大学生が行く初めての与論島!1泊2日 島時間の過ごし方をご紹介|2020年2月与論島旅行記

島活in与論島

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2020年2月【与論島旅行記】をお届けします。

★1月編はこちら★

大学生2人、初めての与論島

今回の島旅は、私の知り合いの大学生が与論島を旅した時の様子です。

彼らから届いた写真をもとに、1泊2日、与論島での過ごし方をご紹介します。

f:id:beautifuldreaman:20200221090457j:plain

旅の始まりは快晴の本部港から。

今回与論島を訪れるのは、東京と新潟の学校に通う大学4年生の2人。彼らはこれが初めての与論島です。

ちなみに、那覇から本部までは、うちなーガイドの「まっしー」さんに送っていただきました。

★参考:那覇より本部港乗船がおすすめの理由★

与論島に到着し、港でTさんと合流。

f:id:beautifuldreaman:20200221120934j:plain

まずは昼食。

青い珊瑚礁で与論島名物「もずくそば」を食べるのは定番の流れです。

f:id:beautifuldreaman:20200304092741j:plain

昼食の後は、Tさんによる与論島ツアー。

どうやらTさんの趣味である、洞窟探検に連れて行かれたようです(笑)

f:id:beautifuldreaman:20200221132436j:plain

洞窟の目の前に海が広がるヨロンブルーを独り占め。

晴れていると、本当に美しいです。

私が与論島に行く時は、なぜか晴れ間が一瞬しかありません。基本的に曇っているか、雨が降ります。

何度も足を運んでいるのに、まだ与論島の星空も見ることが出来ていません(涙)

島の人と交流する

旅先で「現地の人との交流を楽しみたい」と思っている人は多いのではないでしょうか。

f:id:beautifuldreaman:20200304093021j:plain

そんなときはお手伝いが手っ取り早いです。

彼らは今回、Tさんの家に泊まるので、一宿一飯の恩義として、Tさんの家のリフォームをお手伝いすることとなりました。

ちなみに2人とも、DIY的なことをやるのは初めてとのこと。

f:id:beautifuldreaman:20200304093038j:plain

植樹も行ったようです。

「与論島に自分の木がある」

となると、その木の成長をみることが、今後も島に来る理由のひとつになります。

夕陽を見るため海へ

f:id:beautifuldreaman:20200221180629j:plain

黄昏の時間は浜辺で過ごしたようです。

【島活】第二弾OP!! 記念すべき一期生との弾丸ツアーをお楽しみに‥!

この動画は当日の様子を、中田さんが編集したもの。

そういえば星空もそうですが、私はまだ与論島で、夕陽を見ることも出来ていません(涙)

f:id:beautifuldreaman:20200304093233j:plain

優しい海風に吹かれて、夕陽を見ながらハンモックに揺られる…

これはもう、誰もが一度は夢にみるシチュエーションですね。

彼は半袖ですが、まだ2月です。

f:id:beautifuldreaman:20200221184133j:plain

水平線に太陽が沈んだ後、マジックアワーはヨロン駅にも訪れたようです。

ここは天の川を走る銀河鉄道の始発駅です。

f:id:beautifuldreaman:20200221190220j:plain

そして夜は居酒屋へ。

与論島は小さな島ですが、夜も空いている飲食店がいくつかあります。

これにて与論島滞在1日目は終了

2日目は朝カフェとブルーチャージから

2日目の朝、6時30分。

f:id:beautifuldreaman:20200222063442j:plain

MEEDUF’S YUI HOSTEL and COFFEEでモーニング。

朝早い時間にここへ行くと、島民の常連さんとお話しすることが出来ます。私がTさんと出会ったのもここです。

f:id:beautifuldreaman:20200222075428j:plain

モーニングの後は海へ。

朝からヨロンブルーでブルーチャージ

波の音を聞きながら朝陽を浴びる贅沢な時間です。

f:id:beautifuldreaman:20200222092715j:plain

そして午前中はまた植樹、2日連続で植樹。

台風に負けず育つ木になってほしいですね。

f:id:beautifuldreaman:20200222111045j:plain

そしてまた洞窟へ。

ヨロンブルーとはまた違う、荒々しい波が岸壁に打ち付けるスポットです。

f:id:beautifuldreaman:20200222101408j:plain

これは何をしている写真でしょうか。クライミング?

f:id:beautifuldreaman:20200222103513j:plain

こちらはオオゴマダラという、日本最大級の蝶です。

白黒のまだら模様が特徴で、日本だと喜界島と与論島以南の南西諸島(沖縄)に生息しています。

f:id:beautifuldreaman:20200222103312j:plain

そのサナギは「金色」で美しいと知られています。

金色である理由は、他の動物に「毒を持っている」ことをアピールするため。

オオゴマダラは、幼虫の時に毒のある植物を食べて、体内にその毒素をため込んでいるのです。

昼食、そして出港 どたばたの島時間

f:id:beautifuldreaman:20200222120636j:plain

急におしゃれな写真になります。

南国リゾート感満載です

f:id:beautifuldreaman:20200222123105j:plain

昼食はこちら。

直前まで洞窟を探検していた人たちの昼食とは思えません。

f:id:beautifuldreaman:20200222125634j:plain

デザートもまたおしゃれ。

与論島では自然だけでなく、こうしたグルメを楽しむことも出来ます

f:id:beautifuldreaman:20200222140724j:plain

そして午後14時、お迎えの船がやって来ました。

f:id:beautifuldreaman:20200222142352j:plain

沖縄に帰ってきてから感想を聞くと「疲れた…笑」とのこと。

その理由を聞くと「何か色々やって」というお返事が… ゆっくり流れるのだけが『島時間』ではないということです。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました