沖縄から与論島に上陸!コロナ禍の島旅 歩いて島を散策する|2020年9月旅行記 前編

島活in与論島

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2020年9月「与論島旅行記」前編をお届けします。

★前回の記事はこちら★

コロナ禍の与論島へ

2020年9月26日、半年ぶりに与論島へ向かいます。

朝5時20分、例によって、原付で3時間以上走り、本部港から船に乗ります。

★参考:本部港から船に乗る理由(安いから)★

2020年8月、せっかくの夏ですが、コロナの影響でどこにも行くことが出来ませんでした。

原付で長時間走るのも、7月にコーヒー農園へ行った以来2カ月以上ぶりです。

夜が明けてきました。

与論島へ行くときはいつも天気が悪いですが、今回はどうでしょうか。

名護市までやってきました。

いつの間にか、空は一面の雲で覆われています。

今回も天気は悪そうです。

本部港の手前、名護湾には、辺野古の米軍基地に土砂を運ぶための船が多く停泊していました。

コロナ禍ですが、抗議活動も行われています。

本部港に到着しましたが、コロナ警戒の看板が立ち並び、物々しい雰囲気です。

ここからは、奄美群島の島々と、伊江島に行くことが出来ることに加えて、米軍関係者の出入りもあるので、警戒が強められていると考えられます。

検温と消毒を済ませてチケット売り場へ。

事前にネットで予約をしていたので、本部⇔与論の船代は往復3000円程度。

チケット売り場では、これから船に乗る人に向けたアンケート調査も行われていました。

今回は知り合いの家に泊まるということもあり、来島目的は「旅行」ではなく、「友人・知人に会う」にしました。

もちろん、「旅行」に丸を付けても、乗船を拒否されるというようなことはありません。

本部港には、与論島内で使える「地域商品券」も置かれていたので、島としては、観光客も歓迎している様子が伺えます。

ちなみに、こちらを与論島観光協会へ持っていくと、島内のほとんどの施設で利用出来る、2000円分の商品券が頂けます。

与論島は2020年7月から8月にかけて、コロナのクラスター感染が発生し、全国的に大きなニュースとなりました。

ただし、その後は収束し、9月のシルバーウィークには観光客が戻ってきたということで、私も久しぶりに足を運ぶことにしました。

念のため、役場のホームページも確認しましたが、コロナについての情報は、あまり出ていませんでした。

■与論町役場HP

与論町ホームページ
与論町ホームページへようこそ!

観光協会のホームページには、「順次受け入れを再開」と出ており、コロナ禍における島旅のしおりなども掲載されていました。

■ヨロン島観光協会

ヨロン島へのご旅行に関するお知らせ | ヨロン島観光ガイド
これまでヨロン島への来島自粛にご理解、ご協力を頂きありがとうございました。ご来島予定だった皆様には多大なるご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。また期間中には沢山のご支援や応援のメッセージを頂き、大変励みになりました。本当に...

コロナ禍で離島へ行く際は、事前にこうした情報を調べ、徹底的に対策をする必要があります。

そして今でも、観光客の来島自粛を呼びかけている島もあるので、十分配慮する必要があります。

■離島経済新聞社より 島のコロナ情報

新型コロナの拡大防止に関する「島々からのお願い」まとめ(随時更新|2021年3月5日更新) - 離島経済新聞
新型コロナウイルス感染症を防ぐため、有人離島を有する市町村や公共団体から来島者、帰省者、住民に向けて発信されているメッセージをまとめました。感染拡大を防ぐため、お住まいの島や渡島予定のある島の情報を、ご一読ください。 な…

フェリー波之上の船内の様子

【船旅】フェリー波之上~沖縄北部・本部港出港~

マルエーフェリー・波之上は、定刻通り本部港を出港しました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 000011-1024x768.jpg です

本部港から与論島までは、約2時間半の船旅です。

こちらは、出港してすぐに見えてくる水納島

天気は曇っていますが、海を見ながらのんびり時間を過ごすのは、やっぱりいいものです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 000006-1024x768.jpg です

海は、陸からは見ることが出来ない、濃紺な色をしています。

船内の雰囲気は、皆さんマスクをしているという点以外、コロナ前と特に変わりません。

スタッフの方もマスクを着用しているという張り紙がありました。

従業員の顔が見えず不快に感じられる」とありますが、きっと文句を言う人もいるのでしょう。

二等和室は、1つ席を空けての利用になっていたので、定員は通常よりも少なくなっていると思われます。

また、食堂のテーブルには仕切りが置かれていました。

一方で、シャワーやドライヤーは、通常通り使うことが出来ました。

普段は本部港を出港すると、船内売店を利用することが出来ますが、この日は与論島到着まで、営業がありませんでした

お腹が空いた、でも売店が開いていない…

そんな時でも、船内にはHOT MENUがあります。

長距離航路ではよく置かれていますが、船に乗っていると、なぜか美味しそうに見えてくるのです。

半年ぶりに与論島上陸

マルエーフェリーはWi-Fiが繋がるので、与論島に着くまでは、パソコン作業をしながら過ごしていました。

【船旅】フェリー波之上~与論島入港~

海は穏やかな感じがしましたが、定刻よりも若干遅れて、与論島に入港・接岸!

港では、2020年2月に与論島へ移住した、中田さんが待ってくれていました。

★参考:中田さんの与論島生活Vlogルーティン★

朝日を眺める!与論島で過ごすモーニングルーティーンVlog

振り返ると沖縄本島も見えています。

沖縄本島と与論島の距離は20km程度しか離れていませんが、コロナの影響で遠くなっていました。

★参考:辺戸岬からみる与論島★

ということで、半年ぶり6度目の与論島上陸です。

1泊2日、約26時間滞在するのがお決まりですが、いつも天気が悪いです。

この日は珍しく、青空が見えていました。

写真は牧草ロールが並ぶ景色

与論島は畜産が盛んです。

2018年の時点では、5200人ほどの人口よりも、牛の数の方が多くなっています

与論島で育てられた牛は肉用牛となり、島外へ出荷されます。

まずは『青い珊瑚礁』で、与論島名物・もずくそばを食べながら近況報告。

7月には、あの「」もMVの撮影で訪れるなど、すでに島外の方が多く訪れており、観光も再開されている印象を受けました。

■与論島で撮影された嵐のMVは こちら

歩いて島を散策する

昼食の後は、車に乗せてもらい、中田さんの小屋へ。

中田さんの車には、日本最大のクモ「オオジョロウグモ」が巣を張っていました。

恐らく走っているときもずっと付いていたのでしょう。

オオジョロウグモの糸はとても丈夫なので、コウモリなどが引っかかることもあります。

途中で海に寄り道。

周囲をサンゴ礁の壁(リーフ)に囲まれていますが、潮が高い時間だからか、波がリーフを超え、少し荒れているようにも見えます。

沖縄とは海の色が違います。

これを「ヨロンブルー」というのでしょうか。

中田さんの家に荷物を置き、今度は歩いて、スーパーなどがある茶花地区を目指すことにしました。

それほど大きな島ではないので、島の中央を横断しても、4kmほどしかありません

機関車トーマスのバスがありました。

ナンバーは「15(いい子)」となっています。

トートゥガナシ」とは与論島の方言で「ありがとう」。

漢字で書くと「尊尊我無」。

他にも、与論島には様々な方言(ユンヌフトゥバ)があります。

翌日に運動会があるというで、土曜日でしたが準備が行われていました。

そこで聞こえてきたのはエイサー太鼓の音。

エイサーといえば、沖縄で行われる伝統芸能ですが、与論島でも行われているようです。

そしてこちらはちょっと気になった1枚。

「拓魂」と書かれた石碑の前に『心をこめて一礼』という看板が置かれています。

今の時代、公立の学校でこれは…

与論島にはサッカーコートもあります。

ここでは、与論高校のサッカー部が、週に2回、島の社会人チームと練習試合を行っているそうです。

★参考★

離島で改革、与論高サッカー部に見る環境格差との戦い(平野貴也) - 個人 - Yahoo!ニュース
高校サッカー界は、2011年に通年リーグを導入したが、離島勢は恩恵を受けられない。少子化と過疎化によって仲間も相手も減る環境にどう向き合っているのか。鹿児島県最南端の与論高校サッカー部を取材した。

バナナの木々とトラクター。

異国を思わせる景色です。

中心にある紫色の部分を「苞(ほう)」といい、苞が1枚ずつ外側にめくれると、小さなバナナの実と、その先端の白い花が顔を出します。

ちなみに、島バナナの旬は9月から10月と言われていますが、沖縄や与論島の台風の時期と重なるため、なかなか市場に流通しない、貴重な産品となっています。

冬瓜とへちまがポツンと置かれています。

沖縄ではどちらもよく食べられている野菜で、冬瓜はシブイ、へちまはナーベラーと呼ばれています。

与論島でも同じように呼ばれているのでしょうか。

冬瓜には直接、「100円」のシールが貼られていました(笑)

この時期は、沖縄でも、冬瓜が大量に積み上げられて販売されており、それはなかなか迫力ある光景です。

パパイヤもたわわに実っています。

実が緑色の状態で収穫されたパパイヤは野菜として、熟して黄色っぽくなったら果物として食されます。

生育が早く、年中栽培が可能なため、沖縄でも野生化したパパイヤをよく道端見かけます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 000073-1024x768.jpg です

小さなゴーヤを発見しました。

熟しすぎてオレンジ色になっています。

沖縄に近く、似ている景色も多いですが、久しぶりに島をゆっくり歩くと、色々な発見を楽しむことが出来ました

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました