伊是名島で初日の出 沖縄の元旦は曇りが多い?|2018年→2019年 年末年始 旅行記その3

伊是名島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「2018年 伊是名島旅行記」その3をお届けします。

★前回の記事★

伊是名島で年越し

大みそかの伊是名島を車で1周しています。

日没の時間、夕陽を見るため、高い場所へやってきましたが、空には一面雲が広がっています。

夕陽はもちろん、これでは初日の出も難しい状況。

さらには寒い。ダウンを着ています。海に入るのはもってのほかです。

宿へ戻る途中、半野生化した子ブタに出会いました。

これまで旅先で様々な野生動物に出会いましたが、ブタは初めてです。

【島旅】伊是名島の道端でかわいいミニブタと遭遇

こちらを警戒する様子は全くありません。

なかなか可愛らしい光景です。

そして、こちらはビーチで迎えた年越しの瞬間

夕方に宿へ戻り、目覚ましをかけず仮眠。目が覚めたらすでに紅白の中盤でした。年越しそばはおろか、夕食も、買うタイミングを逃したので食べることが出来ず。

そんな2019年の幕開けとなりました。

2019年の初日の出

2019年1月1日。

テレビを付けると、日本全国の初日の出が中継で映されていましたが、沖縄はまだ大丈夫。

太陽が見えそうな場所へやって来ました。空には雲が点在していますが、青空も見えています。

この日の沖縄(那覇)の日の出は7時17分

果たして初日の出を見ることは出来るでしょうか。

水平線の向こうに見えている島影は沖縄本島

その向こうから太陽は昇ってくるはずですが、時刻はもう7時半

まだ新年最初の太陽は顔を出してくれません。

じわじわと空が明るくなってきましたが、結局、綺麗な太陽の姿を見ることは出来ませんでした。

どうやら年末年始の沖縄はいつも雲が多いらしく、初日の出を見ることは難しいようです。

★参考:初日の出を徹底解説★

さらば伊是名島 最後に晴れてきた

伊是名島を9時に出港する船に乗るため、急いで宿へ戻り、港までは宿の方に送っていただきました。

港にあった日めくりカレンダーは、ちゃんと1月1日になっていました。

そして「明けましておめでとうございます」の挨拶と鏡餅。

沖縄には、お正月が2回あると言われています。

ひとつが1月1日の元旦ですが、もう1つは「旧正月」という、旧暦に基づいた日付での元旦。現代でも、旧正月の方が盛大に行われる家庭や地域もあります。

港の売店は、元旦でもオープンしていました。

伊是名島の特産品がほぼ揃っているようで、お土産を手に入れるにはここが間違いないでしょう。

元旦の朝ということで、船に乗っている人はまばら。

島にいる間はずっと曇っていましたが、ここにきて青空が見えてきました。

1泊2日、滞在時間は24時間もありませんでしたが、ぐるっと島を回ることが出来てよかったです。

島に行くときはやや揺れましたが、帰りは比較的穏やかな海でした。

こちらは瀬底島

鮮やかな植物の緑と海の青は、元旦であることを忘れさせる一方で、南の島にいることを思い出させてくれます。

運天港に到着しました。

ここからはまた、やんばる急行バスで那覇へと戻りました。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★こちらもおすすめ★

コメント

タイトルとURLをコピーしました