に東洋のナイアガラ「原尻の滝」|2017年旅行記その1

福岡空港から歩いて博多駅へやって来ました。ここからは五島列島へと向かいますが、フェリーの出港は夜。まだ時間かなりあるので、日中はレンタカーを借りて大分県に上陸しました。これにより私は『47都道府県上陸』を果たしたのでした。20時頃レンタカーを返し、歩いてフェリーターミナルへ。 目が覚めると、小値賀島に到着していました。
2019年→2020年 年末年始の旅

着発便!日帰りで小笠原諸島・父島を旅してみた|2019年→2020年 年末年始の旅 旅行記13

今回は着発便のおがさわら丸で、元旦の小笠原諸島・父島に上陸。日帰りのため、滞在時間は約4時間でしたが、「ウミガメの放流」「初泳ぎ」「初詣」「ホエールウォッチング」をコンプリートすることが出来ました。普段のおがさわら丸は、父島到着後、そのまま島に停泊するため、日帰り滞在は出来ません。
初めての小笠原諸島

感動のお見送り!帰りのおがさわら丸 24時間の過ごし方|初めての小笠原諸島 旅行記最終回

いよいよ出港の時がやってきました。港には多くの人たちが集まり、小笠原太鼓の勇壮な調べが響きます。他の離島では見られないような活気です。父島へ向かうおがさわら丸では、1人船酔いと戦っていましたが、帰りは賑やかで楽しい時間でした。帰りの24時間は、現実に戻るために必要な時間、思い出を熟成させるための時間と言えるでしょう。
対馬旅行記

対馬・厳原港到着!歩いて市街地へ ハングルの看板と韓国の関係|2020年 対馬旅行記 その4

対馬・厳原港に到着しました。、港から1kmほど歩き市街地までやって来ると、離島っぽさはあまりなく、思っていたよりも都会で、車通りも多いです。厳原を歩いていると、「ハングル併記」の看板が多く見られました。この背景には最近の対馬に、韓国からの旅行者が多く訪れていたことがあります。対馬と朝鮮の関わりは昔から強いものでした。
2019年→2020年 年末年始の旅

超貴重!おがさわら丸船内で年越し&初日の出|2019年→2020年 年末年始の旅 旅行記12

2019年の大みそか、時刻は23時半過ぎ、私はおがさわら丸の船内にいました。大みそかに竹芝桟橋を出港する便が設定されることは滅多にありません。この便では、船内で年越しをした後、数時間後には、太平洋から昇る初日の出を見ることが出来るのです。小笠原ファンが羨むであろう貴重な体験をして、あとは島が見えるのを待つのみ。
旅の思い出

【大久野島の旅】島旅初心者におすすめ!ウサギだらけの無人島、別名「毒ガスの島]|2017年旅行記

この島はウサギの島として有名です。忠海港から大久野島まではフェリーで15分ほど。フェリーは1時間に1、2便運航しており料金は往復で620円です。あっという間に島へ到着。さっそく、ウサギを探しま…あれです、もう探すとかそういう次元じゃないです。めっちゃウサギいます。まるで奈良公園のシカのようです。毒ガス資料館もあります。
島活in与論島

大学生が行く初めての与論島!1泊2日 島時間の過ごし方をご紹介|2020年2月与論島旅行記

今回の島旅は、私の知り合いの大学生が与論島を旅した時の様子です。彼らから届いた写真をもとに、1泊2日、与論島での過ごし方をご紹介します。沖縄に帰ってきてから感想を聞くと「疲れた…笑」とのこと。その理由を聞くと「何か色々やって」というお返事が… ゆっくり流れるのだけが『島時間』ではないということです。
対馬旅行記

揺れるフェリーちくし乗船!博多港出港 レトロな船内を散策|2020年 対馬旅行記その2

フェリーちくしは博多港を出港しました。 フェリーちくしの就航は1994年。随所にレトロ感が感じられます。古い船ですが、船内のWi-fiはサクサクでした。 博多港を出港して約2時間、長崎県・壱岐島に到着。船がなかなか揺れるので、あまり寝ることが出来ません。波にぶつかると、「どぉぉーん」という轟音が船内に響いていました。
タイトルとURLをコピーしました