2020-08

観光アイデアノート

空港から車で約2時間!沖縄美ら海水族館に観光客が訪れる理由|観光アイデア教科書 vol.3

取り組みそのものが面白くても、「集客」がうまくいかず、収益も上がらないため、取り組みが頓挫してしまうことが多いのが実情です。「なぜこの場所に人が集まるのか」を考察することは、観光地や地域に人を呼ぶ上で、とても重要なことです。今回は『沖縄美ら海水族館』を分析することで、集客についての知見を得たいと思います。
南国日記~沖縄移住の記録~

雨の今帰仁城跡を散策!事前予約で入場割引に|沖縄路線バスの旅 旅行記その4

今帰仁城跡にやってきました。直前にアソビューで前売りチケットを購入したので、入場料は20%割引です。雨が降ってきたので、傘を差しながら、今帰仁城跡を散策します。見学コースに沿って歩いていると、いよいよ雨も本降りになってきました。今帰仁城跡は首里城に次ぐ大きさですが、滞在時間は約30分でした。
利島・伊豆大島旅行記

【利島・伊豆大島の旅】 伊豆大島の町営牧場と与那国馬。離島に日本最大級の動物園がある!?~2018年 旅行記最終回

ブログをご覧いただきありがとうございます。 本日は2018年の「利島・伊豆大島旅行記」最終回をお届けします。 これまでの旅の思い出を振り返るシリーズです。 ★前回の旅行記★ 夜ご飯は手作りの島寿司 利島から伊豆大島に上陸。 裏砂漠を満喫した後は、海で...
南国日記~沖縄移住の記録~

名護・大家(うふやー)の古民家で沖縄そばの昼食 ボリューム満点|2020 旅行記その3

古宇利島から、昼食を食べるためにやってきたのは、名護市にある「大家(うふやー)」です。そして出てきたメニューはこちら!沖縄そば定食。沖縄そばの定食を頼むと、ジューシーという、沖縄風炊き込みご飯がセットで付いてくるのがスタンダード。そのボリュームに圧倒されます。完食。ボリュームたっぷりなのでお腹いっぱいです。
利島・伊豆大島旅行記

【利島・伊豆大島の旅】さるびあ丸で利島から伊豆大島へ!裏砂漠でワイルドな自然を体験する ~2018年 旅行記その4

ブログをご覧いただきありがとうございます。 本日は2018年の「利島・伊豆大島旅行記」その4をお届けします。 これまでの旅の思い出を振り返るシリーズです。 ★前回の旅行記★ 海が見える小中学校 宮塚山から下りてきました。船が来るまであと1時間ほどあります。...
南国日記~沖縄移住の記録~

ここは東南アジア?赤墓ビーチから今帰仁城跡まで歩く|沖縄路線バスの旅 旅行記その3

赤墓ビーチは、ネットで「穴場ビーチ」として紹介されており、知る人ぞ知る絶景スポットになっています。赤墓ビーチはこの辺にして、私は次の場所へと向かうことにします。続いては、世界遺産・今帰仁城跡。およそ3km、30分ほどで着く上に、バスの本数も少ないので歩きます。『今帰仁城跡への旧道を行く』という看板がありました。
観光アイデアノート

ワーケーションで地域活性化!観光地や地方が受け入れ体制を作るのがおすすめな理由 ~観光アイデア教科書 vol.2~

今回はワーケーションを、観光地や地方からの視点で解説したいと思います。結論からいうと、旅行者を呼びたい観光地や地方はワーケションの受け入れ体制を作ることをおすすめします。
利島・伊豆大島旅行記

ヤブツバキの島 利島最高峰「宮塚山」山頂からの絶景を目指して歩く|2018年 利島旅行記その2

利島の中央にそびえる、標高507mの宮塚山山頂を目指します。 島の8割がヤブツバキに覆われており、その本数は20万本にもなるそうです。30分ほどで山頂に到着しました、が、景色は何も見えません(笑)すぐそばに木組みの展望台があるので、そちらに移動します。運がいいと、青海原を飛ぶイルカの姿を見ることが出来るかもしれません。
南国日記~沖縄移住の記録~

