対馬から韓国・釜山の夜景が見えるらしい 韓国のラジオも聞ける|2020年 長崎・対馬旅行記 その10

対馬旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は【島旅・2020年 長崎・対馬旅行記】その10をお届けします。

★その9はこちら★

日本最北西端から韓国は見えるか

対馬野生生物保護センター日本最北西端証明書をゲットして、ツシマヤマネコを見ることが出来ました。

センターの入口にはこんな看板が置かれていました。

韓国は見えません

棹崎(さおざき)展望台は、野生生物保護センターの裏にあります。天気がいいと、そこから韓国が見えるらしいです。

ちなみにこの日は1月29日。

28日のままになっているので、きっと前日は見えておらず、スタッフの方がこの日の更新を忘れていたのでしょう。

もしかしたら見えるかもしれません。

こちらが棹崎展望台にある日本最北西端の碑

晴れていれば夕陽も綺麗だと思われます。

雨は止んでいますが、曇っていて、冷たい風が吹いています。

年中風が強い場所なのでしょう。

木も風になびくような形で成長しています。

立派なソテツがあるここも砲台の跡

砲台の跡は対馬のあちこちに点在しており、その数は30以上にもなると言われています。

看板などはないので、どの方角に韓国が見えるのか分かりません。

こちらではなさそうです。

沖に船がいます。

その背後にうっすらと島影が見えるような…

こちらの方角も船がいるのは確認できますが、韓国は見えません。

ということで、島の最北部にある「韓国展望所」という場所に移動します。

韓国のラジオが聴ける!?

棹﨑公園から韓国展望所へ移動します。

時刻は16時半。この日の対馬の日没は17時49分。

ということを、この写真で伝えたかったのではなく…

車のラジオをザッピングしていたら、韓国のラジオが入りました外国に近い場所にいることを実感します。

カーナビで指定された道を走っていたら、もう少しで到着というところで通行止めになっていました。

グーグルマップを確認し、別の道からアプローチします。

韓国展望所から韓国は見えるか

韓国展望所に到着しました。

ここから韓国・釜山市が見えるらしいです。

こちらが展望所。

相変わらず曇っており、私以外誰もいません。

まあ、この天気だと見えないですよね(笑)

私が思い描いていたイメージでは、ここで海に沈む夕陽を見て、海の向こう側にぽつぽつと明かりが灯り始める、という感じ。

「海の向こうは異国」ということを、体験したかったのです。

韓国までは約50km。 いや、韓国というよりも大陸まで。

博多よりも大陸の方が近いのです。

天気などの条件が揃うと、こんな夜景が見られるようです。

この日は夕陽も夜景も見えませんでした。

国防の最前線・海栗島

雨も降っていたのですが、それでも希望は捨てずに水平線の先を眺めていた時、対岸の島から一艇のボートが対馬にやって来ました。

対馬の北にあるこの島は「海栗島(うにしま)」といい、航空自衛隊の分屯地(レーダー基地)となっています。年に一度のお祭りの時以外、一般人は立ち入ることが出来ません。

国防の最前線といったところでしょうか。

島の名前は、周辺で良質なウニが獲れるところから来ているそうです。

ちなみに、さらに北には「三ツ島(みつしま)」という無人島があり、そこが日本で一番韓国(大陸)に近い島です。

ということで、対馬最北の地から、比田勝へ向かいます。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました