2020-06

南国日記~沖縄移住の記録~

糸満市に浮かぶエージナ島へ 干潮の時だけ歩いて渡れる無人島|2020年 沖縄旅行記

「島行きたいな」と思っていたある日、地図を眺めていると、小さな島を発見しました。その島とは、糸満市にある「エージナ島」です。Google Mapを見ると、沖縄本島との距離が近く、歩いても上陸出来るような感じがします。ということで、潮が最も引く、大潮の干潮の時間を狙って、エージナ島の対岸「北名城ビーチ」へ向かいました。
南国日記~沖縄移住の記録~

アプリを使ってグスク巡り!南山王国と尚巴志の歴史を辿ってみた|2020 沖縄旅行記

主に戦国時代、日本全国に実在した3,000の城がGoogle Map上に埋め込まれており、スタンプラリーが楽めるアプリ「ニッポン城めぐり」。沖縄の城(グスク)も多く登録されていたので、今回はこのアプリを利用し、沖縄本島南部に点在するグスクを巡るとともに、南山王国や南部出身の初代琉球国王・尚巴志の歴史を辿りました。
南国日記~沖縄移住の記録~

日本で唯一!沖縄でアセロラの収穫を体験 ジュースと果実は味が違いました

いちご狩りやブドウ狩りなど、果物の収穫体験はよく聞きますが、アセロラというのは初めてです。「アセロラ」といえばジュースが有名ですが、アセロラの果実を見たことがありません。日本でアセロラの露地栽培が行われているのは沖縄だけ。約30分で容器がいっぱいになるほど収穫し、さらにたくさんお土産を持ち帰ることが出来ました。
南国日記~沖縄移住の記録~

スーパーなエイサーショーとハブショーを見学してきた|おきなわワールド2020旅行記後編

沖縄で生まれ育った方は、このエイサーショーを「エイサーではない」といいます(笑) あくまエンターテインメントです。エイサーショーが終わったら、今度は16時半からの「ハブショー」を見に来ました。これにておきなわワールドの見学は終了!3時間ほどの滞在でしたが、かなりバタバタで時間は全然足りませんでした。
南国日記~沖縄移住の記録~

観光客気分で那覇周辺の人気スポットを巡ってみた|2020年GW 沖縄旅行記

2020年のゴールデンウイーク、コロナウイルスの影響で全国の観光・宿泊は壊滅的な影響を受けました。もちろん沖縄もそうです。むしろ「来ないでほしい」。 そんな空気もある中、それでも沖縄にやってきた観光客の気分で、今回は那覇周辺の観光スポットを巡りました。
旅の思い出

北大東島上陸!平均所得1位 沖縄最東端の島を歩いて見えた歴史と今|2017年旅行記その9

南大東島を出港して約1時間、北大東島に上陸しました。北大東島の開拓は1903年に始まり、1910年から玉置商会はリン鉱採掘事業に着手。今も西港のそばには北大東島燐鉱山遺跡が残されています。北大東島の周囲は18.3km。ぐるっと1周する時間はないので、歩いて沖縄最東端の碑を目指すことにしました。
南国日記~沖縄移住の記録~

日本最南端のテーマパークへ。天然記念物「玉泉洞」が美しかった|おきなわワールド2020旅行記前編

おきなわワールドは沖縄本島の南部・南城市にある沖縄県内で最大規模のテーマーパーク。日本最南端のテーマパークともいえるでしょう。まずは玉泉洞にやってきました。玉泉洞はおきなわワールドの中にある鍾乳洞で、天然記念物にも指定されています。洞窟の中へとやってきました!広くて迫力があります。さっそく歩いていきましょう。
南国日記~沖縄移住の記録~

ジンベイザメがいる!?水槽の上に立ってみたら迫力満点だった|DMMかりゆし水族館 旅行記後編

ガラス張りの水槽の上に立つことが出来ます。足元に、そのフォルムと模様から一瞬「ジンベイザメの子供?」のような生き物がいましたが、これはトラフサメという種類らしいです。もう一匹、似たような見た目のシノノメサカタザメも泳いでいます。バーチャル水槽、つまり映像では、ジンベイザメを見ることが出来ます。
旅の思い出

南大東島上陸!八丈島出身・玉置半右兵衛が開拓したサトウキビの島|2017年旅行記その8

南大東島を含む大東諸島は、今から1800年代前まで無人島でした。そんな島の開発に着手したのが八丈島出身・玉置半右兵衛です。現在も耕地面積の9割がサトウキビ畑であることから「サトウキビの島」と呼ばれており、八丈島の文化も残されています。約6時間という短い滞在時間でしたが、島をぐるっと原付で回ることが出来ました。
南国日記~沖縄移住の記録~

空港から近い!沖縄の新しいエンタメ水族館の楽しみ方|DMMかりゆし水族館 旅行記前編

DMMかりゆし水族館は、道が空いていれば、空港から車で10分ほどで行くことが出来ます。美ら海水族館に比べて、利便性はかなりいいです。「アプリをダウンロードするように」という案内があったので、早速ダウンロード。スマホをかざすと、水槽の紹介ページが出てきます。そして、画面上にある「このエリアのいきもの」を開くと
旅の思い出

フェリーだいとう乗船!片道15時間で大東島へ クレーンに吊るされて上陸|2017年旅行記その7

大東島へ向かうフェリーだいとうに乗船。那覇から大東島までは約15時間の船旅です。大東島にフェリーで行く醍醐味は、島への接岸・上陸方法。船は岸壁から少し離れた場所に接岸するため、人はクレーンに吊るされて島に上陸するのです。ジェットコースターのようなスリルはなく、あっさりしたものですが、名物を体験することが出来ました。
タイトルとURLをコピーしました