古宇利オーシャンタワーを見物 絶景!展望台からの古宇利大橋|2020 沖縄旅行記その2

次に向かうのは古宇利島です。古宇利大橋を渡る手前に駐車場があったので、そこに車を停め、まずは歩いて橋から見える海の景色を楽しみます。通行料無料の橋としては宮古島・伊良部大橋に次ぐ、沖縄県内で2番目に長い橋です。やってきたのは島のシンボル「古宇利オーシャンタワー」です。
南国日記~沖縄移住の記録~

名護から今帰仁村の絶景・赤墓ビーチへ 沖縄らしい景色を楽しむ|沖縄路線バスの旅 旅行記その2

那覇を出発から、2時間以上かけて、名護バスターミナルに到着しました。今帰仁村にある穴場ビーチへ行くため、9時15分発【66】今帰仁線に乗車。「諸志」というバス停で降りました。ここから歩いて「赤墓ビーチ」へと向かいます。「赤墓入口」という看板を見つけました。矢印の方へ歩いていくと、向こう側に美しい海が見えてきました。
利島・伊豆大島旅行記

夏の東海汽船さるびあ丸乗船!大混雑で席なし?甲板で寝る|2018年 利島旅行記その1

竹芝桟橋は見たこともないほどの大混雑。船の様子を一言で表すのであれば「chaos」。治安や風紀が悪いというわけではなく、そこら中に人、人、人。写真を撮ることが出来る状況ではありませんでした。なぜか乗船券と一緒にレジャーシートを渡されました。乗船券には「2等フリー乗船券」と書かれています。フリーとはどういう意味でしょう…
南国日記~沖縄移住の記録~

絶景巡り 嵐山展望台から古宇利島へ 古宇利大橋を歩くのがおすすめ|2020 沖縄旅行記その1

羽地内海の絶景が広がる嵐山展望台。そこからは、パイナップル畑を見ながら車を走らせ、古宇利島を目指します。全長2kmにもなる古宇利大橋の上からは、美しい沖縄の海の景色が広がるので、橋の手前に車を止めて、ゆっくり歩いてみるのがおすすめです。橋を渡ったら古宇利オーシャンタワーの展望台へ。
南国日記~沖縄移住の記録~

那覇発名護行き 沖縄の長距離路線バスに乗車 土日祝フリー乗車券利用|2020年 旅行記その1

「土日祝1日限定 フリー乗車券」を利用すると、特定の1日に限り、那覇バスと琉球バスが2000円で乗り放題になります。バス車内での販売はなく、県内数カ所にある窓口で購入する必要があります。5時45分発の名護西線に乗車し名護バスターミナルへ向かいます。那覇から名護までの距離は70km。所要時間約2時間という長距離路線です。
奥尻島旅行記

さらば奥尻島。揺れるカランセ奥尻に乗船。函館から青森から東京へ|2018年 奥尻島旅行記その4

奥尻島を1周しました。港のそばには、奥尻島のカントリーサインがありました。標識には島の4つの名所が吹き出しで書かれていますが、このうちのひとつ「北追岬公園(左下)」以外は全て巡ることが出来ました。まずはカランセ奥尻に乗船し江差港へ。船の時刻が繰り上げられたため、日帰りで奥尻島を1周することは難しくなっています。
沖縄コーヒー

沖縄でも芋煮会!イノシシの肉も焼いて誕生日パーティー|沖縄コーヒー農園 2020年7月旅行記番外編

今回は鍋で「芋煮」を作ります!また、このレシピを紹介されている @たびとほん さんが #関西でも芋煮会 ということで発信をされていたので、#沖縄でも芋煮会と、勝手に便乗させていただいたのでした。実はこの日、安里おじぃの誕生日でした(7月上旬)。確かに74歳になられたはず… これからも安里コーヒーの挑戦は続きます。
タイトルとURLをコピーしました