コーヒー農園で野宿!木の植樹とカッピングを体験|沖縄コーヒー 2021年2月編

沖縄コーヒー

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「沖縄コーヒー 2021年2月編」をお届けします。

★前回の記事★

コーヒー農園で野宿

今回のコーヒー農園お手伝いは、いつもと少し違います。

荷物はこんな感じ。

背中に背負うリュックにはブランケット、お尻の下には枕と寝袋を入れ、原付の横にテントとカッパをひっかけて行きます。

ちなみに、普段乗っている赤い原付は故障・修理中で、このバイクはその代車です。

今回はコーヒー農園で野宿をします(笑)

しかし、やんばるの山には雲がかかっており、天気はあまり良くなさそうです。

海は茶色く染まっていました。

これがいわゆる「赤土の流出」というものです。

大雨の後で山の土が海に流れ、それが海底に積もることで、サンゴの生育をはじめ、様々な影響があるとされています。

到着しました。

天気は悪いですが、コーヒー農園には屋根があるので、雨が降っていても大丈夫です。

また、自然の中ですが、コンセントもお手洗いも使うことが出来ます

安里おじいと乾杯

コーヒー農園へ通うようになってから1年半が経ちましたが、私は普段原付なので、安里おじいと一緒にお酒を飲むのは初めてです。

天気も回復してきて、木々の向こうに太陽が沈み、きれいな夕焼けが見えています。

夕食はカップ麺とチンのご飯です。

そして泡盛。

夜は楽しみにしていた「満点の星空」も見ることが出来てよかったです。

6時45分、太陽が昇ってきて、空が明るくなってきました。

周囲は高い木々に囲まれているので、太陽は直接見えませんが、静かないい雰囲気です。

朝食は持参していた菓子パンで済ませました。

コーヒーの木を植樹する

8時半から作業開始です。

安里おじいはユンボに乗り、コーヒー農園沿いの雑草たちを、根こそぎ取り除いていきます。

私は道路に散らかった草たちを、手で除けていきます。

そして、そこからさらに入念に草刈り。

草を刈った土に穴を掘っていきます。

その深さは約1m。

地味に大変な作業です。

その穴に、安里さん自家製の肥料が混ざった土を入れます。

ここでコーヒーの苗の登場です。

この日の作業はコーヒーの木の植樹

一般にコーヒーの木は、果実(果実の中にある種がコーヒー豆となります)が付くまでに4年~5年かかるといわれていますが、最近、安里さんは新たな生育方法を発見したそうです。

植樹完了

今回植えた苗たちは、早めに果実が実るかもしれません。

「早め」といっても、苗がこの大きさになるまで2年ほどかかっているそうです。

種から苗になる段階の生育方法についても、より早く育つように、安里おじいは実験中です。

コーヒーの木と木の間には「アロエ」を植えました。

これは、コーヒー農園に遊びに来た人たちが、コーヒー以外にも楽しめるようにと植えました。

合計10本のコーヒーの木を植樹しました。

コーヒーもアロエも、今後の成長が楽しみです。

コーヒーのテイスティング「カッピング」を体験

作業に夢中になっていると、あっという間に午前中は終了。

昼食は白米と安里さんお手製の野菜スープ。

しょうがが効いていて、美味しかったです。

この日は私ともう1人、お手伝いで遊びに来ている方がいらっしゃいました。

なんとこの方は、もともと東京や湘南で、コーヒー専門のカフェを営んでいたというプロの方。

そして、その方のご指導で「カッピング」を体験させていただけることになりました。

カッピングとはコーヒーのテイスティング、いわば試飲のことです。

コーヒーは通常、海外で収穫されたものを商社が買い取り、それをロースター(焙煎士・焙煎業者)が仕入れ、ロースターが焙煎した豆が、カフェや飲食店などに流通するという仕組みになっています。

ロースターが焙煎した豆で淹れたコーヒーを、プロがカッピングし、「今年はこのコーヒーが美味しい」というような情報を流すそうです。

今回は中国のコーヒーと、安里おじいのコーヒーを飲み比べてみました。

淹れ方からこだわっているものなので、安里コーヒーも普段と味が全然違います。

改めてコーヒーの奥の深さと、こだわりを持った消費者が多いということを学びました。

今回はこれにて終了です。

写真は簡易ハンモックでくつろぐ安里おじい。

★コーヒー農園の見学はこちらから★

沖縄コーヒー体験
沖縄コーヒー体験の内容・お申込み ※再開に向け準備しておりましたが休園を延長させて頂きます。 ※5月末現在、沖縄では新型コロナウイルスの感染状況が高く全国ワーストです。 ※秋ごろに再開を予定しております。  沖縄産コーヒ ...

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

.

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました