伊是名島と玉陵・尚円王 琉球の基礎がここに!|2018年→2019年 年末年始 旅行記その2

伊是名島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「2018年 伊是名島旅行記」その2をお届けします。

★前回の記事★

伊是名城跡と伊是名玉御殿

宿の車を借りて、島を巡ります。

まずやって来たのは、標高約120mのチヂン岳

島で2番目に高い山ですが、頂上までは散策路が整備されており、手軽に昇ることが出来ます。

山頂には拝所も置かれています。

見えている三角の山は「伊是名城跡」。

島の南東に位置し、三方を海に囲まれていることから、「難攻不落の城」と言われています。

また、グスクの麓には、国の重要文化財にも指定された、伊是名玉御殿があります。

こちらは、第二尚氏王統の祖・金丸(尚円王)の、両親のお墓です…

と言っても、分かりにくいので、これらの価値を知るためにはまず、琉球王国の王統について知る必要があります。

琉球王国の基礎を知る

沖縄がかつて、「琉球王国」という、ひとつの王国だったことは広く知られています。

それよりも前の時代、沖縄本島には北山・中山・南山という、3つの勢力に分裂していました。

北山と南山を倒し、沖縄統一を果たし、琉球王国を成立させたのが、中山の王であり、琉球王国最初の国王となった尚巴志

そして、伊是名城跡は、尚巴志の祖父・佐銘川大主によって築かれたグスクなのです。

ただし、佐銘川大主は伊是名島のお隣、伊平屋島(写真、水平線の先に浮かぶ島)の出身

その子供である思紹から、名前の姓として「尚」が付けられるようになり、親から子へ、国王という立場とともに引き継がれていきました。

(尚)巴志・ 忠・思達・金福・泰久の順に世代が変わり、7代・尚徳王が、6代目の琉球国王となりましたが、29歳で急死。

そのタイミングで、伊是名島出身・金丸によるクーデターが起こり、琉球王国成立から約63年続いた、尚氏一族による王朝は滅亡しました。

その後金丸は、「尚」という姓を引き継ぎ、尚円王として国王に即位。

クーデターの前後で、王家の血筋が変わったことから、琉球王国成立から金丸のクーデターまでの王統を「第一尚氏」、クーデター以降の王統を「第二尚氏」として、時代が分けられています。

また、第一尚氏のルーツが伊平屋島、そこにクーデターを仕掛けた第二尚氏のルーツが、隣の伊是名島という展開には、何か因縁のようなものも感じられます

ネットには、今も両島は仲が悪いという書き込みが、ちらほらと見られます。

ただ、第一尚氏の時代が7代・63年間であったのに対して、第二尚氏の時代は、廃藩置県までの、19代・410年間続きました

金丸(尚円王)は、琉球王国の一時代を築いた人物なのです。

その両親のお墓は、伊是名城跡の麓にありますが、本人のお墓は首里城の近くにあり、「玉陵」という名で、世界文化遺産にも登録されています。

本当に沖縄が好きな人は行くべき島

ここからもう少し、伊是名島で沖縄の歴史に触れます。

こちらは1977年に、国指定重要文化財に指定された銘苅家住宅

銘苅家は尚円王の叔父(父の弟)にあたる家系で、琉球王朝時代には、代々島の地頭職を務めていたそうです。

★参考:銘苅家別邸に泊まる★

銘苅家別邸
The RYUKYU Kingdom Stay

こちらは伊是名島にある、沖縄戦の慰霊塔

伊平屋島には、1945年6月3日に米軍が上陸していますが、戦時中の伊是名島の様子については、情報がほとんどありません。

銘苅家が文化財に指定された背景には、沖縄戦の被害を免れて状態がよかったということもあり、伊是名島は戦争の被害を、それほど受けずに済んだようです。

西門中の…?「ありがとう」と書かれています。

西門中学校という学校の何かかと思いましたが、情報が出てこないので、恐らく【西さんの門中墓】であると思われます。

門中とは父方の血族で繋がる一族のこと。門中の方々は代々皆さん同じお墓に入るので、沖縄のお墓に入っている人の数は多く、その分サイズも大きくなります。

あまり知られていない伊是名島ですが、島のあちこちに、沖縄の歴史や文化を知ることが出来るスポットが点在しています。

本当に沖縄が好きな人は必ず行くべき島

私も訪れるまで詳しく知りませんでしたが、沖縄の歴史を辿る旅も、なかなか奥が深いものです。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました