2020-09

南国日記~沖縄移住の記録~

伊計島に広がる葉タバコ畑!農耕車が走る島|2020年 与勝諸島旅行記 その3

ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は「与勝諸島を巡る旅」旅行記その3をお届けします。 ★前回の記事★ 一面に広がる葉タバコ 沖縄本島から海中道路を渡り、平安座島・宮城島を経て、伊計島に上陸しました。 さっそく「大泊ビーチ」という、昭和...
飛島・粟島旅行記

【飛島・粟島の旅】夜行バスでさかた海鮮市場へ!飛島を無料のレンタサイクルで周る|2018年 旅行記 その1

ブログをご覧いただきありがとうございます。 本日は2018年の「飛島・粟島旅行記」その1をお届けします。 これまでの旅の思い出を振り返るシリーズです。 夜行バス「夕陽号」でさかた海鮮市場へ 2018年9月中旬。 当時、社会人1年目の私は「月に1度は離島に行く」というこ...
島活in与論島

【豊見城市豊崎】全国の都市がとなり町のリゾート暮らし。沖縄の工場・物流・バスの拠点 ~2020年旅行記その3

ブログをご覧いただきありがとうございます。 本日は「豊見城市・豊崎巡る旅 旅行記」その3をお届けします。 ★前回の記事★ リゾートの暮らし 私は日本各地を旅してきましたが、豊崎は「日本一」住みやすそうな街のように思えます。 マンションが林立していま...
観光アイデアノート

日本版アドベンチャーツーリズムの事例 テーマ旅・屋久島・小笠原|観光アイデア教科書 Vol.6

最近、日本の旅行業界で聞かれるようになったアドベンチャーツーリズム。北米・欧州・南米といった主要地域では、AT市場の成長率が高く見込まれています。海外基準のATと日本各地で行われているATは内容が異なります。旅行会社のテーマ旅行、屋久島と小笠原諸島での事例から、日本版アドベンチャーツーリズムの可能性を考えます。
南国日記~沖縄移住の記録~

海中道路経由 石油タンクが並ぶ平安座島へ 伊計島を目指す|2020年 与勝諸島旅行記 その2

沖縄本島から海中道路を渡り、与勝諸島の島々を巡ります。全長約5kmの海中道路は、その名の通り、海に埋め立てられた道路と橋で構成されており、まずは平安座島に渡ります。平安座島は埋め立てによって拡張された島で、埋立部には45基のタンクが置かれています。平安座島と宮城島をつなぐ橋の全長は約17m。宮城島から伊計島に渡ります。
神津島旅行記

多幸湾から見る天上山!神々が会議をしていた山頂を目指す|2018年 神津島旅行記 後編

神津島の最高峰・天上山(標高572m)に登ります。雨季になると、山頂周辺の窪地に池が出来るそうです。 そして、天上山の山頂に伊豆の神々が集まり、その水を配分する会議が行われたという神話が残されています。故に「神集めの島」と言われ、これが神津島という島の名前の由来となっています。
島活in与論島

【豊見城市豊崎】理想の暮らしがここにあります。豊崎のマングローブと大和ハウスマンション~2020年旅行記その2

ブログをご覧いただきありがとうございます。 本日は「豊見城市・豊崎巡る旅 旅行記」その2をお届けします。 ★前回の記事★ マングローブ林も育つ 企業の進出や人口増加により成長著しい豊見城市の豊崎エリア。 埋め立て地ということで沖縄本島と陸続きにはなっておら...
南国日記~沖縄移住の記録~

無人島・敷地島上陸!屋慶名海峡展望台もおすすめ|2020年 与勝諸島旅行記 その1

本島と藪地島は藪地大橋で繋がっています。1985年に開通した藪地大橋ですが、島に人が住んでいたのは300年ほど前。なぜ無人島に橋が架けられたのでしょうか。歩いた先にあったのはジャネーガマ。先祖発祥の地として、周辺住民から信仰を集めている場所です。敷地島の次にやってきたのは屋慶名海峡展望台。ここからの景色も美しいです。
南国日記~沖縄移住の記録~

【豊見城市豊崎】沖縄本島と6つ橋で繋がれた島?住みよさ・成長率も高い注目の地を巡る旅 ~2020年旅行記その1

ブログをご覧いただきありがとうございます。 本日は「豊見城市・豊崎巡る旅 旅行記」その1をお届けします。 成長率全国1位・豊見城市豊崎 「島旅に行けていないなあ」と思っていた、2020年8月のある日。 何となくグーグルマップを眺めていたとき近くに島があることに気付きました。...
神津島旅行記

活火山の島に上陸!歩いて見つけた海沿いの廃線跡|2018年 神津島旅行記 前編

さるびあ丸の最終寄港地・神津島が見えてきました。多数の火砕丘と溶岩円頂丘から構成された活火山の島で、ひょうたん型をしています。神津島の周囲は約22km。島を1周するような道路はないので、島の北部にある「赤崎遊歩道」を目指して歩きます。道沿いからは溶岩の面影や、かつて島内を走っていたトロッコの廃線跡も見られます。
南国日記~沖縄移住の記録~

日本一!道の駅許田をレポ 沖縄らしいグルメと特産品が揃う 北部観光のついでにおすすめ

2020年7月、トリップアドバイザーから「旅好きが選ぶ!日本人に人気の道の駅ランキング 2020」というランキングが発表されました。その1位に選ばれていたのが名護市にある「道の駅許田」。車で高速を使っても、那覇市内から道の駅許田までは1時間以上はかかります。それでもこの道の駅が人気の理由とは…
南国日記~沖縄移住の記録~

辺戸岬から4時間半かけて那覇へ!フリー乗車券がお得だった|沖縄路線バスの旅 旅行記最終回

辺戸岬から沖縄本島を一気に南下します。まずは、国頭村営バスで辺士名バスターミナルヘ。辺士名からは『土日祝限定1日限定フリー乗車券』を利用し、路線バスを乗り継いでいきます。辺戸岬を出発したのが16時半、那覇バスターミナルに到着するのは21時前の予定です。運賃を計算すると、5000円もお得な旅をすることが出来ました。
観光アイデアノート

田舎チャレンジャーラボによる関係人口作りと地方創生の取り組み|観光アイデア教科書 Vol.5

田舎チャレンジャーラボでは、オンライン上での交流や仕事を通じて、地方に関心がある人々の繋がりが育まれ、関係人口が生み出されています。地域のファンクラブなどもありますが、これからはファン同士の横のつながりを強くするような運営やプログラムが出来ると、より強い地域の関係人口を作ることが出来るはずです。
宮古島旅行記

日本一綺麗な海がここに!池間大橋から与那覇前浜ビーチ・来間島へ|2018年 宮古島旅行記その3

沖縄には「海に架かる橋」がいくつかあり、宮古島の伊良部大橋と、沖縄本島の古宇利大橋は有名です。宮古島へ行くまで、池間大橋のことは知りませんでした。個人的には、沖縄の海に架かる橋の中で、池間大橋からの景色が一番です。いつまでもこの絶景を眺めていたいところですが、せっかく原付も借りているので、他の橋にも行ってみることに。
観光アイデアノート

旅行者に選ばれる地域づくり マスからニューツーリズムへ|観光アイデア教科書 Vol.4

そもそも、旅行を楽しみにしている人々は、「マスツーリズム」「ニューツーリズム」など、これっぽっちも意識していないことを忘れてはいけません。マスツーリズムという旅行形態に大きな変化をもたらしたのは、旅行者の嗜好ではなく、「インターネットの出現」なのです。インターネットによって「情報」という、旅行者の課題が解決されました。
タイトルとURLをコピーしました