コーヒーの生産量を増やす、安定させるための試行錯誤をお手伝い|沖縄コーヒー 2021年1月編

沖縄コーヒー

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「沖縄コーヒー 2021年1月編」をお届けします。

★前回の記事★

あけましておめでとうの挨拶から

今回のスタートは朝5時!

まだ周囲が暗い中での出発です。

信号待ちでふと道端を見ると「那覇市↔鹿児島市 850km」という看板を見つけました。

どうやら昨年12月に設置されたようです。

沖縄本島を南北に縦断する国道58号線は、海上区間を入れると日本一の長さの国道であることは、あまり知られていません。

途中で休憩を挟みながら約4時間、やんばるの海沿いまでやってきました。

普段はあまり波が立っていない場所ですが、この日は風が強く、海も時化ていました。

コーヒー農園に到着。

この日はお昼を挟んで、お昼過ぎまでの作業です。

安里おじいとは「あけましておめでとう」の挨拶から。

そして、シークワーサーをいただきました (笑) 

よく見ると、地面にも多くのシークワーサーが落ちていることが分かります。

コーヒー農園の作業をお手伝い

さっそく作業に取り掛かります。

まずは、コーヒーの木の根元に撒く、肥料を耕す作業。

こちらは魚粉や麹などが入った、安里おじいお手製の肥料です。

写真だと分かりにくいですが、土から湯気が出ています。

土(微生物)から出る熱を逃がすため、ストックしてある肥料も、こうして定期的に耕しているそうです。

ちなみに湯気には、ツンと鼻を刺す、強烈な匂いがあります。

続いては、コーヒーの木々の周辺に落ちた、マツの枯れ葉を片付けます。

巨大なミミズが出てきました。

きっと土が豊かな証拠です。

前回も似たような作業をしたのですが、その時は翌日、首や足がパンパンに腫れてしまいました。

ただ、痛くもかゆくもない…

今回も顔以外地肌が見えないような服装で、注意して作業したのですが、やっぱり足が腫れてしまいました。

恐らく原因はブヨと思われます。

ボンカレーの昼食とコーヒーゆんたく

午前中の仕事を終え、こちらで昼食をいただきます。

コーヒーを味わうための場所】として整備を進めてきたこの場所(カフェ)も、これでほぼ完成のようです。

昼食はボンカレー

自然の中で食べるカレーは、特別美味しく思えます。

ちなみに、沖縄では、このレトロなパッケージのボンカレーが、現在も普通に販売されています

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_6359-1024x768.jpg です

昼食後はコーヒーゆんたく

このコーヒーは、安里おじいが前の年に収穫したものです。

このコーヒーは昨年採れたものになります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_6356-1024x768.jpg です

コーヒー栽培のピークは通常12月ですが、今年は雨と寒さの影響で、収穫が遅れているそうです。

実際、木々にはまだ、多くのコーヒーの実が付いたままでした。

コーヒーの生産量を増やす、安定させる

安里おじいとのトーク。

いつも「より多くの人に沖縄コーヒーを味わってもらいたい」というお話をなさっています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_6360-1024x768.jpg です

しかし、安里おじいのコーヒーは出荷されておらず、基本的には農園を訪れた人しか、その味を知ることは出来ません。

農園へのアクセスは決していいわけではないので、「幻のコーヒー」とも言えるでしょう。

★参考:農園見学の問い合わせはこちら★

より多くの人にコーヒーを飲んでもらうには、生産量を増やす、かつ安定させる必要があります。

こちらは試験中のコーヒーの苗

一般にコーヒーの木は果実が付くまでに4年~5年かかるといわれていますが、条件を変えるなどして、生育を早める方法を研究しているそうです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_6357-1024x768.jpg です

ただ、こちらの写真のように、コーヒー豆の色づき加減は、同じ木の枝でもバラバラなので、収穫は完全な手作業です。

毎日ひとつひとつ枝をチェックする必要があります。

この辺の課題についても、安里おじいは試行錯誤しています。

さらに、コーヒーの木を植える土地を開拓するため、【ユンボ】をゲットしていました!

これを使って、今後さらにコーヒー栽培を拡大させていくそうです。

私もお手伝いでユンボに乗ることがあるかもしれません(笑)

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました