火山の島・三宅島を歩いて1周!ダイナミックな自然景観を楽しむ|2018 三宅島旅行記1

三宅島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「2018年 三宅島旅行記」その1をお届けします

★こちらもおすすめ★

橘丸で三宅島へ

2018年4月20日金曜日、時刻は21時30分。

この日は大きなリュックサックを背負って出社し、仕事終わりにそのまま竹芝桟橋へやって来ました。

今回向かうのは三宅島。土曜日に三宅島へ1泊し、日曜日の夜に東京へ戻ってくるプランです。

三宅島の天気は晴れ。今回私は野宿です。リュックサックの中には着替えの他、テントと寝袋も入っていました。

竹芝桟橋のトイレでスーツを着替えて、22時30分発の橘丸に乗船!三宅島までは約6時間半の船旅です。

乗船券はインターネット割引が適用されて片道5690円。三宅島へのアクセスは橘丸の他、調布飛行場から1日1便出ている新中央航空のセスナ機があります。セスナ機は片道17500円とややお高めです。

翌朝5時前、船内放送で目が覚めました。デッキに出ると、朝焼け空の下、三宅島の姿が見えていました。

橘丸は定刻踊り、三宅島・錆ケ浜港に到着。船の揺れも少なく、船内でもよく寝ることが出来ました。

野宿!1周30kmを歩く

下船したら、港で宿の方と合流し、お迎えの車で宿へ向かうのが一般的です。

私は野宿なので、港で待機していた路線バスに乗車し、大久保浜キャンプ場へ向かいます。

大久保浜漁港から見た大久保浜

「大久保浜港」というバス停で降車し、少し歩いて、海辺にあるキャンプ場に到着。こちらを利用する際は事前予約が必要ですが、料金は不要。また、お手洗いや水道もあります。

この日私以外の利用者はおらず。さっそくテントを設営し、荷物を置いて、歩き始める準備をします。

目標は時計回りに歩いて三宅島1周!まだ朝6時過ぎ、距離は約30kmなので、夕方までには達成することが出来そうです。

まずやって来たのは御笏神社。こちらでは、事代主命の后(奥さん)にあたる佐伎多麻比咩命が祀られています。ちなみに事代主命は、伊豆諸島の島々を創ったとされており、三島大社に積羽八重事代主神という名で祀られています。

そのすぐ近くにあるのが、樹齢450年・高さ23mにもなるビャクシンの木(手前)と島役所跡(奥)。島役所跡は、伊豆諸島に現存する木造建築で最古最大の規模を誇り、1534年からこの場所にあるとのこと。そして現在も住居として使用されているそうで、内部は非公開となっています。

続いてやって来たのは椎取神社。こちらには佐伎多麻比咩命が一度に産んだ八王子のうち、「したい」と呼ばれる王子様が祀られています。

それよりも気になるのは周囲を囲む真っ白な木々たち。これらは、火山噴火による火山ガス影響で枯れてしまっているのです。

現在の社殿と鳥居は再建されたもので、本来の鳥居がこちら。2000年の噴火で発生した大量の泥流によって、飲み込まれてしまっています。

枯れた木々の周りにあるのは、2000年の噴火以降に復活した木々たち。三宅島の中心にそびえる雄山(標高775m)は、昔から噴火を繰り返し、島の暮らしや景観に大きな影響を与えてきました。

火山の島 ダイナミックな自然景観

続いてやって来たのは火の山峠園地

ここからは雄山の姿がよく見えますが、火山ガスの放出による立ち入り禁止区域も設けられているため、これ以上近づくことは出来ません。

富士火山帯上に位置する火山島・三宅島。約2500年前の大噴火から12世紀後半まで、現在の雄山を形成する噴火が続いたそうです。過去500年間にも、平均50年に1回の間隔で、13回の噴火が起こっています。

こちらは島を1周する道路沿いにある、標高64mのひょうたん山。1940年の噴火で放出された大量の溶岩・火山弾・スコリア・火山砂などによって、22時間のうちに形成されたそうです。

こちらがひょうたん山の火口。植物も育っており、こちらでの火山活動は落ち着いている様子が伺えます。

新島や式根島、神津島の岩が白っぽいのに対し、三宅島には一面に黒い岩が広がります。これはマグマが地上へ噴出するときの温度の違いによって生じる違いで、温度が低いと白っぽく、高いと黒っぽくなるのです。

そしてマグマの温度が高いと、溶岩の粘り気も弱く、流れやすくなるため、なだらかな地形が形成されます。

直近で雄山が大噴火をしたのは2000年6月下旬から9月にかけて。噴煙の高さは最大で8000mにも達し、さらには火砕流も発生したため、島民約4000人が島外での避難生活を強いられることとなりました。

三宅島への避難指示が解除され、島民の帰島が始まったのは、4年半後の2005年。その後も火山ガスの放出はしばらく続き、全居住地区の規制が解除されたのは2015年のことでした。

こちらはひょうたん山の横にある三七山展望台。GLAYの名曲「HOWEVER」のPV撮影が行われたスポットでもあります。

海の向こうにうっすらと見えているのは御蔵島。火山が織りなすダイナミックな自然景観だけでなく、三宅島と御蔵島の周辺には野生のイルカが棲みついており、ドルフィンスイムも楽しむことが出来ます

ちなみに、以前は観光客にもガスマスクの携帯が案内され、竹芝桟橋でも販売されていたそうです。これだけ大変な環境で、人々はどのような暮らしを送ってきたのでしょうか。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました