2021-02

新島・式根島旅行記

モヤイ像と美しい海 原付でコーガ石の島を旅する|2018年冬 新島旅行記 その2

原付で新島を巡ります。道端の至る所でモアイ像が置かれ、いや、「モアイ像」ではなく、新島では「モヤイ像」と呼ばれます。「コーガ石」を使って作られています。コーガ石の影響で、砂浜も白く、新島では沖縄のような海の色を見ることが出来ます。有名な羽伏浦海岸には、世界中からサーファーが訪れるそうです。
南国日記~沖縄移住の記録~

中乃湯に行ってきた!日本最南端 本土復帰前からある沖縄で一番古い銭湯|2021年 沖縄旅行記

中乃湯があるのはコザ十字路の近く。沖縄の本土復帰前から、この場所で営業しているそうです。また、現在沖縄で唯一の銭湯ということは、「日本最南端・最西端の銭湯」ということにもなります。中乃湯は「アルカリ鉱泉」を使った銭湯。匂いやヌメヌメ感はそれほどなく、温度は恐らく40度前後。しっかり疲れを癒すことが出来た気がします。
2020年→2021年 年末年始の旅

廃止間近の宗谷本線 旭川から稚内 開業からの歴史|2020年→2021年 年末年始旅行記7

早朝の旭川から向かうのは、日本最北端のまち「稚内」です。旭川から稚内までは約260km。朝一の列車でありながら、終点の稚内まで直通する1日1本の普通列車ということで、席はそこそこ埋まっています。2021年春のダイヤ改正で、宗谷本線12駅の廃止が決まりました。窓に氷の結晶が張り付いていました。
2020年→2021年 年末年始の旅

JR北海道 赤字理由は歴史にあり!貴重になる汽車の旅|2020年→2021年 年末年始旅行記6

汽車の車窓に広がる銀世界を眺めながら、冬の北海道を巡る旅が出来るのも今のうちです。北海道の鉄道史を辿ると、そもそも北海道の鉄道は旅客の輸送が目的ではなく、石炭の輸送や国防のために建設されたことが分かります。鉱山が閉鎖され、戦争もしていない現代において、JR北海道の利用者数が少ないことは当然のことなのです。
新島・式根島旅行記

さるびあ丸で新島上陸!石山展望台でコーガ石の景観を見る|2018年冬 新島旅行記 その1

東京・竹芝桟橋から、22時発のさるびあ丸に乗船し「新島」に向かいます。原付を借りることが出来たので、まずは石山展望台へ。道路沿いに白っぽい岩がゴロゴロと転がり、ワイルドな景観になりました。この白っぽい岩が、世界でイタリアのリーパリ島と新島にしかないといわれている「コーガ石」です。
2018年小笠原

冬の小笠原でイルカと泳ぐ!クジラにも出会える?1日ツアーに参加|2018年旅行記 最終話

この日は朝から、小笠原観光さんが行う海のツアーに参加。丸1日、船の上で過ごすこととなります。まずは天然記念物の島「南島」へ。しかし、波の影響で上陸することが出来ず。ここからは、イルカやクジラを探します。イルカを見ること、そして泳ぐことも出来ましたが、クジラを見ることは出来ず。父島滞在最終日も、半日ツアーに参加しました。
観光アイデアノート

勉強の意味あるの?学生時代に学ぶ地方創生と地域活性化を考える|観光アイデア教科書 vol.9

2016年頃から、全国の大学で「地方創生」や「地域活性化」を学ぶ学部が開設されるようになりました。そこで今回は【学生時代に学ぶ「地方創生」「地域活性化」】について考えてみます。そらく「地域活性化」や「地方創生」ほど、勉強すべき分野の幅が広いことは他にないのではないでしょうか。
2020年→2021年 年末年始の旅

フェリーで北海道・苫小牧港到着!歩いて苫小牧駅へ|2020年→2021年 年末年始旅行記5

名古屋を出港してから約40時間。北海道の街並みが見えてきました。工場の煙突も見えています。苫小牧は釧路・室蘭と並ぶ、北海道の三大工業都市のひとつです。フェリーターミナルからは、苫小牧駅まで歩きます。距離は約4km。港から歩くこと約1時間。苫小牧駅に到着しました。
2018年小笠原

小笠原諸島でグリーンフラッシュを見る 穴場スポット・コペペ砲台へ|2018年旅行記 その5

夕焼けを見るためにやってきたのは「コペペ砲台」。GoogleMapで調べても出てこなければ、看板も無いので、知る人ぞ知る穴場スポットです。この日は天気がよかったので、私は「グリーンフラッシュ」を期待していました。空気が澄んでいることなど、観測には様々な条件があり、ハワイでは「見た人に幸せが訪れる」と言われています。
2020年→2021年 年末年始の旅

太平洋フェリー 仙台一時下船 イオンへで夕食ゲット|2020年→2021年 年末年始旅行記4

名古屋と北海道・苫小牧を結ぶ太平洋フェリーは、途中仙台に寄港し、乗客の途中下船が認められています。停泊時間は3時間。バスで仙台駅などへ行くことも出来ますが、今回私が向かったのは、港から歩いて約20分の場所にあるイオン。そこでおつとめ品をゲットし、船内へと戻りました。
2018年小笠原

父島1日観光!釣浜・製氷海岸でシュノーケル 午後は原付で展望台巡り|2018年旅行記 その4

丸1日を島で過ごせる時間は2日間しかありません。父島滞在2日目は、小笠原観光さんで、原付・シュノーケルセット・ウェットスーツを借りて、12月の海へ入ることにしました。釣浜と製氷海岸でシュノーケル。美しい海の景色を満喫し、午後は原付で展望台巡り。陸の絶景を探しに行きます。
2020年→2021年 年末年始の旅

フェリーいしかり 40時間の船旅 過ごし方をご紹介|2020年→2021年 年末年始旅行記3

時刻はすでに7時前。どうやら九十九里の沖合を航行しているようです。船内は静かで、揺れもなく、最高に穏やかな環境。昼食バイキングは1,100円で、時間制限がないので、のんびりと楽しむことが出来て、昼食の後はお風呂に入るという、贅沢すぎる時間を過ごしました。午後は、船から見える景色で、見逃せないポイントがありました。
南国日記~沖縄移住の記録~

絶景スポット?万座毛に行ってきた 万座毛周辺活性化施設が綺麗|2021年 沖縄旅行記

那覇から原付で1時間半かけて、沖縄旅行での定番スポット「万座毛」に到着しました。観覧には100円かかるということで、少しためらいましたが、ここまで来たら行くしかありません。万座毛の滞在時間は10分くらい。景色はいまいちでしたが、併設されている施設はとても綺麗でした。今回、万座毛周辺で、私が一番綺麗だと思ったのがトイレ。
南国日記~沖縄移住の記録~

レンタルバイクで那覇から万座毛を目指す!原付の旅もおすすめです|2021年 沖縄旅行記

今回はレンタルバイクを利用してみることに。「沖縄 原付 レンタル」で、Yahoo検索をして、一番上に出てたきたのは「プレジャー沖縄」というお店。那覇空港から比較的近い場所で、原付を借りることが出来ます。原付は9日間借りました。料金は保険なしで9,830円。目指す先は、沖縄旅行で王道スポット「万座毛」です。
タイトルとURLをコピーしました